スカパー

スカパーの契約を変更した。
セレクト5で月額1980円で、基本料金の421円を
合わせると合計2401円。
今まではFOXとGAORAを個別契約していたので、
FOX771円+GAORA1296円+基本421円で
合計2488円と割高だった。
テニスが見たいからとGAORAを追加契約したわけだが、
そのときの選択肢にセレクト5があることに気付かず、
非常に少額ではあるが87円損をしていたってことだ。
アガシと錦織のゆるい対決をみることができ、無事
今年のテニスシーズンが終わったので、GAORAは
しばらくお休みねって契約変更をしようとしたら、
セレクト5に気が付いたってわけだ。
スカパーさん、いい商売しているね。
セレクト5の残り3番組は以下のようにチョイスした。
スペースシャワーTV、MTV、アニマルプラネット
最初の2つは妻の趣味である音楽番組。
アニマルプラネットはおいらの趣味で、
野生動物の食ったり食われたり、昆虫に奇妙な生態
なんてのが好きなもんだから。
地上波番組はつまらない。
趣味が多様化している今、BS・CSの有料放送が
どんどん拡大していくんだろうな。

24

この半年くらい海外ドラマ24を見続けていた。
ファイナルシーズンの8までだから、24話×8=196話分だ。
年末・年始などに実施されたWOWOWの一挙放送を撮りためてたものだ。
時間を浪費したのか、有益な時間を過ごせたのか、今は判断できない。
とにかく、長い長い時間を要したことは確かだ。
今日のヤフトピに、ジャックの娘・キンバリー役の女優が
結婚したという記事が載っていたのは、なんともタイムリーだ。
ということで、ここでは脇を固めた俳優について語ってみよう。
(ジャック・バウアーのいう役については、今度時間のあるときに)
序盤のシーズンでは、やはりニーナだろう。
ジャックが妻と別居中に不適切な関係がありつつ、その後
妻との復縁後は、CTUでジャックの右腕として絶対の信頼を
置かれていた美しくも妖しいヒロイン。
ジャックのピンチを救うことが幾度となくあり、まさかこいつが
黒幕だったという衝撃の中、ジャックの妻を殺害する。
その後、完全なる悪役としてジャックと対決していくなかで、
最後にはジャックに殺される。
ニーナと入れ替わるように登場したのがクロエ。
有能な分析官だが、一言多くて周囲の人から反感を買うも、
なんとも何とも愛嬌のある人柄で魅力がある。
シーズン3で登場したときはすぎに消え去るキャラクターだと
思ってみていたが、何とファイナルまでずっと出続けていた。
ジャックがクロエに電話してまずしゃべるのは、「クロエ、オレだ!」。
ジャックの娘・キンバリーについては、あまり思い入れはない。
一時期、親の七光りでCTUに在籍していて、そこで恋人までみつけるも、
大して能力があるわけでもなく、またCTU内でジャックをパパって呼んで、
公私混同もはなはだしく、我がまま放大。
ママが死んだのはパパのせいだって、そりゃ確かにその通りだけど。
来年、24が再開するとのこと。
全12話分のストーリーとのこと。
24時間をリアルタイムで24話分で放送するという従来の形は
もうやめるようだ。
見ているほうもつかれるけど、作るほうはもっと疲れるんだって。
ともあれ、楽しみだなぁ。

Blu-rayレコーダー修理

先週書いた記事「Blu-rayレコーダー」の続き。
SHARP BD-HDW25でBlu-rayディスクの初期化に失敗する件。
SHARPのコールセンターに電話したら、翌週の土曜日に修理の人がやってきた。
Blu-rayディスクドライブの交換を行った。
ちょっと軟弱そうな若者だったが、さすがプロ。
ケーブルをはずす、フタを開ける、ドライブを交換する。
手際がよく、5分くらいで終えていた。
その後、専用のディスクを挿入してもろもろの調査を行い、
問題ないことがわかったようで、修理完了となった。
未使用のBD-Rディスクの初期化に成功。
過去に初期化に失敗したディスクも問題なく初期化できた。
もし、過去に失敗したものが使い物にならなかったら、
どうしてくれようかと言及するつもりだった。
BD-R5枚分失敗していたので、二千数百円の損失。
幸い初期化できたので、そんなケチなもの言いをしないで済んだ。
まだまだBlu-rayディスクは高い。
あと1年もすれば、半額くらいになるだろう。
ついでにソフトウェアアップデートしてくれるかと思ったら、それはなかった。
B29051300のままで、LANの接続はできないまま。
LANにつないだからといって、別に何かあるわけではないけれど。
担当者が家に来たのは夕方6時少し前。
6時半くらいに終わったので、だいたい40分くらいかかった。
帰り際に、今日は何件くらい回ったのですかと聞いてみた。
この後2件行くので、合計10件になりますだって。
暑い中ご苦労様です。

