CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

コンピュータ全般

二段階認証のリスクを回避するためにようやく重い腰をあげた

投稿日:

二段階認証するのにGoogle Authenticatorを使っていることは多いと思う。おいらの場合6つの登録において適用していた。仮想通貨取引所で3つ(bitbank、Zaif、coincheck)、他にVALU、Facebook、Amazon。二段階認証を一度設定した上で、スマフォやPCを信頼できるものとして登録しておけば、その後はほとんど意識しなくてよいものだが。。

問題はAuthenticatorというアプリだ。こいつはスマフォのバックアップ機能の対象にならない。つまり、スマフォの機種変更や故障、紛失時のバックアップで復元できないということ。例えば、スマフォを洗濯機で洗ってしまったとしよう。新しい機種を入手して、定期的にバックアップしているiCloudから復元すれば元通り、って思っている人が多いと思うし、おいらもそんなもんだろくらいに考えていた。

二次的ないろんな対策(バックアップコードやセカンド認証)を導入しているところもあるが、各社でいろいろ違うのでよくわからん。決定的対策は一つ。いったん二段階認証をOFFにして、2台のモバイル機器(メインとなるスマフォとセカンドモバイル)で、Authenticatorで同時にQRコードを読ませてやる。一方がなくなったり壊れても、もう一方が生きていれば大丈夫ということ。モバイルとしてスマフォ1台しか持っていない人は使えない手。おいらはiPad miniを持っているから使えた。詳しく知りたい人は以下を参照されたし。
実は知られていない、2段階認証アプリの落とし穴について

おいらのiPhone 7は使いはじめてから1年4か月で、画面のヒビ割れが2か所ある状態。なくしたり、水没させてしまうというリスクも当然あるが、画面がさらに割れて操作不能になるなんてリスクがある。実際にやってみると、そんなにめんどうなことでもなく、6か所の再登録で1時間弱でできたかな。

-コンピュータ全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

IXY

デジカメ購入。 3台目のIXY。 IXY DIGITAL 900IS 今回の決め手は、手ぶれ補正。 前回購入機種(L3)とくらべると、ややコンパクトさに欠けるが、 手ぶれ補正や顔追随(フェイスキャッチ …

no image

続々)SSD

続)SSDの続き。 SATAのSSDをUSB2.0接続したら激遅だったが、SATA接続したら よっぽど速くなるだろうということで終わっていた。 結果を先に記そう。 USB2.0に比べれば激速なわけだが …

no image

電流と電圧

12V2Aという仕様のものに、3.3V1.2Aのものを使ってた。 それが敗因であり、そのために数時間の無駄な時間を費やしてしまった。 ACアダプタの話。 妻の新しいPCを購入して、古いPCからのデータ …

no image

facebook

facebookがおもしろくなってきた。 何がおもしろいって、実名で関係を築くことだ。 このブログでは、匿名性を保ってやってきたわけだが、 それとはまた違うおもしろさがある。 会社、大学、高校で友達を …

no image

PDFのレイヤ情報を取得する方法

PDFにはレイヤというやっかいな構造があって、非表示のレイヤが印刷されてしまったり、表示されてしまったりという問題をここで報告した。