妻の誕生日を盛大に祝った舞台は恵比寿なり

朝昼の軽い食事で済ませて夜パーティーに向けたの準備は万端だった。予約した時間までは少し早いけど、恵比寿の街をプラプラしようと準備を始めたときに事件はおきた。妻の結婚指輪がない。外出から戻ったら洗面台の定位置に置いているはずなのにそこにない。排水溝、床、洗濯機の中や周辺、ありそうなあらゆるところを探して見つからなかった。見つかった場所は、マンション共用のゴミ置き場のコンビニ袋の中。いやはや危なかった。洗面台にちょいと置いた入浴剤の空を捨てたときに、その下にあった結婚指輪ごとゴミ袋に捨てて、そのままゴミ置き場まで持っていってしまったのだ。結婚24年ずっと身に着けてきた指輪がなくなったら大変なことだった。まぁ、新しいのを買えばいいのかもしれんが、指輪に積み重ねてきた見えない年輪みたいなものを失うところだった。という話は前置きで。。。

恵比寿って街はホントゴージャスだ。駅からガーデンプレースまでの距離があるのは難点だけど、だからこそ全く新しい街をそこに出現させただけあって、ゆったりと優雅で美しい街並みになっている。予約した店は、LAWRY’S THE PRIME RIB Ebisu。1938年から続くアメリカンスタイルのローストビーフだ。ようするにビーフステーキなわけだけど、手間ひまかけた肉をガッツりといただくのはこの上ない喜びを得られる。

アメリカンな料理ってなかなか食えないわけで、我々の新婚旅行がアメリカ西海岸だったこととも重なる。肉はもちろんのこと、サラダでも付け合わせのマッシュドポテトにしてもアメリカンサイズで圧倒される。我々は欧米人のようにガッツリと食えるわけじゃないから、トーキョーカット(4000円)で満足できる。ファーストドリンクにエビスビール、シラーの赤ワインを1本チョイスして、トータル2万ちょいの会計はやや高いかもしれんが、年に一度の妻の誕生日を祝うには当然のコストだ。

恵比寿店に来たのは2回目。前回は2年くらい前にめいの大学入学祝いのランチだった。赤坂店は移転前のところに数回行ったことあるが、移転後のところにはまだ行けていない。今回も赤坂が第一希望だったのだが予約できずに恵比寿でかろうじて予約できた感じ。赤坂店は天井が高くて空間の使い方が抜群にうまかった。単純に金かけていただけかもしれんけど。新しいところがどうかはわからんが、近いうちに行ってみようじゃないか。結婚記念日が最適だな。しかし結婚指輪をなくさないようにしないと、その日をむかえられないw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です