Blu-rayレコーダー

Blu-rayレコーダーを購入してから半年が経過して、
初めてBlu-rayディスクを扱ってみようと思い立ち、
レコーダーと同時に購入したmaxell製のディスクを
レコーダーに突っ込んでみた。
しばらくたってから初期化が始まり、途中でエラーが出た。
出たエラーメッセージを書きとめてみた。
「ディスクを使用する準備ができませんでした。
ディスクに傷や汚れなどがないか確かめてから、
もう一度ディスクを入れてください。」
購入したディスク5枚中3枚試してみたが、全て同じエラー。
初期化の20%~30%のタイミングでエラーが出る。
メーカーとの相性があるかと思い、Panasonic製を買ってきて
1枚だけ試したが、全く同じエラー。
BD-Rがダメなのかと思って、BD-REを試したらうまくいった。
ただし、BD-REはSONY製。
もしかしたら、SONY製のBD-Rはうまくいくかもしれない。
どうやら、Blu-rayレコーダーの初期不良っぽい。
SHARP BD-HDW25
今年の1月、ヤマダ電機で109,800円(ポイント還元25%)で購入。
機種は異なるものの、症状としてはこれと同じ。
BDディスク初期化エラー多発 by 価格.com
つかまされたようだ。
まだ保証期間の1年は残っているが...。
当然、箱は捨ててしまった。
何とか修理に出しても、一定期間ハイビジョンレコーダーが
ないという事態は、つらく悲しい出来事だ。
ノーマルビジョンレコーダーのPSXがあるから、
汚い映像で録画できるので、番組を見逃すことはない。
しかし、地上デジタルのハイビジョンに慣れきってしまった人間が、
地上アナログレベルの映像を見るのに耐えられるだろうか。
また、修理から戻ってきた機械に録りためた番組が残っているという
保証はないだろう。
今のところ初期化可能なBD-REディスクをたくさん買ってきて、
コピーしておくとしても、金と時間がかかってしょうがない。
ディスクドライブの問題と思われるので、HDDはそのまま
残してくれるかもしれない。
SHARPさんは、そのあたりどう考えてくれるのだろうか。
近々、SHARPのサポートセンターに電話してみよう。
普段、自社CADのサポートを行っているから、
サポートセンターの人の仕事がたいへんなのはわかっている。
理不尽なクレームを言うユーザーには苦労しているだろう。
ものわかりよく、激することなく、紳士的な姿勢で、話をしてみよう。
全然関係ないけど、コールセンターの恋人はけっこうおもしろいドラマだ。
ユーザーと理不尽さと、それをさばく人間のプロ意識が見物ですな。
まだ第1回放送しか見ていないけど、Blu-rayレコーダーに
続きが録画してあるから早く見よぉーっと。

ケーブルテレビ解約

J:COMのケーブルテレビ契約をして半年が経過した。
最初の1,2ヶ月は、みることもあった。
その後は、まるでみることがなくなった。
月額2,480円を払い続けてきた。
契約最小期間の6ヶ月目が来たので、解約した。
地上デジタルとBSがあれば、十分だということがはっきりした。
CSの雑多で多すぎるチャンネル数には、辟易した。
いまどき、低画質の放送では興味が半減する。
これが見たい!というキラー番組がなかった。
みたいと思うチャンネルは、別料金を払う必要があった。
きれいごとを言うようだが、テレビをみて無為な時間を
過ごすことは、人生のを無駄だと思いはじめた。
何事も経験してみて評価したい自分としては、
やるべきことをやって、正しい評価ができたと思う。
悔いが残ることと言えば、AXN(海外ドラマチャンネル)で、
いち早くLOST4を放送するという情報が入ってきたのに、
みることができない、という程度のことだ。
DVDがリリースされたら、レンタルすればいいことで、
きっと今年中にはみることができるだろう。
いち早くみたいという欲望さえ抑えれば、
別になんてことはない。
今、STB(セットトップボックス)の電源を引っこ抜いた。
夜、家に帰ってきて電気を点ける前に、
暗闇の中に小さく光る赤いランプが1つなくなった。

