CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

ソフト開発

PDFアレコレをバージョンアップ

投稿日:

1年ぶりにPDFアレコレをバージョンアップ。変更点は以下の通り。
Ver2.00 2019/10/13
・プレービューからのページ回転に対応。PDFiumのPDF編集能力は低いため、iTextSharpによるPDF編集の第一歩。PDF編集はこれからも機能拡張していくつもり。
・セーブにおいて、開いているファイルに対する上書き保存を可能とした。
・シングルページTIFFへの画像変換に対応した。
詳細はコチラ。

上でも少し触れたように、iTextSharpを組み込んだことが大きい。PDFiumにページを回転できそうなAPIがあったものの、使えないものだったので実装を断念していたのに対して、iTextSharpによるページ回転を実装。PDFのプレビューを見ながらページの回転(半時計回りに90度)できるフリーソフトはあんまないんじゃないかな。これもPDFiumの描画エンジンがあるからこそ。

iTextSharpはVer5.5.13.1を利用。Ver5系のライセンス規約では、ソースコードを公開しなければいけないらしいので、とりあえずiTextSharpの実装部分のみ公開しておく。今後、いい感じに仕上がってきたら、PDFium利用部を含めてPDFアレコレ全体のソースコードを公開する予定。

PDFiumとiTextSharpをつなぐのはテンポラリファイル。つまり、一度ファイルに保存してから行き来するってこと。iTextSharpのPDF編集は定評があるので、さらなる強化を図っていくつもり。また、PDFiumの描画まわりは、任意指定の拡大縮小をやってみたい。今はウインドウサイズに応じて拡大率が変わる仕様なので実用的でないから。

-ソフト開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

VC2017でWindowsの環境変数を取得する方法

C++のUnicodeプロジェクトにおいて、_wgetenvでWindowsの環境変数が取得できるのはわかる。 こんなソースがあって、ビルドしたらエラーになった。 [crayon-5dcbbcabcc …

no image

ファイル選択でアプリ即死

まずはキーワードを並べる。 ・ファイル選択ダイアログ ・デスクトップ ・ツールチップ ・マウスカーソル ・2回目 ・落ちる(スッといなくなる) ・Adobe Reader 7 ・pdfshell.dl …

no image

UNICODE対応プログラム

開発環境:VC6 プリプロセッサの定義に、UNICODE,_UNICODEを追加。(_MBCSをカット) EXEの場合は、エントリポイントシンボルにwWinMainCRTStartupを記述。 ・ch …

no image

MultiByte と WideChar

文字コードは、やっかいなもの。 以下の2つの関数は、知ってるようでよく知らなかったって話。 MultiByteToWideChar( ) WideCharToMultiByte( ) UNIコードの変 …

no image

コンピュータの日付

痛い目にあった記録。 無料試用期間30日間、そんなソフトを開発している。 動作確認するために、コンピュータの日付を変更する。 日付を数日後に変更して「残り27日です」とちゃんと出るか。 もっと先の日付 …