CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

コンピュータ全般

結局のところグラボは要らなくてケーブル買っただけで済んじゃった話

投稿日:

久しぶりにグラボ熱がアガってきたんだけど、結局のところグラボは要らなくてケーブル買っただけで済んじゃった。

DVI-Dのデュアルリンクケーブル1700円を買ってきて、既存のグラボとディスプレイを接続した結果、WQHD(2560×1440)が実現できた。RGBだと2048×1152にしかならなかったのがねぇ。何が悪かったかって、DVIケーブルがシングルリンクだったということ。なお、ヨドバシにてHDMIケーブルが678円で売ってたからついでに購入。4K対応とかかれたHDMIケーブルだからWQHDもいくだろうと思ったが、ハイビジョンの1920×1080までしかいかずにアナログRGBよりも劣るという結果を得た。おそらく4年ほど前のグラボ(GeForce GT 730)のHDMIがハイビジョンより上に対応していないのだろう。

WQHD(2560×1440)の画面の広さはスゴイ。そこにセカンドディスプレイとして、20インチUHGA(1600×1200)をRGBでつなげたわけで、このコラボレーションは半端なかった。Windowsのの設定であるテキスト・アプリの設定(DPI)が100%でも問題なく使える。これが27インチの4K(3840×2160)にもなってしまうと、文字が小さくなりすぎてDPIを150とかにしないと使えないことになり、アプリの画面はそれほど広がらないことになる。4Kだったら32インチが必要になり、値段は7~10万円とかなり高価な買い物になる。

おいらの自宅ディスプレイは24インチの1920×1200で、今は売っていないサイズ。1600×1200よりも大きいものをと思って10万円近く出して買ったわけだが、その後テレビのデジタル放送の流れを受けて、ハイビジョンの1920×1080が激安で出始めて消え去った。だから、24インチの1920×1200は今の世の中ではかなりレアな存在となった。しかし、WQHD(2560×1440)の画面の半端なさを体感してしまったので、近いうちに自宅でも買うことになるだろう。

-コンピュータ全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

Androidデジカメ

ニコンCOOLPIX S800c を購入。 本体が35,800 円で、16GB SDHCカードが5,470円だったから、 トータルで41,270円なり。(ヨドバシ価格なので10%ポイント還元あり) 何 …

新元号「令和」の合字がUnicodeとしては策定されたんだとさ

IMEパッドで表示するとこんな感じ。このブログでも㋿という感じでちゃんと表示できる。 詳細は以下の通り ・日本の新元号「令和」の合字を追加したのが「Unicode 12.1.0」 ・Unicodeの文 …

秀丸エディタでBOX選択開始をキーボード操作で行う方法

秀丸エディタをキーボード操作で行うメリットは、操作が速いってこと。Altキーを押しながらマウスで範囲選択すればBOX選択になるってのは、みんながよく知っていることだと思う。

no image

PCの時刻

PCの時刻はたいへんいい加減だ。 1日に1分や2分平気で遅れる。 Windowsにはインターネット時刻というのがあって、 NTPサーバーから正確な時刻を取得することができる。 しかし、デフォルトのti …

no image

Office2007

やっとOffice2007に移行した。 新しいユーザーインターフェースであるリボンへの恐れから、 どうしても一歩が踏み出せないまま、数年が経ってしまったわけだが、 いつまでも古いバージョンのアプリを使 …