STB

セットトップボックスの略でSTB。

ケーブルテレビを受信するのに、なくてはならないもの。

単にチューナーと呼ぶこともある。

Wikipediaの説明

一週間前に我が家にやってきたのはこれ。

TZ-DCH1000

panasonic製。

月額4980円のところを、半額をマンションのオーナーが負担してくれるので、

我が家の負担は、月額2480円。

この金額でケーブルテレビを見られるのならとホイホイと契約してみた。

しかし、CS放送というのはあまり見るものではない。

まだ1週間程度なので、どのチャンネルがおもしろいのかよくわからないしね。

さて、CS放送が見られるということはわかったが、

今度は時間指定して予約したくなる。

おもしろそうな番組を録画予約しておいてあとで見るという形なら、

CS番組でも見るかもしれないから。

ここでSTBの出番になる。

STBからの出力を、我が家のHDDレコーダーであるPSXに接続した。

TZ-DCH1000からの出力端子は2系統ある。

1つはD端子で、これはテレビにつなげるために使っている。

残りはS端子しかない。

うちはPSXだからよいものの、近頃のレコーダーにハイビジョンでつなぐ

となればS端子では役不足だ。

今後、新しいHDDレコーダーを買ってもS端子でつなぐしかないわけで、

これは大きな問題だろう。

録画予約の方法は以下の通り。

・STBで番組視聴予約をする

・PSXで時間指定録画予約をする

2つの機械それぞれに予約をしておく必要があるわけだ。

これは面倒くさい。

しかもハイビジョンで録画できるわけではない。

さらに、HDDに録画したものをDVDに焼こうとしたら、

ダビング不可と表示された。

問題点が浮き彫りになってきた。

もう1つ録画予約をする方法がある。

Irシステムというものだ。

赤外線を使った仕組み。

TZ-DCH1000にIrシステムケーブルを接続して、

その先をレコーダーのリモコン受光部の近くに取り付ける。

TZ-DCH1000側が信号を送り、レコーダーがそれを受け取り

電源ON/OFFや録画開始/終了を行う。

こいつはいけるかと思って試してみたが、

我が家のPSXはまるで反応してくれなかった。

どうやらこのIrシステムというやつは、一部のメーカーが奨めているものらしく

うまくいく機器は限られるようだ。

一番いいのはSTBと同じメーカーのレコーダーを用意することか。

Irシステムを動かすために、panasonic製のレコーダを買うというのは

ちとやりきれないので却下。

問題を解決する方法は、身近に存在する。

J:COMのサービスで言うところの「HDR」。

HDD内蔵のSTBで、具体的な機種を挙げると、

HUMAX製のJC-5000。

プラス800円の料金をJ:COMに支払うと借りることができる。

・Wチューナー搭載で2つのチャンネル同時受信

・大容量250GBのHDレコーダー

・ハイビジョンの高画質をそのまま録画

こんな売り文句が載っていた。

録画予約は、STBで行っておくだけなので簡単にできそうだ。

料金の800円というのも少し気になるが、

一番問題なのは、DVDドライブがないこと。

何度もみたい番組は、DVDに残しておきたいし、

250GBの容量なんてすぐにいっぱいになるだろうから。

一応、iLink端子を持っているらしいので、

DVD書き込みができる装置をつなげることができるとのこと。

ただ、iLink接続に関しては少々評判が悪いようだ。

うまく連動してくれない、という話がWeb上にころがっていた。

少し前の話だったので、今はファームウェアのアップデートで

ある程度は改善しているだろうか。

大変悩ましい問題だ。

J:COM

約1時間ほどの宅内工事の末に、

ケーブルテレビ(J:COM)が我が家にやってきた。

地上デジタルとBSが見られるだけでよいと思っていたが、

CS見るのに、たった2480円てことなら...。

基本パックだけだと、大してみたい番組もないのだが、

どんなものかを見極めるためには、

契約して一定期間みるに限ると思った上での決断だ。

さらに、WOWOWが来月末まで500円で

見られるとのことなので、これまた追加。

今のところ、左上に邪魔臭いメッセージが出ているので、

まともに見られないが、2日もすれば消えるらしいとの

情報があるので、しばらく待つことにしよう。

ハイビジョン対応のレコーダーを買おうと思っている

ところなのだが、ケーブルテレビのチューナーとの

接続関係で、わけがわからなくなっている。

CS、BS、地上デジタルを録画できればいいのだが、

さまざまな理由により、頭の中が混乱している。

ちと整理して、研究しなければいかんな。

VHS

時代は、アナログからデジタルへ。

テレビ放送もそうだが、ビデオもしかり。

地上デジタル放送が受信できるようになったため、

ハイビジョンの映像が見られるようになった。

今持っているHDDレコーダーは、ハイビジョンに対応していので、

きれいな映像を録画することができない。

だったら、買うしかない。

500GB、ダブレコ対応。

テレビとレコーダーは同じメーカーがよいだろう。

6万円台で買えるなら、手頃だ。

SHARP DV-AC75

価格.com

ヨドバシのネットで売っていないのは、少々気になるが。

さてそうなると、はじき出されるのがVHSのビデオデッキ。

置く場所がなくなるので、廃棄する予定。

ビデオデッキ自体を捨てるのは、何ら問題ない。

しかし、けっこうな数あるビデオテープ。

永久にみることができなくなってしまう。

古いテープを引っ張り出してみたら、約100本あった。

8割はラベルも貼っていないどうでもよさそうなものなので、

思い切って捨て去る。

残り約20本は、ミュージック系のものが大半で高い金を出して購入している。

うち2本は絶対に捨てられないもの。

・結婚式、披露宴

・新婚旅行(米西海岸)

