CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

ソフト開発

電子印鑑のつくり方

投稿日:

PDFアレコレで捺印ができるようにしたわけだけど、PDFアレコレで印鑑を作ることはできない。別途つくったpdfまたはpngをnatsuinフォルダに入れておけば、捺印時にそいつらが指定可能になる。

電子印鑑の要件は透過であること。pdfだったらまずまちがいなく透過されているが、pdf内にフォントが含まれているとファイルサイズが巨大化して、捺印後のpdfも巨大化してしまう弊害がある。一方のpngは画像であって透過機能を持っていて圧縮率も高いのファイルサイズの問題はない一方、作り方がなかなか難しい。という状況なので、以下でどうやったらいい感じの電子印鑑をつくって捺印できるかを書く。

1.Web認印でpdfをつくる
日本の苗字上位1万性が収録されていて、印鑑の書体、サイズ、色が指定できる。Chromeだとアウトプットを得られないのでIEでやるべし。できたpngは、非透過で画像が粗いので使えない。できたpdfは、4MBとファイルが巨大だがキレイにできるので次のステップで利用する。
2.pdfをキャプチャしてpngで保存
1でできたpdfをAcrobat Readerで開いて程よい大きさに拡大する。Shift+Windowsキー+Sで印鑑部分を画面キャプチャする。印鑑に対して少し大きめに範囲指定する。ペイントを起動して貼り付けてpngで保存。この時点では透過されていない。
3.印鑑透過で透過PNGをつくる
下のほうにある「印鑑画像をつくる」で、2でできたpngをファイル選択してアップロード。得られたpngは、透過されていることはもちろん、余白がなくなって色の調整までしてくれている。おいらとしては、ここの技術にとても興味あり。
4.PDFアレコレのフォルダに配置
3でできたpngを、PDFアレコレのnatsuinフォルダにわかりやすいファイル名にした上で配置。
5.PDFアレコレで捺印
ロード、プレビュー、捺印ファイルを指定して捺印ボタンを押せば、マウスカーソルに捺印イメージが付いてくるので、任意の場所をクリックする。

こうやって手順を書いてみるとけっこうタイヘンなことがわかるが、1~4は最初に一回だけやればよいので、実際のところはタイヘンじゃない。5で捺印するときに、pdfを拡大したいという要求は満たせていない。pdf1ページ分をウインドウいっぱいに描画するという仕様なので、ウインドウを最大化して捺印してくれ。マウス中ボタンの操作で、pdfページを拡大縮小移動できるようにするのが近々の課題なり。電子印鑑を自前で作れるようにするのは遠い先の課題なり。

-ソフト開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Hyper-Vのvhdxを圧縮するのはPowerShellでやるんだけど、その自動化手法がおもしろいじゃん(2)

Hyper-Vのvhdxを圧縮するのはPowerShellでやるんだけど、その自動化手法がおもしろいじゃんの続き。以下2点の改修をしたスクリプトを作ってみた。 ・vhdファイルが存在しなければ、エラー …

no image

いたちごっこ2

恐るべしクラッカー。万全と思われた対策も空しく、2回目のクラックが行われたところから話は始まります。 ●2度目のクラック 開発者は、某シリアル系クラックサイトで2度目の衝撃の遭遇しました。クラック結果 …

no image

random

JavaScriptと格闘してみたよ。 テーマはランダム。 10個の画像の中から、任意の3個の画像をWebサイトに表示する、 ってのが要求仕様。 Math.floor(Math.random() * …

no image

IS2008

「InstallShield おまえもか!」 まだ2007年だというのに、ソフト名に来年の年号を使う。 AutoCADがはじめたと思われる悪習。 (Windows Server 2008は、まだBet …

no image

PDFの用紙サイズはポイントで表現されている

PDFの用紙サイズをiTexSharpで取得したら、mmでもinchでもない、 謎の数値が得られたので、調べてみたらポイントという単位だった。 ポイントとは、WordやEXCELで文字の大きさを指定す …