CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

仕事

同期の昇格と今後の仕事の仕方

投稿日:

営業から事務職への早いうちの転身をはかり、着実に成果を重ねて彼は今年昇格した。同期とは言え、いっしょに仕事をしたことがないからよく知らんが、日々の仕事に責任感を持ち上司からのウケがよく、晴れてこの日をむかえたのだろう。おいらよりも1つ上の役職になった。おめでとさんとお祝いの言葉を投げておいたが、くやしい、うらやましい、ねたましいって感情が少し湧き上がってくる。

一方のおいらと言えば、今の役職で10年以上が経過。近くにいる後輩どもにガシガシと追い抜かれていて、そんな状況に慣れてきた。そして、4年連続の降級で来年はいよいよ降格の危機。社内では超マイナーな仕事をしていて、上司との関係は険悪で、今年は自己申告を出して上司の上司からは「やる気ないヤツ」のレッテルを貼られたと風のウワサで聞いた。上司の上司がおいらの上司を気に入っている構図のなかで、おいらが上司を否定的に論じたわけだから、自然とそうなるわけだ。自己申告を出したことには何の後悔もない。黙ったまま、いいように使われるくらいならば、モノをはっきり言って状況を打破しようとした行為。何を変えるって、自分の行動や考え方。周囲の人間が変わらないことはよーく知っている。

むかーしむかーし入社5年目くらい。誰々が主任になったなんて話にとても敏感で、なんであいつが昇格できておいらはできないのかって、もんもんとくやしさを腹にかかえていた。一方で昇格したら、おいらは人より優れているんだって自信を持てた。評価ってヤツは簡単ではない。営業成績、試験の結果、資格の数、業績への貢献、上司や同僚のウケのよさ。そこに明確に違いが出るわけだから、優劣をつけるのは当然。問題は、自己評価と客観的評価が異なっていた場合。自分ではできるつもりなのに、まわりが評価しないってことはザラにある。自己評価なんていい加減なものだから、そこに固執するのはよくない。自己評価を元に周囲へのアピールしてまわりの評価をあげるってことならわかる。受け身じゃいかんということだ。

入社25年超でずっと同じ部署にいて、年々高まる上司への不満にケリをつけるべく自己申告した。自己申告による異動願いは見事に黙殺されている状況。ここでやれるべきことはやりきったという達成感は得た。現状にしがみつくことはもうやめて、自分のいいように仕事をしていく決意。上司のいいように使われるのはまっぴらごめん。自己評価を高めて、自分の評価が高まるところを自分で探す。そのための最低条件は社畜生活をやめること。残業減らして有給いっぱい取ろーっと。

こないだ上司に「できなかった責任取れ」って言われたことが印象に残っている。「責任取って最後まで仕事をやりきる」なんて模範解答があるならば、「責任取って自分らしく仕事をする」がおいらの解答。なお、その場では「後ろ向きな責任の取り方をするつもりはあります」と言った。今度同じ質問をされたら「責任取って辞めます」って言ってしまいそうだが、それもなんか違うような気がしている。ともあれ、今は自分の自由になる時間を多く取って、おもしろいと思うことをやっていきたいぞと。

来週同期会を企画したから昇格した彼を祝ってやろう。そして少しディスってやろうw。同じ時代を生きた仲間と酒を飲むのは楽しいからさ!

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

東大女子

東大女子と飲む機会があった。 と言っても、昔からよく知っている社内の人間である。 偏差値も高いのだろうが、人間関係の機微をよく知っていて、 ここぞというところで目立つことができる。 おいらの一回り下な …

no image

シーズン終了なのでこの1年を振り返ってみる

定時の17時半にチャッと帰宅の途につき、途中で「しうまい弁当」2つを購入して、明るいうちに家についたので、妻が帰ってきてシーズン終了パーティーが開催されるまでのあいだに、この1年を振り返ってみるという …

no image

理容業を営む同級生に会って考えたこと

理容業を営む2名の高校同級生に会ってきたので、ここでレポートしてみよう。今年48歳アラフィフオヤジがんばってるねぇという報告。

アホなプロジェクトでただひたすら流されて辿り着くのはどこなんだろう

会社をあげて取り組んでいるプロジェクトに片足をつっこんで、ひきずりまわされている影響で連日22時までの社畜生活を送っている。

no image

新人

ホモサピエンスつまり我々現代人のことで、10万年前ごろに アフリカで誕生し、6万年ほど前からユーラシア大陸に広がり始めた。 猿人、原人、旧人、新人。 新人は、旧人に比べるとはるかに進歩した技術を持ち. …