職場で涙を見せる若者たち

まずは自分の体験談から。10年ほど前に父親ががんで亡くなる少し前。入院している医者から告知があるってことで、母親・兄貴・おいらが病院に呼ばれて話を聞いた。余命3か月。母親が付きっ切りで世話をしていて、近くに住む兄貴夫婦がサポートしていて、離れたとこに住むおいらとしても何かしてやらなきゃと、毎週のように病院に顔を見せに行った。そんな事情なんでしばらくのあいだ仕事の優先度は低くなるていう事務的な連絡を上司にした際、父親が死んじゃうのかという悲しみがどっと押し寄せて涙を流した。

卓を囲んでいるときに聞いた話。となりの課の今年入社の新人くんが打ち合わせ中に泣き始めたと。その場にいた人間によると、客観的に泣くような状況ではなく唐突だったとのこと。よっぽど身の丈に合わない仕事を振られて「到底できません」という言葉を飲み込んで悲しくなったのか、理不尽なほどの膨大な仕事量を振られて「なんでこんな目に合わなきゃいけないのか」と周囲への不満がこみあげてきたのか、腹の立つ先輩がいてどうにもくやしくて自分の人生の先行きを悲観したのか。以上、想像上の話。その課にここ3年以内に配属された2名の新人で、こんなようなことが発生していたと聞いて興味深いと思った。

総じて言えることは打たれ弱いってこと。最初から強い人間は少ないから最初は弱くてもいい。弱い人間が強くなるためには、どんどん打たれなければいけない。その打ち合わせの場にいた人間は、そいつがどんだけ泣こうが今後も弱腰にならずに打ってやってほしい。結果逃げ出す権利がそいつにはあるし、打たなければ自分の評価はあがらず周囲および上司から打たれるから。入社25年のおいらだから、いろんな経験をしてきた。理不尽なことを言われてくやしさで涙がにじんだことはある。自分を憐れむのではなく、くやしさをバネにして「次はこうしてやろう!」みたい感情を持って事に当たってほしいね。いずれにしろ、そんなめんどうな人間が近くにいたら困るので、おいらから遠く離れたところで幸せになってほしいと願っておく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.