CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

本・映画・音楽

This is it

投稿日:2009年11月3日 更新日:

たった2週間しか上映しない、という戦略に乗せられて、
今日マイケルの映画「This is it」を観てきた。
1年ぶりの映画鑑賞は、DMC以来だった。
館内ポスター
映画チケット
おいらにとっては大して興味のない人物だが、妻やその周囲では、
彼の死により再ブームがやってきているようだ。
世界的スター、マイケル・ジャクソンの突然の死。
最後までとんでもないスキャンダルを巻き起こしたものだ。
そして、期間限定の映画公開。
最後のコンサートのリハーサル映像を映画化したもの。
祭日の昼の時間帯、映画館は7割型埋まっていた。
客の年齢層は高く、20代らしき人はいなかった。
しかし、子連れというのはどこに行ってもいるもので、
ましてや子供には興味ないであろう外国のアーチストの映画では
時間が経つにつれて落ち着かなくなって、親が外に連れ出していた。
妻は終盤、鼻をすすりあげて泣いていた。
今は亡きマイケルが、仲間といっしょに一生懸命コンサートの準備を
している姿に感極まって泣けてきたのだろう。
おいらはというと、まー退屈はせずにそれなりに楽しんで最後まで観た。
スリラーやビートイットあたりの曲はわかるから。
でも、昔から洋楽を聞くことのないおいらなので、基本冷めた感情で
最後まで見終えた。
よく考えたら近頃、洋楽ところか邦楽も聴かなくなったものだ。
自分に合った音楽を聴いて、心を和ませたり、気持ちを高めたり、
そんなことが今のおいらには欠けているのだろうか。
年末に向けて殺伐な雰囲気がただよう近頃の世の中、
妻のお古のiPodでも引っ張り出して、何か聴いてみるのもいいだろう。
ちと考えてみようと思うけど、やっぱめんどくさいか。
映画館にいく道すがら、秋晴れの空の元、雪をかぶった富士山がよく見えた。
すがすがしいですな。
富士山
映画館からエスカレーターで降りたところにラーメン屋発見。
前に一度きたことがある店で、まぁうまい店だ。
ラーメン
ポップコーンをたらふく食べたあとに、特製みそラーメン1000円は、
腹にガッツリときて、満足感を通り越して、ちと気持ち悪くなってしまった。
こんなの食ってたら、そりゃ太るはな。

-本・映画・音楽
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ジュラシック・ワールド/炎の王国

コーイチ氏の影響を受けて映画評を書いてみる。

no image

清水義範おすすめ3作品

久しぶりに清水義範本を読んだのが、定年後に夫婦仲良く暮らすコツだった。現在70歳で、ペースは落としながらも今なお現役の作家。本を読むのが遅いおいらだが、たった2日で読んでしまった。

no image

夕刊

長いこと朝日新聞を購読している。 夕刊をやめてみた。 平日と土曜日の夕方に配達される夕刊に目を通すなんてほとんどなくて、 一度も開かずに積み上げられていくのが耐え難くなってきたのだ。 事前情報として、 …

no image

岩波少年文庫

我が妻特選の10冊。 (宮崎駿が選んだ50冊はこちら。) きっかけは、今話題の「借りぐらしのアリエッティ」だった。 こ、こ、これは...、「床下の小人たち」に違いない。 少女の頃に読んだあの名作。 な …

no image

猫伝

DS文学全集にて「我輩は猫である」を完読。 通勤の電車内で、ベッドの中で寝る前に。 液晶パネルを見すぎて目が弱ってくるのもかまわず、 夢中になって読み続けた。 たいへん興味深く読ませてもらった。 読後 …

PREV
土肥
NEXT
ふぐ