仮想通貨の投資信託はあるのか

仮想通貨も投資信託も両方やっているモノとして気になるのは、両者を合体させたものがあるかということ。結論から言うと現状存在しないが、もうすぐ始まるだろうという観測。以下そんな将来に向けて、現状の仮想通貨投資信託について調べた結果。 続きを読む 仮想通貨の投資信託はあるのか

仮想通貨タダ酒会を開催したい

昨日、JKの姪っ子にビットコインを知ってるかとたずねたら「知らなーい」と回答された。金がからむことだから、未成年には興味持たれないんだな。一方、JDでもうすぐハタチになるほうの姪っ子は、ビットコインは聞いたことあるってことだった。その親(つまりおいらの兄)は知っているとのことだったが、あやしいものだという認識で凝り固まっていた。 続きを読む 仮想通貨タダ酒会を開催したい

仮想通貨取引2017の決算

仮想通貨取引に税金がかかるってのは当たり前のことなわけで、仮想通貨元年と呼ばれた去年2017年でどれだけの税金がかかることになるのかはずっと気になっていた。仮想通貨を買うだけでは税金がかからない。買った仮想通貨を円に戻したり、モノを買ったり、別の仮想通貨を買った場合の利益に対して税金がかかる。 続きを読む 仮想通貨取引2017の決算

仮想通貨売買による利益にかかる税金について勉強

「丸の内OL玲奈の仮想通貨投資日記」で仮想通貨の税金について勉強をしてみた。仮想通貨の税金は?国税庁がタックスアンサーを公開!
以下、おいらが知りたかったこと。
・利益が20万円を超えたら確定申告して税金を払わなければならない 続きを読む 仮想通貨売買による利益にかかる税金について勉強

三大仮想通貨取引所ごとのアフィリエイト報酬

知人が仮想通貨を始めたいっていうから、日本で最も有名な3つの取引所を紹介しつつ、紹介したおいらが得られるアフィリエイト報酬がいくらになるかを試算してみよう。 続きを読む 三大仮想通貨取引所ごとのアフィリエイト報酬

ZaifトークンばらまいてTwitterフォロワーを増やしてみよう

Zaifトークンばらまき企画を始めてみた。Zaifアカウントを持っていて、Twitterで@caddiaryをフォローしていたならば、先着50人の人にZaifトークン20枚をあげちゃおうという企画。 続きを読む ZaifトークンばらまいてTwitterフォロワーを増やしてみよう

NEM一時高騰もすぐ下がり、でも右肩上がりなのは間違いない

イケハヤ氏も書いている通り、今日はNEMが高騰してすぐ下がっている。一時29円まで上がったなんてスゴイ 続きを読む NEM一時高騰もすぐ下がり、でも右肩上がりなのは間違いない

NEM暴落中だからこそ買い増しましょう

一番最初にNEMを買ったのは今年の7月中旬で、11.2円/XEMで1938XEMだった。その後わずか1か月で30円付近まで上げていて、まだまだ上がるんだろうと何度かに分けてガッツリと買ってみた結果として15000XEM(平均単価26.3円)となり、NanoWalletに預けてハーベストを開始した。既得バランスが10000を超えるのに10日ほどかかって、そのすぐ後に0.8XEMをハーベストで得たが。。。それから丸1か月でまるでハーベストが来ていない。NEMのハーベストってあんまりお得じゃないぞと今は感じている。

今時点でNEMと値段は23.2円。26.3円で買っているおいらは損をしているってことだ。数時間前に23.7円で5万円分買った。21円になったらまた5万円分買うように指値で注文しておいた。この3連休中には20円を割るかもしれないので、そしたら19円でさらに5万円買おう。こうやって下がることに買っていけば、平均取得単価がどんどん下がっていく。7月時点の11円まで下がることもありえるが、さすがにそこまではいかないだろう。仮想通貨は根拠がない中で価格が上下するものなのでホントわからんけれども、だからこそおもしろい。

