CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

本・映画・音楽

歴史小説

投稿日:

徳川家康〈1 出生乱離の巻〉

徳川家康〈1 出生乱離の巻〉

  • 作者: 山岡 荘八
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1987/10
  • メディア: 文庫

 一時期、この手の歴史小説にはまっていました。徳川家康は全26巻なので、大長編です。ブックオフで大量に仕入れて、全部読みました。戦国時代の話って、けっこうおもしろいです。山岡荘八という人が書いた本なんですが、このシリーズがたくさんあって、秀吉とか信長とか、ほとんど読みました。

 しかし、全26巻というのは長い道のりでした。全部読めるかなーという不安があったので、躊躇していたのですが、思い切って読んでみたのは正解でした。武士とか町民とか天皇とか、いろんな人の人間模様がおもしろいし、そしてなんといってもおもしろいのは戦(いくさ)です。戦略があって、勝ち負けがあって、のし上がっていって...。出世物語って、なんかひきつけられます。

 その流れで、徳川家光(全4巻)を呼んだのですが。正直言ってつまらなかったです。だって、戦がないんですもの。徳川3代将軍の時代は、天下泰平なわけで、なにやら微妙な駆け引きがあったりはしますが、戦による豪快な決着みたいなものがなくて、だんだん飽きてきました。これをきっかけに、時代小説熱は冷めてしまったのでした。

三国志〈1〉

三国志〈1〉

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1989/04
  • メディア: 文庫

 ちょっと毛色は違いますが、三国志もおもしろいです。中国の戦国ものです。劉備玄徳、関羽、張飛、諸葛孔明、といったヒーローが登場します。悪役は曹操ですかね。血煙をあげて、人を切り殺します。豪快です。

 中国の歴史にちょっと詳しくなったような気がします。魏、呉、蜀、この3つの国が覇権争いを繰り広げます。西暦でいうと200年くらいの話ですから、当時の日本は弥生時代です。土器を作ってたり、邪馬台国で卑弥呼が占いとかしてる時代ですからね。驚きです。機会があったら、吉川 英治以外の三国志を読んでみたいと思ってます。北方 謙三あたりですかね。

-本・映画・音楽
-

執筆者:


  1. 庭園放尿する徳川家康(10歳)

    徳川家康は幼少の頃、今川家で、人質同然の暮らしをしていました。今川義元は長ずるに連れて、だんだん将器を帯びてくる家康に期待していたと言いますが、幼少の頃は、家中の者から半ば厄介者扱いされていました。家康もこれにささやかな抵抗をして意地を見せています。
    ….

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

楽園で読んだ本

プールサイドで本を読む。 これが当家にいにしえより伝わるバカンスの過ごし方なり。(うそ) ほんとの話、本はよく読んできた。 だいたい1日1冊ペースってとこかな。 ホテルに着いたら、ベッドのところに並べ …

no image

ノナン

 売れっ子作家の一人、乃南アサについて書いてみたいと思います。まず名前が変わってますね。私の場合、人のこと言えた義理じゃありませんけど...。最初のうちは、ノナンと読んでました。妻に何度も指摘されて、 …

no image

蛙男

蛙男 (幻冬舎文庫) 作者: 清水 義範 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2002/04 メディア: 文庫 言いようのない怖い作品だ。 救いのないエンディング。 信じられないことが自分の身に起こ …

no image

宮本武蔵

旅先の空の下、吉川英治による宮本武蔵、全8巻を読了した。 マンガ・バガボンドによる不完全燃焼がきっかけだった。 いやはやおもしろかった。 剣の道に生きる武蔵。 小次郎、吉岡家をはじめとした強敵だけでな …

no image

夕刊

長いこと朝日新聞を購読している。 夕刊をやめてみた。 平日と土曜日の夕方に配達される夕刊に目を通すなんてほとんどなくて、 一度も開かずに積み上げられていくのが耐え難くなってきたのだ。 事前情報として、 …