人生の節目に観ることが義務になっている。

(そう言えば、今日は結婚記念日だった。)

20数本のVHSを、DVDにダビングするというミッションが生まれた。

業者に頼むという選択もあるにはあるが、1本につき2000円程度かかるため、

合計4万円もかかることになる。

日ごろケチくさいことを嫌うおいらだが、4万円となれば話は別だ。

機材はあるわけだから、自分でやるのが妥当だった。

ビデオデッキを、今持っているDVDレコーダー(PSX)に、

赤、白、黄色のケーブルで接続。

PSX側の外部入力端子はすぐみつかった。

S端子くらい付いているかと思ったが、付いていなかったので

相当古くまた低スペックのビデオデッキだったということがわかった。

PSX側では、テレビチャンネルの一番したにLINEというのがあったので、

それを選択したら、ビデオデッキの映像が流れることがわかった。

ビデオデッキで再生をはじめて、すかさずPSXで録画開始ボタンを押す。

再生が終わったら、PSXで録画停止ボタンを押す。

ほっとけば録画が終了すると楽なのだが、いつもでも録画し続けるため、

手動で停止しなければならない。

録画された映像はHDDに記録されるので、末尾の余計なところを編集して、

あとはDVDに焼くだけだ。

編集という作業は始めてやったが、それほど難しくはなかった。

まずは、重要な2本をやってみた。

よしよし、順調。

残り18本は、ひたすら根気を持ってやってみようと思う。

晴れて全てが完了したら、ハイビジョン対応レコーダーを買うつもりだ。

さようなら、アナログ時代。

デジタル全盛の時代がやってきた。

地デジ開通!

悲願の地上デジタル放送が開通した。

これでこそ、AQUOSを買った甲斐があるというもの。

37インチの大画面に、16:9の鮮明な地上放送の画像が表示された。

感動の瞬間だった。

数日前、ポストに投函された一枚のチラシにより、それを知った。

J:COMからの「ケーブルテレビ施設導入工事のお知らせ」だった。

以前書いたように、我がマンションは電波障害エリアに建っていることから、

(財)住宅管理協会の共同アンテナから共聴ケーブルを引いている。

共同アンテナではなぜか地上デジタルを受信できず、

今後の見通しはまるで立っていなかった。

電波障害エリアなので、マンション独自のアンテナを立てても、

まともな映像を見ることができない。

BSは独自アンテナを立てていて受信していたが、今は地上デジタルが本流なわけで

せいぜいお茶を濁しているにすぎない。

1つの解決策がケーブルテレビをひっぱること。

有線を引いて、BSやCSもひっくるめて地上放送電波を引こうというわけだ。

大家さんがその交渉を始めたのが、5月頃らしい。

そして開通したのが昨日なので、約5ヶ月の時間を要した。

電柱使用に関する東京電力の手続きが難航したらしい。

私道経由でケーブルを引っ張ってくる必要があるため、

物件所有者、私道所有者および電柱の権利者などの

もろもろの権利関係がゴタゴタして、紛争が起こる可能性があるため、

東京電力が慎重になっているとのこと。

大家さんの功績は大きい。

J:COM担当者に、執拗かつ継続的な催促を行った。

当初予定であった「3ヶ月後」という期限を過ぎてからは、

クレームに近い物言いをしていたようだ。

一住民である私よりは、マンションオーナーのほうが危機感は高く、

何とかしたいという思いが強かったのだろう。

賃貸マンションの価値に関わることだし。

ということで地デジが映るようになったわけだが、

ケーブルテレビが入ったとこうことは、CS関係の膨大な数のチャンネルを

楽しむいうことも、選択肢に入ってきた。

大家さんに聞いたところによると、J:COMの「In My Room」というものを契約したとのこと。

大家さんがケーブルテレビ料金の一部を負担してくれるそうだ。

地上デジタルとBSを見るだけなら、個人の負担はなし。

今現在、我が家には専用のチューナーなどは入っていない。

リモコンでCSボタンを押したら、膨大な数のチャンネルが出てきた。

画面の右下あたりに、視聴期間がどうのこうのという表示がされたけれど。

In My Roomで個別世帯が契約する場合は、通常5229円のところを

月額2604円で済むそうだ。

個別契約しないと、視聴期間だという表示を消せないのだろうか。

その場合は、専用のチューナーを設置しなければいけないのだろうか。

今のところJ:COMからの連絡がないので、そのあたりが不明だ。

早く連絡してきてほしいところだ。

さて、こうなってくると欲しくなるのが、ハイビジョン対応のレコーダー。

今使っているのは、PSXの初代機なので、まるで役立たず。

ハイビジョンの映像を大容量のハードディスクに溜め込んで、

豊かなデジタルライフを過ごしたいところだ。

テレビにあまり興味がないと言っていた、過去の自分が嘘のようだ。

10万円程度の投資になるが、近々購入しようと考えている。

テレビとの連携を考えて、SHARP製のものになるだろう。

調査開始だ!