NEMで初ハーベスト

NEMで初ハーベストできたのは0.8XEM。1XEM=約28円なので22.4円ゲットということだ。15000XEM持っていて0.8だから0.00533%を得たことになる。こないだ記事を書いた時点で1XEM=36円だったので、NEM自体の価値が下がっている。平均26円くらいで取得しているのでまだ含み益があるけれども、けっこうギリギリな感じ。まーNEMについてはこのまま放置して、ハーベストでどのくらい収益できるかを見ていこう。

ビットコインをはじめとした仮想通貨は全般的に下がっている。中国の配当型ICO停止報道、さらには取引所停止というまだウワサレベルの情報が出てきて混乱模様。下がったら買い増すという方針もあるんだけど、ちょっと今は動きづらいな。というのは、10/2のCOMSAトークンセールに向けてZaifトークンを仕込んでみたけれども、ちょっとタイミングが悪かったかも。今んところ高値づかみな感じ。仮想通貨むずかしす。

ここ最近のNEM(XEM)購入を振り返ってみる

もともとはビットコイン分裂騒動を恐れて、アルトコインに退避しておこうという発想だった。ビットコイン0.5を、イーサリアムに0.2、リップルに0.2、ネムに0.1という具合に交換した。8月に入って、ビットコインは大方の予想通り分裂したが、特に暴落することもなくその後も値を上げる展開だったので、アルトコインに退避する必要がなかったかもしれない。ただ、アルトコインだって上がり続けているのでどっちでもよかったとも言える。

NEMにハーベストという仕組みがあるのを知ってしまったので、そりゃやるしかないと買い足していった状況は以下の通り。
年月日  販売所   NEM  円   円/NEM
2017/7/17 coincheck 1938 21705 11.20
2017/8/11 coincheck 918  30024 32.71
2017/8/18 coincheck 1450 40264 27.77
2017/8/23 coincheck 5700 156270 27.42
2017/8/27 zaif    5000 145500 29.10
合計すると15,006NEMを393,763円で買ったことになった(26.24円/NEM)。
今現在37.4円/NEMなので、16万円くらいの利益が出ている状況。
NEMハーベストについては既得バランス6406なので、1万まであと3日くらいで到達か。
明日から旅行なので、旅行から帰ってきたらハーベスト開始だな。

COMSAはどうやって買おうかな。円で買えるのかと思ったら、BTC・ETH・NEM・Zaifトークンでしか買えない。NEMやZaifトークンは手放したくないし、かといってBTCとETHはは高騰中なので今のタイミングでは買いたくない。まだ1か月あるので、そのあいだに値が落ちるのを待つしかない。怖いのはそのあいだも値が上がり続けること。いやいや、いつまでも上げ続けることはないので、必ずまた下げるときがあるってもんだ。ZaifトークンでCOMSAを買うとメリットがあるらしいので、Zaifトークンを買い足すのが有力かな。

NEMハーベストまであと半分ちょい

NEM(XEM)でハーベストするには、最低10000NEMをNano Walletにつっこみ約1か月待ち既得バランスを10000以上とする必要がある。
そんな待てないので15000NEMをつっこんで、4日経過で既得バランス4390まで到達。

この進捗だと旅行中に既得バランス10000を超えるな。Nano WalletはPCからしか操作できないのがネックだなぁ。

はじめてのICOをBANKERAで経験してみた感想

今日の20時からBANKERAのICOがはじまるっつうことで、会社を19時で切り上げて帰宅して自宅のPCを付けたのが19時45分だった。ICO=イニシャル・コイン・オファリングってことくらいは知っていたが、何をどうすればよいかは知らないままに、20時をむかえてしまった。もちろん、事前準備としてspectrocoinに口座を作って、購入資金であるイーサリアムを入金するくらいのことはしていた。普通の仮想通貨の購入は、刻々と変わる値段をみながら、適度な金額のときに購入ってすればよいわけだが、ICOとなるとどうなるんだろうかという疑問を持っていた。

