CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

本・映画・音楽

エリア88完読後の感想

投稿日:

エリア88全13巻を完読して、とてもとても楽しめたのでその感想をつづってみよう。

風間真、津雲涼子、神崎悟の3人が織りなす愛と憎悪の物語。ミッキー、グレッグ、サキなど戦友が次々の死んでいくなか、主人公の真は宿敵の神崎を倒して1人生き残る。だたし、重傷を負ったことで外人部隊に入った以降のすべての記憶を失う。苦しかった時間を忘れ去り、涼子との幸せな時を過ごしていた時間の流れがまた続いていく。最後まで生き残った同僚はキムだけ。少年パイロットで、アフリカのちっぽけな国の第三王子。涼子とシンが帰国するところを空港で見送るキム。あなたの中に、もうぼくはいないのですね、そして共に戦った仲間たちも。。

何かいろいろと思うことはあるんだけど、いざ書こうとすると書けないもんだ。今回、30年ぶりくらいに読んでみて思ったのは、脇役の人間描写が優れていること。後半は特に女性を多く描いている。セラ(敵側の傭兵だったが仲間になる、安田妙子(大和航空の秘書で涼子を脇から支える)、ジュリオラ(神崎の情婦で最後に神崎の子を生む)、ソリア(アスランの王妃で長い冷凍保存から目覚める)。最終版の政治とのからみのところは、壮大な話なのはわかるけど、イマイチ余計だったかな。真が海音寺 八兵衛なる日本の政治や実業界を水面下で仕切る人間の孫だったとか、どうでもいい感じがした。

ここ1週間ばかりは、Twitterをやる時間を削ってマンガを読んでいた。今のおいらは社畜期に入っていて、日々キュウキュウとしているなかで、通勤時間やたばこ休憩のようなつかの間の時間をこのマンガがいやしてくれた。ありがとう、とっても楽しかったよ。エリア88。

-本・映画・音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ノナン

 売れっ子作家の一人、乃南アサについて書いてみたいと思います。まず名前が変わってますね。私の場合、人のこと言えた義理じゃありませんけど...。最初のうちは、ノナンと読んでました。妻に何度も指摘されて、 …

no image

猫伝

DS文学全集にて「我輩は猫である」を完読。 通勤の電車内で、ベッドの中で寝る前に。 液晶パネルを見すぎて目が弱ってくるのもかまわず、 夢中になって読み続けた。 たいへん興味深く読ませてもらった。 読後 …

no image

日本一心

東京ドーム、アリーナ席のほぼ中央(C7ブロック)。 COMPLEX、21年ぶりの復活は、両サイドのステージに 上がっていく吉川、布袋の映像がオーロラビジョンに流れつつ、 会場の大歓声を浴びながら両者が …

no image

蛙男

蛙男 (幻冬舎文庫) 作者: 清水 義範 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2002/04 メディア: 文庫 言いようのない怖い作品だ。 救いのないエンディング。 信じられないことが自分の身に起こ …

ジュラシック・ワールド/炎の王国

コーイチ氏の影響を受けて映画評を書いてみる。