CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

家のPC環境 コンピュータ全般

Chromeリモートデスクトップがおもしろい!

投稿日:

Windows標準のリモートデスクトップ接続が、Home Editionで使えない(何やらややこしいことをすればできるらしい)ことがわかって、別のリモートツールを使ってみた。それがChromeリモートデスクトップ。Winodwsで使えるブラウザの中では今最も使われているのがChrome、って背景があるので、この手のアプリでは一番信頼おけるんじゃないか。Windows標準のリモートデスクトップと比べると接続するための手続きがメンドウだけど、慣れれば大したことないのか。。。

接続先マシンをA、接続元マシンをBとして、接続する手順を記す。初期セットアップは済んでいることが前提。また、AとBでgoogleアカウントが異なる場合の手順とした。
【Aマシンの準備】
1.Chromeからアプリ画面呼び出し
 URLに入力「chrome://apps」 ※ブックマークに登録しておけばよい
2.アプリ一覧からリモートデスクトップをクリック
 ※そんなのない場合(未セットアップ)は、ここから要セットアップ
 ※クリックした時点でgoogleログイン画面が出るのでログイン実行。
3.リモートサポート開始
 リモートサポート画面から「共有」とすると、アクセスコード(12桁)が出る。
 ※初回はホスト用のインストールが必要
【Bマシンの準備】
5.Chromeからアプリ画面呼び出し
 URLに入力「chrome://apps」 ※ブックマークに登録しておけばよい
6.アプリ一覧からリモートデスクトップをクリック
 ※注意事項は2と同じ。
7.Aマシンに接続
 リモートサポート→アクセスとして、3のアクセスコード(12桁)を入力。
【Aマシンから許可】
8.Bマシンからの接続を許可する
 許可しますか?というメッセージに「共有」ボタン押下
【Bマシンから接続】
9.接続が確立する
 BマシンからAマシンへの接続が確立して、操作が可能になる。

こうやって書き連ねてみるとけっこうな手順だ。Chromeへのログインは毎回行わなければいけない感じだし、12桁のコード入力もタイヘン。でも、この手のシステムはセキュリティのことも考えなければいけないから、手続きがややこしいほうが安全ということになるのだろう。

-家のPC環境, コンピュータ全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

Macの電池

 Macintoshのパソコンには、交換可能な内蔵電池があります。これがよく切れるらしいんです。妻が以前使っていたG4では、1回交換しました。ある日突然、日付が1900年だかになっていて、ビックリした …

no image

肩痛、桜

どうも肩が痛い。 左だけ。 思い当たるふしはある。 睡眠時、左を向いて横向きになっていることが多い。 (実際、寝ているときはどうなっているかわからないが、  眠りに入るまでの姿勢がそうなっていることが …

no image

LHA自己解凍書庫

以前、消えゆくLZHという記事を書いた。 そのことが原因になったと思われるトラブルに遭遇したので、レポートしておく。 あるマシンで、おいらのつくったインストーラが動かないという現象がおきた。 少し調べ …

no image

SSD増設

いまどきHDDもないだろうということで、自前でSSDを購入。 Intel SSD 520シリーズ 180GB。 もうちょっと大きなサイズのものが欲しかったところだが、 ヨドバシで売っていたIntelの …

Excelシートの印刷部数が特殊なもんで、そこにひそむナゾを解いてみたくなった

Excelを印刷したら、1部しかいらないのになぜか2部とか3部も紙が出てきてしまったという経験はないだろうか。おいらはある。なんでだろーと思いつつそのナゾを放置してきたが、今そのあたりについて調べてみ …