実際にやってみた結果、イーサリアムの数量を入力してBNK(BANKERAの通貨名)を選択して、承認するボタンを押すだけだった。両替という画面だったはず。0.99 ETH ⇒ 28127.8809 BNKという結果だった。円に換算すると1BNK=1.319円となる。このレートはどうやって決まったのだろう?ICO期間中にレートの変動はあったのだろうか?今後のレート変動はいつからなのだろう?今回はプレICOってことで10月中旬の本番ICOのための価格決定のために、10%のトークンを販売したことは知っている。

今現在、BNKの販売所であるspectrocoinはサーバーダウンしていてアクセス不能。おいらがBNKを買えたのが20時6分で、そのくらいの時間帯は10回くらいリロードするとサイトにアクセスできていたが、今現在は何度リロードしてもログインできない。予定量である10%を売り切って、トークンセールが終了したのか?あまりのアクセス集中にしばらく中段しているだけか?まぁ、おいらとしては買えたからいいんだけど、本当に買えたかどうか念のために確認したいという気持ちがあってスッキリしない。。

ZAIFトークンやばくね

>1Zaif=0.118円だったので、1万円分で84745.7 Zaifということになる。
こんなことを書いたのが8/14で、今現在どうなっているか?
1Zaif=0.5~0.6をうろちょろしている。
約5倍だから、4万円の含み益が出ているということ。。
しかし、数分見ているあいだに0.5を下回ったりしている。
たったの5日間で5倍になるってやばくね。

10/2のCOMSAによるICO開始に向けて、その発行主体のテックビューロが以前発行していたZAIFトークンが爆上げしているのだ。
こうなってくると1円が見えてきたし、その先には10円や100円てのもあるんじゃないかと、あながち空想ではない世界があるかもしれない。
ZAIFトークンを買ったことは忘れておくことにしたわけだが、こうなってくるとそうもいかない。
1円になったら投資した1万円分は利確したほうがいいかなぁ、いやいやその後も上がっていったとしたならその利確分が膨大な利益損失につながっちまうしなぁ、なんてことを頭の中でぐるぐると考えている自分がいる。心を持っていかれているってことだ。
頭を切り替えよう。ZAIFトークンが心を占める割合を減らすべく、もっといろんなことを始める。

ZAIFトークンを買えるのはココだ!

Zaifトークンを1万円分買ったことは10月COMSAスタートまで忘れておく

Zaifの口座を作ってそれなりの金額を入金して、コイン積み立ての申し込みしたんだけれども、まだそれでもあき足らずに、Zaifトークンを1万円分買ってみた。10月に何かと話題のCOMSAのトークンセールがスタートするにあたり、Zaif運営会社のテックビューロがすでに発行しているZaifトークンに注目が集まりだしているのだ。

1Zaif=0.118円だったので、1万円分で84745.7 Zaifということになる。何が魅力あるかって、Zaifの1単位がたったの0.1円ちょっとということ。1円で10倍、10円で100倍、何かの間違いで1000円になったら1万倍で1億円になるってこと。何で1万倍になるのかの根拠がまるでないので夢物語ではあるが、そんな可能性を秘めた低価格コインだってことは確かだ。

これまでBitFlyer、CoinCheckという2つの仮想通貨取引所に口座を持っていたので、今回のZaif口座取得で国内三大取引所はすべて押さえられた。こうやって資金を分散しておけばどこかの取引所が破綻したとしても、大けがしなくて済むってもの。マウントゴックス事件のようなことが今後ないとは言い切れないから。。

ここ数か月の仮想通貨取引で感じていることは、短期的な売り買いがいかに心をすり減らし、そして勝っても微々たる金額にすぎないかってこと。安いときに買って長く保有してこそ、大きく化けるのだ。ってことで、1万円分をZaifトークンに投入したことは忘れ去ってしまい、ふとしたときに思い出すことにする。

valu投資が今どうなっているかが手軽にわかる便利なツールを作っている人のvaluを買ってみたくなった

森雅秀さんというプログラマーの人が以下の便利なツールを作っている。
保有VALUの一覧表示

おいらが持っているvaluが19人分で総額47.6万円であることが、ちょー簡単にわかった。投資金額は25.7万円と出てきたが、このうち20万円分くらいは以前ある人のvaluを安く買って高く売って得た分なので、実質的な投機金額は5.7万円となって総額から引いた42万円くらいが利益だということがわかる。とは言え、これは含み益であって、今すぐ円に交換できるわけではない。ほっとくことで、3か月後に2~5倍の利益になる可能性を秘めていることも書き添えておく。

