CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

ソフト開発

PDFium ViewerによるPDFレンダリングがイケてる

投稿日:

PDFが電子ペーパーの絶対的な標準になったなか、PDFをプログラムであつかうのがとても簡単になってきた。ブラウザ戦争の勝者であるGoogle ChromeがPDFレンダリングエンジンに採用しているPDFium(ピーディーエフ・イアム)。ライセンスは修正BSDライセンスなので、企業が商用利用する上でのハードルは低い。ていうか、ハードルなんてないと言ってもいい。

今日は、VisualStudioでPDFium Viewerなる便利な部品を使ってPDFをJpegにするというチョー簡単なプログラムに取り組んでみる。言語はC#だから、おいらにとっては専門外だが、何事もやってみないと始まらないんで。。
1.新しいプロジェクトでWindowsフォームアプリケーションを作成
2.ツール → NuGetパッケージマネージャー → ソリューションのNuGetパッケージ管理
3.参照 でPdfiumViewer を検索して、以下2つをインストール
 PdfiumViewer、PdfiumViewer.Native.x86_64.v8-xfa
4.プロジェクトのプロパティ → ビルドで「32ビットを優先」 のチェックを外す
5.フォームにボタンを配置
6.ボタンのクリックイベントに以下3行を挿入(ファイル名は適宜変更)
 PdfDocument pdfDoc = PdfDocument.Load(“C:\\work\\test.pdf”);
 Image img = pdfDoc.Render(0, 300, 300, false);
 img.Save(“C:\\work\\test.jpg”, ImageFormat.Jpeg);
7.参照を解決するために以下2行を追加
 using PdfiumViewer;
 using System.Drawing.Imaging;
8.ビルドして実行

test.pdfの1ページ目をtest.jpgにすることができたでしょ。なんとまぁ簡単なことか。Renderメソッド引数の意味は以下の通り。
PdfDocument.Reader(int page, float dpiX, float dpiY, bool forPringing);
PDFは複数ページあるわけだから、全ページ分のラスタライズをしてあげましょ。

using PdfiumViewer;
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Drawing.Imaging;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;

namespace PDFiumTest
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }
        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            PdfDocument pdfDoc = PdfDocument.Load("D:\\work\\test.pdf");
            for (int i = 0; i < pdfDoc.PageCount; i++)
            {
                Image img = pdfDoc.Render(i, 300, 300, false);
                string output = string.Format("D:\\work\\test{0}.jpg", i+1);
                img.Save(output, ImageFormat.Jpeg);
            }
        }
    }
}

今回はPDFium ViewerというC#の部品を使ってみたわけだが、PDFium本体はC++の部品らしい。世間的にはドットnetたるC#のほうが使いやすいんだろうけど、おいらとしては使い慣れたC++で組みたい気持ちが強い。いずれそいつを探し出して、いじってみようかなと。

-ソフト開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ソフト不正使用対策

ソフトウェア会社にとって、ソフトの不正使用は深刻な問題です。身近な問題として、現状と今後を考えてみたいと思います。  CADの業界では古くからこの問題に取り組んでいます。CADは比較的高価な価格で販売 …

no image

クラッカー

知人が被害を受けました。以下、知人の経験談です。 便利なソフトを作って一儲けしたい! シェアウェアとして公開して、誰でもダウンロードできるようにすることを考えました。まずは使ってもらわないと、その良さ …

PDFium第2弾はPDFを画像化するWindowsフォームアプリケーションなり

「PDFium ViewerによるPDFレンダリングがイケてる」では、最低限のWindowsフォームアプリケーションを作ったわけだが、その第2弾は普通の人(非プログラマー)でも使えるPDFの画像変換ア …

no image

デバイスコンテキスト

デバイスコンテキストとは何かを調べてみた。 Device Context=装置の状況。直訳すると意味わからん。状況という言葉があいまいで、背景・場面・状況・文脈という意味があるが、やっぱわからないこと …

no image

アプリでzip圧縮と解凍をやりたくてzlibを組み込んでみたんだけど。。

でかいファイルは、圧縮してコンパクトに扱いたくなる。 テキスト形式で定義されているファイルをアプリで読み書きする。 テキストは圧縮すれば1/5くらいになるので、その結果小さくなった ファイルをアプリの …