CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

投資

業種別株価動向を調べて発表しろなんて思いつきの指示をされたので、まんざらでもなくちょいと調べてやったぜ

投稿日:

社員持株会の口座に単位株以上の株があれば証券会社の口座に移すことができて、自ら売却することができるってことを知っている人は意外に少ない。毎月ひたすら積み立てて、退職するまで売ることができずに、そのまま円満退職できればよいが在職中に会社が倒産でもしようものなら紙屑(今なら電子ごみ)になってしまう。。というのは思い込み。証券会社の引出し申請を社内の窓口に対して行うことで、自分名義の証券会社の口座に株が移ってくる。めんどうなのはこの後で、株式売買申請書なる誓約書的な紙の書類に記入捺印した上で、社内のエライ人(所属長と総務部長)のハンコをもらって、総務課に提出しなければならない。普通はこの2つの書類を同時に出すことになる。だって、単に証券会社に株を移しただけでは何の意味もないんだから。

という背景において、株式売買申請書を所属長のところに持っていってハンコをもらおうとしたら、週次の課内ミーティングでこの手の話をしてみてよ!ってうれしそうに語られた。いや、課内ミーティングなんて場は不釣り合いなので辞退しますって言ったら、ダイレクトにじゃなくて例えば。。業種別の株価動向みたいに自分達の仕事に関わるように話せばいいんだよ。。だとさ。では、週末の宿題にしておきますって軽く答えて、あと何にもしないつもりだったけれども、この件がいつまでも頭の中に残留していたので、ちょいと調べてみるかって気持ちになって、貴重な週末のプライベートの時間をつぶしてみる気になった。なお、その所属長(上司の上司)は適任ではなく、実際にハンコをもらう必要があるのは役員様で、その日休みだった。つまり、おいらにとっては何の実益もなく、その場の思い付きでくだらん指示を受けちまったということになる。

業種別指数ランキングからわかること。
前年比で好調なのは、精密機械、機械、電気機器で株価が16~27%上がっている。製造業が好調ってこと。不調なのは石油・石炭製品、造船、保険、銀行で30%程度下げている。ピンポイントで見ると自動車がプラス1.05%で建設がマイナス3.59%。CADに関わるものとして、製造と建設が気になるわけだけど、やっぱ製造業(特に機械)が好調というのがよくわかる。CADの機能強化をするならば、建設業向けではなくて製造業向けとすべきだ。とは言え、CADに対して興味を失ったおいらなので、どうでもよい。

もっと重要なのは日経平均が年初来の最高値になっていること。2万3千円代に乗せたのは13か月ぶりのこと。2018年10月に2万4千円代を付けていらいの下げが1年以上続いていた。実体経済がよいとは言えないなかで日経平均が上がっているのはなぜか。アメリカの好景気の影響を受けただけで、日本のなかではバブルだと感じている。13か月前に仕込んでしまった建玉による長いあいだの含み損が解消できそうなことはいいニュース。売り時をいつにするかが重要。下げに転じるであろうことは市場参加者の共通認識だと思われるから、いつまで持ち続けるかのガマンくらべの様相を呈している。年内は株価好調が継続するとも言われているなかなので判断が難しい。おいらは、持って11月末まで、早ければ来週にも下げ始めるんじゃないかと予想する。今持っている国内の株や投資信託の半分くらいを売り切って、下げ切った来年2月くらいに買い戻せればいいんじゃないかと。。

-投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

みずほダイレクト

振込手数料をかけずに銀行間で預金を移動する。 SBI証券の口座を作って、手間暇かけて、やっと実現したわけだが、 基本的なことを忘れていた。 おいらは、みずほダイレクトに加入しているので、 会員特典で他 …

不労所得2018/9/16~22

今週の合計は14,793円で、とても好調。内訳は以下の通り。

no image

NISA2014/9

NISAをはじめてから約9ヵ月。 状況に変化があったので記しておく。 今回の1つ目の成果は株主優待券で、マクドナルド100株保有によるもの。 こんな券が6枚つづりになっている。 金券ショップでの換金価 …

no image

今年のNISAによる投資は絶好調

以下、今年のNISAによる投資状況。投資額約240万円に対して、約25万円の含み益がある状態だから利益率10%超えは素晴らしい。

no image

持株会

親会社の持株会に入ること十数年。 株価の乱高下にいちいち反応しなければならないのに嫌気がさして、 まとまった株数を売却してみた。 その収支についてざっくりと書いてみよう。 支払った金額は、89万円。 …