CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

家のPC環境 コンピュータ全般

Chromeリモートデスクトップがおもしろい!

投稿日:

Windows標準のリモートデスクトップ接続が、Home Editionで使えない(何やらややこしいことをすればできるらしい)ことがわかって、別のリモートツールを使ってみた。それがChromeリモートデスクトップ。Winodwsで使えるブラウザの中では今最も使われているのがChrome、って背景があるので、この手のアプリでは一番信頼おけるんじゃないか。Windows標準のリモートデスクトップと比べると接続するための手続きがメンドウだけど、慣れれば大したことないのか。。。

接続先マシンをA、接続元マシンをBとして、接続する手順を記す。初期セットアップは済んでいることが前提。また、AとBでgoogleアカウントが異なる場合の手順とした。
【Aマシンの準備】
1.Chromeからアプリ画面呼び出し
 URLに入力「chrome://apps」 ※ブックマークに登録しておけばよい
2.アプリ一覧からリモートデスクトップをクリック
 ※そんなのない場合(未セットアップ)は、ここから要セットアップ
 ※クリックした時点でgoogleログイン画面が出るのでログイン実行。
3.リモートサポート開始
 リモートサポート画面から「共有」とすると、アクセスコード(12桁)が出る。
 ※初回はホスト用のインストールが必要
【Bマシンの準備】
5.Chromeからアプリ画面呼び出し
 URLに入力「chrome://apps」 ※ブックマークに登録しておけばよい
6.アプリ一覧からリモートデスクトップをクリック
 ※注意事項は2と同じ。
7.Aマシンに接続
 リモートサポート→アクセスとして、3のアクセスコード(12桁)を入力。
【Aマシンから許可】
8.Bマシンからの接続を許可する
 許可しますか?というメッセージに「共有」ボタン押下
【Bマシンから接続】
9.接続が確立する
 BマシンからAマシンへの接続が確立して、操作が可能になる。

こうやって書き連ねてみるとけっこうな手順だ。Chromeへのログインは毎回行わなければいけない感じだし、12桁のコード入力もタイヘン。でも、この手のシステムはセキュリティのことも考えなければいけないから、手続きがややこしいほうが安全ということになるのだろう。

-家のPC環境, コンピュータ全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

マシン確保する方法をみんな知らなさすぎる

上司あるいは会社がケチなもんだから、用意されたマシン(PCやサーバー)の量と質に問題があるって話をここでよくしている。もちろん無駄に金を使うのはよくないが、

no image

Excelの共有ブック

Excelファイルをネットワーク上において、複数人で共有することはよくある。 一人が開いていると、他の人は読み取り専用でしか開けない。 仕方ないから、通知ボタンを押してその誰かの編集が終わるのをひたす …

no image

やっぱネットワークカメラも欲しいので買ってみた

PLANEXのスマカメと固定するためのクリップ。 PLANEX ネットワークカメラ(スマカメ) 暗視撮影・マイク内蔵・スマホ/パソコン/テレビ対応 CS-QR20 【クリップのみ】PLANEX スマカ …

no image

USBバスパワー

これは、2.5インチHDDをポータブルなケースに格納したもので、 USB接続で利用できる。 もともと、ノートPCに入っていた内蔵ディスクだったもので、 SSDの512GBに換装した結果、不要となってい …

no image

やっぱSSDが必要だと思って今クローンしている

我が家のPCをWindows 10に変えてから1カ月くらい経過。 HDDにOSを入れるなんて、前世代的な形をあえて選択してみたが、 遅いというか遅く感じるというか、とにかく気持ち悪かった。 約300G …