配線

近頃テレビの話ばかりだ。

なにぶん、液晶テレビやらPS3やら買っているので、

新しく知ることが多く、書かずにはいられない。

さて、今日はテレビ回りの配線に対して真剣に取り組んでみた。

先日PS3が届いていたのだが、まだ箱すら開けていない状態だった。

VHSのビデオデッキは場所がないので、片付けなければならないし。

PSXへの配線回りを整理したいし。

そうそう、我が家はPS2(コンパクトタイプ)、PSX、PS3が揃ってしまった。

ゲーム好き夫婦のなせる技か。

(DSも買ったが、脳トレにもあきてきて近頃あまり触れていない。)

まずは分波器と分配器について。

テレビアンテナ配線にまつわる装置だ。

BSとUHF(VHFも含む)の電波を分けるのが、分波器。

2つの同じレベルの電波に分けるのが、分配器。

テレビは説明書にこれぐらいのことは書いてあったので、知っていた。

近所の電気屋に分波器を買いに行ったつもりが、

電気屋のおやじに分配器を買わせられてしまった。

BSとUHFの電波を分けるものをください、と配線図まで見せたのに

わたされたのは分配器だった。

電気屋のおやじがそう言うなら、これでもいいんだろうと信用してみた。

多少の不信を抱きながらも、帰宅して接続してみたら映った。

理論的には、分波器が必要なところに分配器を使ってもよいのだろう。

(逆はたぶん無理。)

そういう意味合いで、電気屋のおやじは分配器を渡したのか。

しかし、なんだかすっきりしない。

電波の無駄が生じているのは間違いない。

とても、もやもやする。

PSXの話。

けっこう特殊な機械だということが判明。

アンテナ入力があるが、アンテナ出力がない。

自然に考えると、壁のアンテナからPSXにつないで、

PSXからテレビに繋ぐということになる。

ところがアンテナ出力がないから、さて困った。

購入したときに自分で接続しているわけだから、

それくらいのことは把握していてもおかしくないが、

きれいさっぱり忘れていた。

しかたないので、PSXにつなぐ前のアンテナケーブルを分岐させて、

テレビとPSXそれぞれにつなぐことになる。

ここで使うのが分配器。(我が家には、既に存在していた。)

PSXとテレビもつながなければならないので、ビデオケーブルでつなぐ。

このビデオケーブルが問題だった。

S端子を使っていた。

我がAQUOSにはS端子がない。

HDMI、D端子、普通の端子の3つがある。

PSXは、D端子とS端子と普通の端子がある。

普通の端子で繋いでしまったら、液晶テレビ真価を発揮できないので、

D端子を使うことにした。

わざわざ買いに行った。

2千と数百円なり、ケーブルってのはけっこう高いな。

ケーブル接続が完了して、PSXでチャンネル設定をしてみた。

BSのチャンネルのほとんどが認識されない。

wowowとNHKの2つ、合計3つだけ。

しかも、PSX経由でみるwowowは映像がまともに見れない。

水平方向に無数の線が入っている。

これはブロックされていることだろうか。

テレビで直接みればちゃんと見れるんだけど。

あとNHKの放送は、画面の比率が4:3だし映像がきたない。

PSXは、ハイビジョンに対応していないらしい。

ひとつ言えるのは、PSXはDVDレコーダーとしてはちと問題ありということ。

初代のPSXなので、今のハイビジョンやデジタルに十分な対応ができていないのか。

まともな、DVDレコーダーを買わねばならんな。

地上デジタルが見れるようになったら、買いましょうかね。

あと、PS3。

こいつは、テレビアンテナなど関係ないので、接続は簡単。

PS3とテレビをHDMI端子でつなぐだけ。

HDMIというインターフェースが、最高の映像を表現できるもので、

技術的には大したものらしいが、つなぐ分にはなんてことはない。

PS3にはHDDが付いているし、Blu-rayのドライブもあるわけだから、

テレビ映像をHDDやDVDに録画できるのかと、一時勘違いをしていた。

つまり、PSX的なものなのかと思っていた。

事実は、テレビアンテナは接続できないし、Blu-rayドライブは読み取り専用。

そりゃそうだ、PS3はゲームがメインなんだから。

(DVDやBlu-rayディスクの再生を高品質で再生できる、という点もあるけど)