このプログラムを作っている森さんのvaluはこんな感じ。1va=0.0289btc(13,090円)なので割安かつ手元のビットコインで買える値段なり。明日の朝9時に買っちまうかなぁ。。この人の能力から言って、0.1btc(45,000円)くらいまで上がるのに、そんなに時間がかからないと思うから。

ビットコインがあれよあれよと上がって45万円になったので、急きょちょっとだけ参戦してみた

40万のときにちょいと買ってみようと思ったんだけれど、いやいや買ったら下がるの法則があると思って買わなかった。今現在、おいらが持っているビットコインはたったの0.05BTCで、現在の45万で換算すると2.25万円なり(仮想通貨ということでは、valu・イーサリアム・リップル・ネム分があるけれども、こいつらは長期保有前提なので持っていないこととする)。

もし40万で0.1BTC買って現在の45万円で売っていれば、4000円のもうけになっていた。うんうん、たったの4千円だ。ビットコインは値段が上がりすぎてしまったので、5万上がったって11%の変動にすぎないのでおもしろくない。とは言え、仮想通貨の王様であるビットコインの保有が少なすぎるのはつまらなんので、0.1BTCを44.8万でゲットしておいた。この後、仮に5万下げたところで、5千円の損失だからはした金ってもの。しかし、夜までに50万になったら売ることだろう。

ビットコインが上げている一方で、他の仮想通貨が軒並み値を下げている。数パーセント程度なので大したレベルではない。ビットコインを高値で売り抜けた後、その他仮想通貨が20~30%落ちたときが買い時じゃないかな。NEMは最近上げすぎな感じなので、けっこう下がると読んでいるがはてさて。

ビットコイン分裂後の状況

8/1ビットコイン分裂が実際に行われた。今現時点の状況では分裂による悪影響は全くなくて、リスクを感じてビットコインを手放した人は得られる利益を失ったことになる。分裂前に1BTC=31万円だったのが、一時37万円近くにまでなり今は35万円くらいだ。一方、分裂したほうのビットコインキャッシュ(BCH)も存続している状況。BCHに付いたのは全体の1%程度で、分裂直後採掘がぜんぜん進まなかったので、すぐに消滅するなんて憶測があったなか一時1BCH=10万円近くまで上がるも、いま現在は2.3万円まで激下げしている。ビットコイン保有者にキャッシュが同量配布されたので、キャッシュを売ってビットコインを買い足す動きがあり、ビットコインが爆上げした模様。

おいらは、ビットコイン分裂にリスクを感じて多くを円に戻してしまったので残っていたBTCは0.25だけ。これによりBCHを0.25得たわけだがそのままホールドしている。今思えば、2週間ほど前に1BTC=21万円のとき全力でBTCを買って今売れば、全力の金額の70%の利益を得られていたなんて、取らぬ狸の皮算用をしたってしょうがない。未来がわかるわけないんだから、こんなもんさ。

仮想通貨関係で次に注目されているのはCOMSA。ICO(Initial Coin Offering)という仕組みで資金調達する。ようするに、新しい仮想通貨を発行して、それを買ってくれる人を募るというもの。その資金を使って新たなビジネスモデルを構築して、投資してくれた人には相応のバックがされるんだと。仮想通貨をやっているネットの人々が大騒ぎしているので、とりあえずおいらも登録してみた。以下から登録すると、何やらおいらにも利益が配分されるらしい。さー、みんな仮登録してみよう!
COMSAに事前登録する
COMSA=COMputar+鎖(SA)。Zaifという仮想通貨販売所をやっているテックビューロ社が仕掛けたとのこと。実際に販売を開始するのは10/2なので、まだ2か月も先のこと。それまでにICOやCOMSAについて勉強する。