APC_INDEX_MISMATCH

犯人はトレンドマイクロのウイルスバスターVer11だと思う。
昨日会社のサブマシンを再起動したら、真っ黒画面のまま立ち上がらなくなった。Windows 10のAnniversary Update適用マシン。手がかりが全くなかったので10回くらい再起動を試みるもダメ。別のディスプレイにつなげてもダメでアナログだろうがデジタルだろうがダメ。そこで気づいたのが、スロットに差しているグラフィックがいかれたのかもしれないということ。オンボードのディスプレイポートにつなげたらブルースクリーンが出てくるようになった。問題が出たのでPCを再起動するって画面の繰り返しが行われていて、その画面の中にAPC_INDEX_MISMATCHと書かれていた。
ググったら、トレンドマイクロ お客さまコミュニティにたどり着いた。ちょっと違うのはウイルスバスターCorpを使っていること。でも、最近情シスからバージョンを11に段階的に上げていくというアナウンスがあったのも確かなので、クラウドだけでなくCorpでも出るのではないかと思っている。Corpがやっかいなのは、社内の管理者に連絡しないとウイルスバスターをアンインストールできないってこと。メールは出しておいたけれども、即対応ができなくて今とってももやもやしている。Corpでも出る問題だという裏付けを取りたいところだが、ネットには情報がない。トレンドマイクロに問い合わせしてみるのも手か。。
その他もろもろの情報を総合してみると、Windows 10とウイルスバスター11とHyper-Vの組み合わせでこの問題が出るようだ。おいらの場合グラフィックボードを差しているから、この影響で画面すら出なくなってしまったのだろう。何とかセーフモードで起動できるところまでわかったので、一安心ではある。しかし人騒がせだよな。ウイルスに感染しないために入れているアプリのせいで、マシンが起動しなくなるなんて。。よかったのはこのマシンがサブマシンだったってこと。メインマシンだったなら大変なことになっていた。それだけは救いだ。メインマシンをWindows 10にするのと当面やめておくことにする。

「APC_INDEX_MISMATCH」への1件のフィードバック

  1. その翌日、ウイルスバスターCorpのアンインストールする方法を教えてもらって、アンインストールして、Windows再起動したらこの現象は解消したのだった。なお、セーフモードでウイスルスバスターはアンインストールできないってことで、とんでもなくめんどうな手順を踏んでアンインストールしなければならなかった。その後、またVer11入れたら同じ現象になっちゃうので、11よりも新しいXGというバージョンを入れて今は何の問題もなく動作している。ってことで解決!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です