体験版のグランツーリスモをダウンロードして、少しプレイしてみた。

16:9の大画面でプレイするゲームは、迫力が違う。

そもそも、ダウンロードしてゲームするなんていうのは、PS2まではなかったし。

400MB程度のデータだったが、光回線のせいかストレスなく落とせた。

PS3で、ネット接続も当たり前になってきたというわけだ。

時代は変わるな。

一点だけ、PS3の不満をあげておく。

音がうるさい。(熱もけっこう出る。)

HDDの動作音なのか、けっこうな音量だ。

映像の美しさを得るためには、騒音を我慢しなればいかんのか。

ゲームやってるときは気にならないだろうが、

映画を見たり音楽を聴く場合は、大いに気になるな。

最後に、VHSビデオデッキ。

テレビ台の場所不足により、ビデオデッキは追放の憂き目に。

とは言え、VHSテープに保存されている映像はけっこう存在する。

このままビデオデッキを捨ててしまったら、その映像を一生見れなく

なってしまうので、捨てるわけにはいかない。

VHSをDVDにダビングする。

作戦を練っているところだ。

たぶん、ビデオデッキとPSXをつなげばいいのだろう。

ただ、手間と時間がかかるだろう。

我が家にVHSテープは約100本くらいあるが、

重要性の高いのは10本程度だ。

手間暇かけて自分でダビングするか。

金をかけて業者に依頼するか。

いつか、決断しなければいけない。

BS

昨日、我が家でBS放送をはじめて見た。

テレビに関しては、ひたすら興味を持たずに生きてきたが、

液晶テレビを購入したことにより、がぜん興味が沸いてきたのだ。

今までは、地上アナログの6個のチャンネル(1、3、4、6、8、10、12)さえ

見れれば十分だと思っていた。

このマンションに入居してから、7年という歳月が経過している。

昨日まで、共同のBSアンテナが装備されていることを知らなかった。

BSデジタルが受信できない件を大家さんに問い合わせたときに、

ついでにBSアンテナについて聞いてみた。

共同BSアンテナをつけるつもりはあるかと。

というのも、マンション内の住人のうち2軒ほど独自のBSアンテナらしきものを

ベランダに出しているのを知っていたから。

独自にアンテナを設置している人がいるということは、

共同アンテナがないのだろう、と言う考えは浅はかだった。

新築当初からBSアンテナがありますよ、という大家さんの回答に驚いた。

すぐに近所の電気屋に走り、アンテナ端子の分配器を購入してきた。

部屋の壁にあるアンテナ端子は1つだけ。

一方、テレビ側の口はVHF(UHFも含む)用とBS用で2つある。

壁のアンテナ端子をVHFとBSに分岐させる必要があった。

そもそも壁にアンテナ端子が1つしかないことから、

BSは見れないんだという激しい思い込みもあった。

まさか、VHFとBSが混じって部屋に届いているとは想像すらしなかった。

液晶テレビの接続図を見ていて、この謎が解けたのだった。

夕食前のあわただしいときに、汗だくになりながら接続を完了させた。

これで映るだろうという大方の予想はくつがえされた。

B-CASカードを認識できません、というようなメッセージが出た。

以前は、BS放送を受信できません、というメッセージだったので、

受信はできているのだろうと少し安心した。

B-CASカードといはいったい何?という疑問があるが、

テレビにそれらしきカードが刺さっていることは知っていた。

組み立てに来た兄さんが、そんな作業をしているのを目撃したから。

一度抜いてみた。

もう一度差してみたが、状況変わらず。

よ~く見たら、カードの向きが逆だった。

正しい向きに差したら、BS放送が映った!

