CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

本・映画・音楽

歴史小説

投稿日:

徳川家康〈1 出生乱離の巻〉

徳川家康〈1 出生乱離の巻〉

  • 作者: 山岡 荘八
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1987/10
  • メディア: 文庫

 一時期、この手の歴史小説にはまっていました。徳川家康は全26巻なので、大長編です。ブックオフで大量に仕入れて、全部読みました。戦国時代の話って、けっこうおもしろいです。山岡荘八という人が書いた本なんですが、このシリーズがたくさんあって、秀吉とか信長とか、ほとんど読みました。

 しかし、全26巻というのは長い道のりでした。全部読めるかなーという不安があったので、躊躇していたのですが、思い切って読んでみたのは正解でした。武士とか町民とか天皇とか、いろんな人の人間模様がおもしろいし、そしてなんといってもおもしろいのは戦(いくさ)です。戦略があって、勝ち負けがあって、のし上がっていって...。出世物語って、なんかひきつけられます。

 その流れで、徳川家光(全4巻)を呼んだのですが。正直言ってつまらなかったです。だって、戦がないんですもの。徳川3代将軍の時代は、天下泰平なわけで、なにやら微妙な駆け引きがあったりはしますが、戦による豪快な決着みたいなものがなくて、だんだん飽きてきました。これをきっかけに、時代小説熱は冷めてしまったのでした。

三国志〈1〉

三国志〈1〉

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1989/04
  • メディア: 文庫

 ちょっと毛色は違いますが、三国志もおもしろいです。中国の戦国ものです。劉備玄徳、関羽、張飛、諸葛孔明、といったヒーローが登場します。悪役は曹操ですかね。血煙をあげて、人を切り殺します。豪快です。

 中国の歴史にちょっと詳しくなったような気がします。魏、呉、蜀、この3つの国が覇権争いを繰り広げます。西暦でいうと200年くらいの話ですから、当時の日本は弥生時代です。土器を作ってたり、邪馬台国で卑弥呼が占いとかしてる時代ですからね。驚きです。機会があったら、吉川 英治以外の三国志を読んでみたいと思ってます。北方 謙三あたりですかね。

-本・映画・音楽
-

執筆者:


  1. 庭園放尿する徳川家康(10歳)

    徳川家康は幼少の頃、今川家で、人質同然の暮らしをしていました。今川義元は長ずるに連れて、だんだん将器を帯びてくる家康に期待していたと言いますが、幼少の頃は、家中の者から半ば厄介者扱いされていました。家康もこれにささやかな抵抗をして意地を見せています。
    ….

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

猿の惑星ジェネシス

よくできた話だった。 なぜ猿が文明を持つに至ったかを、現代的な話でよく説明してくれた。 感動物でもあるし、地味にみえてスゴイ特撮だったと思う。 SUPER8で痛い目にあい、しばらく映画はみなくてよいと …

no image

キャメロンの妻

以前、まあさんが書いたブログで、タイタニックについてのものがありました。 タイタニック アルティメット・エディション 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 発売 …

no image

インタビュー

・インタビューされるのはトムクルーズだとばかり思っていた ・クルクル髪の少女はスパイダーマンのヒロインだった ・アントニオバンデラスはまるで記憶に残っていなかった ・ブラッドピットはいい役者だ 過去の …

昔のマンガが懐かしくてメルカリで真田剣流を買ってみた

真田剣流。白土 三平の忍者モノ。小学生の頃に、親戚の兄ちゃんから譲り受けたマンガ本の中にあって、繰り返し読んだものだ。他に、サスケ、カムイ外伝、忍者武芸帖、シュマリ、エリア88なんてのがあって、おいら …

no image

ブレードランナー

初のBlu-rayディスク購入作品は、ブレードランナーに決定した。 PS3入手以来、当然ゲームのBlu-rayディスクは購入していたが、 映像系としてはこれが記念すべき第1号となる。 ブレードランナー …