CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

ソフト開発

PDFアレコレをバージョンアップ

投稿日:

1年ぶりにPDFアレコレをバージョンアップ。変更点は以下の通り。
Ver2.00 2019/10/13
・プレービューからのページ回転に対応。PDFiumのPDF編集能力は低いため、iTextSharpによるPDF編集の第一歩。PDF編集はこれからも機能拡張していくつもり。
・セーブにおいて、開いているファイルに対する上書き保存を可能とした。
・シングルページTIFFへの画像変換に対応した。
詳細はコチラ。

上でも少し触れたように、iTextSharpを組み込んだことが大きい。PDFiumにページを回転できそうなAPIがあったものの、使えないものだったので実装を断念していたのに対して、iTextSharpによるページ回転を実装。PDFのプレビューを見ながらページの回転(半時計回りに90度)できるフリーソフトはあんまないんじゃないかな。これもPDFiumの描画エンジンがあるからこそ。

iTextSharpはVer5.5.13.1を利用。Ver5系のライセンス規約では、ソースコードを公開しなければいけないらしいので、とりあえずiTextSharpの実装部分のみ公開しておく。今後、いい感じに仕上がってきたら、PDFium利用部を含めてPDFアレコレ全体のソースコードを公開する予定。

PDFiumとiTextSharpをつなぐのはテンポラリファイル。つまり、一度ファイルに保存してから行き来するってこと。iTextSharpのPDF編集は定評があるので、さらなる強化を図っていくつもり。また、PDFiumの描画まわりは、任意指定の拡大縮小をやってみたい。今はウインドウサイズに応じて拡大率が変わる仕様なので実用的でないから。

-ソフト開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

テキストファイルの最大行数

【2018/12/24追記】以下の記事も参考になるかな。 扱えるテキストファイルの最大行数は1億行 バカでかいテキストファイルを作る必要があって、結果約2GBにもなった。 CADから出力するんだけど、 …

秀丸マクロ第3弾は「指定した列数、レコード数でCSVファイルを作る」

秀丸マクロがおもしろいという記事を書いて以来、何か要件はないだろうかとさがしていた。 秀丸マクロがおもしろくて練習のため2つのマクロを作ってみた 「指定した列数、レコード数でCSVファイルを作る」なん …

no image

ベクタープロレジ大賞

Vectorがやってる、もっとも人気のあったダウンロードソフトを決める賞です。 Vectorと言えば、フリーウェアやシェアウェアをダウンロードできるところで一番有名なところです。窓の杜というところもあ …

マルチスレッドプログラミング(C++編)

マルチスレッドプログラミング(VB.net編) マルチスレッドプログラミング(C#編) もあるので、ご覧あれ。 5秒以上の時間を要する処理をやらせていると応答なしになってかっこ悪い、なんてことをアラフ …

no image

C#勉強中

Cから入ってC++になり、C#をやることになりました。時代はWebアプリケーションということなので。同じCという文字がついているので、まぁ同じようなもんでしょ、と楽観的観測でいたのですが...。初めて …