「兄さん、わざとかい?」

という疑いが沸いてきたが、まぁ小さいことなので忘れることにした。

ブラウン管テレビのアナログ放送しか知らないおいらにとっては、革命的だった。

BShi に至っては、壮絶な美しさだった。

生まれてこの方、ずっと同じレベルで見てきたテレビ放送だったが、

あまりのきれいさに、感動すらおぼえた。

ちょうど日本代表によるサッカーのアジアカップが放送される日だった。

引きの映像における、ピッチ上の選手の動きがよくわかった。

去年のドイツワールドカップ時に、大いに盛り上がっていたサッカー熱は

今や冷めていたのだが、映像の美しさがきっかけで妙に盛り上がって観戦した。

4-1での勝利に大満足したのであった。

地上デジタルはまだ見ることができないが、

しばらくはBSでお茶を濁しておくことにしよう。

NHKのBS料金、払わねばならんかな。

地デジ

我がマンションでは、現在地上デジタル放送を受信できないことが判明。

先頃購入した液晶テレビは、地上デジタルチューナーを搭載しているので、

あとは、電波をどうやって受信すればよいかだけだったのだが...。

何もしなくても受信できるだろうか、という淡い可能性は無残にも断ち切られた。

液晶テレビをアンテナにつないだところ、「地上デジタル放送を受信できません」

という非情なメッセージが出た。

マンションの共同アンテナに、UHFのアンテナが存在して東京タワーのほうを

向いていればよいはずだった。

マンションのオーナーに確認してみたところ、意外な状況が明らかにになった。

当マンションは電波障害エリアに建っていることから、(財)住宅管理協会

テレビ受信管理会社から共聴ケーブルを引いている。

共聴ケーブルで受信する際の地上デジタル対応を、この管理会社に

問い合わせているが、ただいま調査検討中という回答しか得られず、

何ら進展がないため、あてにできない状況。

そこで、マンションに独自のアンテナを立てた場合にどうなるかを

調べるために、アンテナ工事業者に調査を依頼した。

結果は「鮮明な画像を期待できない」とのこと。

ということは、各世帯レベルでベランダなどに市販のアンテナを立てたところで、

無駄だということは明らかだ。

とは言え、2011年7月にはアナログ放送が終了してしまうこと、

賃貸マンションオーナーとして魅力ある物件を提供すべき、

という理由から、我がマンションのオーナーは別の道を模索していた。

ケーブルテレビ会社「J:COM」との契約を済ませていたのだ。

ケーブルテレビの回線を利用して、地上デジタルやBSを受信するという方法。

契約は済ませているが、まだ工事が完了していないそうだ。

近くの電柱までの工事が完了するのに数ヶ月かかるとのこと。

あとは待つしかない。

仮に工事が完了したとして、各世帯がケーブルテレビと契約して、

月額いくらという料金を払う必要があるだろうか。

応えはNO。

In My Room (J:COM)

工事費および毎月の受信料は、家主負担。

有料のケーブルテレビ、インターネット接続、電話は有料とのことだが、

これらには別段興味がない。(ネットと電話は、先日「光」に変えたばかり)

はっきりしたことはわからないが、地上デジタル放送を見る程度だったら、

各世帯の負担は0だと思われる。

工事が終わるのが待ち遠しいところだ。

心配なのは、BS料金払えとやってくるNHK集金人のことくらいか。

AQUOS

液晶テレビが我が家にやってきた。

SHARP AQUOS LC-37GS10

 

日曜日の夜7時半にやってきた。

組み立てやらなんやらあるだろうからと、

夕飯を遅らせて、腹ペコ状態のときにやってきた。

案の定、地上デジタルは映らなかった。

うちのマンションには、UHFアンテナが立っていないということらしい。

独自にアンテナを立てるか、大家さんに交渉するしかない。

いつも見ているアナログテレビでは、映像のよさを実感できないので、

DVDを見ることにした。

FF7 アドベントチルドレン

全編CGの作品。

ロールプレイングゲームの名作、ファイナルファンタジーⅦの

エンディング後の世界をビデオ化したらしい。

妻がゲーム好きなので、以前買ったもの。

前に見せられた記憶はあるが、ほとんど覚えていなかった。

大画面で迫力満点だった。

悪の英雄、セフィロスだそうだ。

ゲームをプレイしていないおいらには、何の思い入れもないけど、

妻が、かっこいい、かっこいいと騒いでいたので、2枚も撮影してみた。

へぇー。

液晶テレビ

シャープ AQUOS LC-37GS10

近所の量販店「Denkodo」にて購入。

本体価格 184,000円。(配送料、設置料、古いテレビ回収料、全て無料)

5年保障 9,250円。(本体価格の5%)

合計 193,250円。

Denkodoに向かったのは、液晶とプラズマの違いを

実機で確認したかったからだ。

7月中に買おうという心積もりでいたので、

まさかその日に購入することになるとは考えていなかった。

Denkodoの店頭価格は、198,000円だった。

「さらに値引きします」と書かれていた。

店員に聞いたところ、マイナス1万円で188,000円とのことだった。

本来の目的である、プラズマと液晶の違いについて説明を聞いたが、

正直もうどうでもよかった。

事前にある程度情報は集めて、プラズマの欠点と液晶の進化を知っていたから。

一応実機で確認して、形式上話を聞いただけだ。

ついでに液晶とプラズマの販売比率を聞いてみた。

液晶97%、プラズマ3%だとさ。(ちょいと極端な数字だな)

また来ますと言って、店をあとにした。

 プラズマの欠点をいくつか挙げておく。

 ・明るいと、照明の映りこみが強い

 ・フルハイビジョンは42インチ以上しかない

 ・消費電力が大きい

 ・焼き付きがある

 ・人気がない

予想よりも安くて驚いた。

他店舗情報を確認するなど作戦を練り、

出直して今日中に購入することを決意していた。

ヨドバシのネット価格:258,000円(13%ポイント還元)

