CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

仕事

会社は世代交代真っ盛り

投稿日:

おいらの会社の社長が変わったということは最近ココに書いた。67歳だかの社長が顧問として引いて、生え抜きの還暦世代が社長になった。親会社から降りてくるかと思っていたところに内部昇格ということで、まぁそれはそれでおもしろいねぇと思っていた。前社長が一歩引くこともあって、数名の役員が辞めて、50代半ばから後半の部長クラスが役員に昇格。なんて感じで、役員の入れ替えがあったことは、非管理職であるおいらにとっては遠いところでの出来事でどうでもいい話だ。

身近な話ということでは、40~50歳くらいの新管理職が5人くらい誕生したこと。ようするに若手が抜擢されたということで、会社はどんどん変わっていくんだと思い知らされた。おいらはもうすぐ51歳で、出世レースからはとうの昔に脱落していて、社内では超ニッチなCADなんかをやっている奇特な人間と見られている。今の役職になってから12年くらい経っていて、その上に上がるチャンスなど皆無で逆に降格の危機にいるくらい。それは悲しいことである反面、喜ばしいことでもあると達観している。

麻雀仲間でもある大学の同級生が一部上場の電機会社で管理職になったと聞いたのは10年くらい前だったかな。コロナ前の2年ほど前に会ったときには、部長になっていた。あの巨大企業で部長になったのか、一方でおいらは。。そんな打ちひしがれた思いがしたもんだが、まぁそれはそいつの才能と努力のなせる業で、おいらがそいつより優れているなんてことが幻想であることがよーくわかった。

入社3年目だかに最短で主任になった同期に大いに嫉妬した。翌年おいらも主任になって、1年遅れたけどおいらだって仕事できるんだぜと悦に入った。40歳くらいまでは、自分は仕事ができると盲目的に信じていて、そうでない結果や評価が出るとくやしくてしょうがなかった。そんな裏付けのない自信はこの10年のあいだにサッパリ消えた。仕事ができて、競争の中で頭角を現すなんてことが、自分の幸せの価値基準に合わないことがわかったから。単純に、仕事ができない自分に気づいたってことでもある。

会社でツライことがあったときに最近思うこと、それは「テキトーにやればいいや」ってこと。人よりも仕事で成果を出すことで評価を得るのはうれしいもんだけど、コスパが悪い。くやしさをバネにがむしゃらに働いて成果を出せるのは30代半ばくらいまで。フィジカルやメンタルをやられるほどにがんばっちゃうと、取り返しのつかない後遺症を残すことになることがわかった。2年ほど前に病む一歩手間までいって、あやうく踏みとどまったという経験が大きい。

間違って管理職にでもなっていたら、大変なことになっていたと今では思う。人には向き不向きってヤツがあって、抱えきれない仕事を持て余して、社会人として再起不能になっていたかもしれない。そういう意味で今のおいらの立ち位置は、自分らしさを保てるベストな状況だと思える。会社の裏クラブ活動の麻雀部の部長をやっているくらいがちょうどいい。

定年まではあと11年ある。大卒で入社してから勤続28年で、仕事人生の2/3くらいが終わったところ。社内で目立つことなく、ひっそりと会社に残っていてもいいし、ある日突然退職することにして年収300万くらいの心と体にやさしい新たな職場を探してもいい。借金なし共働きの子なし夫婦(DINKS)である我々が都心一等地の港区に住み続けられなくなったら、東京郊外の低家賃のところに引っ越してもいい。夫婦仲良く、豊かな老後を過ごすために、もう少し働いていこう。ささやかな幸せを得ることが我々らしいってことが、もうすぐ51歳という年齢になって気付けたことは喜ばしいことだ。

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

試験

今日は朝から試験に行ってきた。 帰ったのが、3時半くらいだから、ほとんど一日台無し気分だな。 毎年のことだから慣れてるんだけど、ほんと嫌気がさしてくるよ。 技術者として仕事をしている以上、一定の技術力 …

no image

昼メシを誰かと食うという社内営業

20代、30代は、会社で昼メシを食うのは必ずみんなで行くものであり、1人でメシ食うという考えあるいは行動をしてこなかった。そのせいか、

no image

脱会社で人生を豊かに

会社で組織変更があって部署間で人が異動した。そんな中おいらは入社25年で全く部署移動せずにCAD開発というところに居続けている。去年は久しぶりに自己申告して、近いうちに異動したいという要求を出したが完 …

no image

リーマンだからグチの一つも出てくるのでそれを素直にクリアに表現してみる

後ろ向きな人間がごく身近にいて嫌になる1日だった。できない理由を述べるのを好むようで、ちょいと想定外の話をされたらダマればいいと考えているようで、ダマっていれば周りが何とかしてくれると考えていて、現に …

no image

できる男

できる男はひかえめだ。 理想のサラリーマンは妙に目立つ。 やる気マックスマンはテンション落ち気味だ。 身近にいる30代半ば男どもの実態。 44歳のおいらはどうだろうか。 目立たず、走らず、落ち込まず。 …