CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

ソフト開発

Pythonでプロポーショナルフォントかどうかをチェックする

投稿日:

PythonからWin32APIを呼び出すには、ライブラリpywin32を使う必要がある。
けっこうな数のWin32APIを使えるのはいいんだけど、使い方にくせがあってしかもネットに情報がないので、以下で「プロポーショナルフォントかどうかをチェックする方法」を掲載。

import win32gui

# フォントがプロポーショナルかどうか
def IsFontProportional(name):
    stat = False
    hdc = win32gui.GetDC(0)
    lf = win32gui.LOGFONT()
    lf.lfFaceName = name
    lf.lfHeight = lf.lfWidth = 256  # 高さと幅は何でもいい
    hf = win32gui.CreateFontIndirect(lf)
    if (hf == 0):
        return stat
    old = win32gui.SelectObject(hdc, hf)  # 作ったフォントを選択
    tm = win32gui.GetTextMetrics(hdc)
    if (tm["PitchAndFamily"] & 0x01):
        stat = True
    win32gui.SelectObject(hdc, old)  # 元のフォントを選択
    win32gui.ReleaseDC(0, hdc)
    win32gui.DeleteObject(hf)
    return stat

ret1 = IsFontProportional("MS ゴシック")  # 0
ret2 = IsFontProportional("MS Pゴシック")  # 1
ret3 = IsFontProportional("メイリオ")  # 1
ret4 = IsFontProportional("HGPゴシックE")  # 1

-ソフト開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

PDFアレコレがVectorに掲載されたよん

Vectorのカテゴリとしては文書作成⇒PDF。PDFアレコレというフリーソフトが掲載されたよん。

iTextSharpのバージョンとライセンスが難しい

iTextSharpがPDFを作るオープンソースであることはよく知られているが、そのバージョンとライセンスについてくわしく調べようとすると深みにはまる。 バージョンについて。 4系、5系、7系があって …

PDFへのなんちゃって捺印ではつまらんのでデジタル署名とタイムスタンプを付けてみることを検討中

PDFアレコレで捺印できるようにしたのはいいけど、しょせんはなんちゃって捺印。だって、好きな印影が作れてヒョっと捺印できちゃうわけで、なりすましができてしまうから。そんなこと言ったら、アナログな印鑑だ …

zipcopy Ver1.04リリース

zipcopyをリビジョンアップして、Ver1.04とした。 Ver1.02からなので2回リビジョンアップしている。詳細は以下の通り。 Ver1.03 2019/9/26 ・ファイル削除時の例外エラー …

秀丸マクロがおもしろくて練習のため2つのマクロを作ってみた

秀丸マクロは、以下のようにキーボード操作の結果を記録して再生することはやっていた。 Shift+F1:キー操作の記録開始/終了 Shift+F2:キー操作の再生 テキストファイル1行分のテキスト編集操 …