(2007年7月7日現在)

ポイント還元、配送料、リサイクル回収料を考えると、

だいたい230,000円になる。

kakaku.comでの最安値は、164,000円だった。

もろもろ入れると170,000円というところか。

今の最安値はこちら

ヨドバシは高すぎる。

ほんの一週間前は、208,000円としていたのに、最近5万円も上げてきた。

店頭に行けば、それなりの値段が提示されるのだろが、

わざわざ新宿まで行く気はまるでない。

しかし、1つの基準になることは間違いない。

kakaku.com掲載の店舗から買うことも一度は検討してみたが、

大型である程度高額なものを、よく知らない店から買うことの抵抗がありやめた。

また、設置や初期不良交換の手間がわずらわしい。

そして、何より腰に悪い。

Denkodoの店頭価格は、ヨドバシのネット価格と同じくらいだろうと、

予想していたところに、20万を切る値段だったため驚いた。

店員に聞いた188,000円という価格に対して、

もう少しまけてください、と言ってみた。

5秒ほどの沈黙がとても長く感じた。

少々お待ちください、とレジ方面に消えて1分後に戻ってきた。

ほんの気持ち程度の値引きですが、という前置きのあとに、

184,000円という金額が提示された。

こっちとしては、落としどころを185,000円と考えていた。

上々の金額提示に、即答するのは甘く見られると考え、

3秒ほど考えるふりをしたあと、

わかりました、購入します。と答えた。

いい買い物ができたようだ。

土曜日に購入手続きをしたので、今日の日曜日の夕方に“もの”が届く。

楽しみだ。

今まで世話になった29インチブラウン管テレビに敬意を表して、登場願った。

ありがとう、さようなら。

 

披露宴

紀香&陣内披露宴の話。

日本テレビ独占中継で、7時から2時間半。

視聴率は、関西地区40%、関東地区で24.7%とった。

近頃、芸能人の結婚披露宴をテレビでやるということが

少なかったので、ものめずらしいこともあり見てみた。

宇津井健による乾杯の音頭。

ヒロミ・ゴーのお嫁サンバ熱唱。

なれそめを知る島田紳助の話。

紀香、陣内の昔の映像やら、披露宴までの様々な出来事。

といった、映像が流れた。

最も印象に残ったのはこれ。

右から来たものを左へ受け流すの歌。

ムーディ勝山。

不覚にも、腹を抱えて笑ってしまった。

続いて歌ったのは、

19時に始まり21時半に終わる披露宴の歌。

これまた、おもしろかった。

ヒロミ・ゴーの歌が、かすんでしまったほどの存在感だった。

チャラ、チャッ、チャッ、チャラッ、チャー。

というメロディーが頭に残っている。

YouTubeで、ムーディ勝山で検索してみた。

過去のいろいろな映像があった。

・数字の6に数字の5を足したの歌

・上から落ちてくるものをただ単に見ている男の歌

・2日前から後頭部に違和感がある男の歌

などなどあったが、どれもあまりおもしろくなかった。

右から左への歌が一番いいね。

参考までに言っておくと、全部同じメロディー。

ムーディ勝山の今後に注目してみたいところだ。

ケーブルテレビ

 ケーブルテレビを契約しようと思ってます。小田急ケーブルビジョンです。折込広告で「今なら初期費用26,250円が無料」というのを見たのが、きっかけです。よく調べようと思ってWebを見たら、JCOMになるそうです。吸収合併ですかね。業界再編の波が押し寄せているようです。

 月額費用は、3990円です。高いと思うか、安いと思うか、微妙なところです。うちは、あんまりテレビを見ないので、ケーブルテレビなんて、とずっと思ってました。目的は、地上波デジタルです。どんなものなのか、見てみないと始まらないので、一番安全サイドをとって、ケーブルテレビを契約することにしました。今はADSLでネット接続してますが、いずれはケーブルテレビでもいいかなーなんて思ってますし。20Mクラスの速度で安定して接続できるそうです。本当かどうかはわかりませんが。

 薄型テレビを買おうか、なんて話も出ましたが、高いのでやめました。37インチ液晶で、約37万くらいですから、まだまだ高いですね。うちは、今のところ29インチのブラウン管です。まだまだ現役バリバリです。アナログ放送が終了する2011年まで使うかもしれません。そのころには、40インチで20万円くらいになってないかなー、と期待してます。

 インターネットから申し込みをしたのが日曜日で、今日は水曜日です。なんも返答がありません。やる気ないんでしょうか。それとも申し込みが殺到してさばききれていないのか。申し込みに不手際があったか。なんだか気持ちがなえてきました。週末まで待って、また考えようっと。