CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

ソフト開発

Pythonでプロポーショナルフォントかどうかをチェックする

投稿日:

PythonからWin32APIを呼び出すには、ライブラリpywin32を使う必要がある。
けっこうな数のWin32APIを使えるのはいいんだけど、使い方にくせがあってしかもネットに情報がないので、以下で「プロポーショナルフォントかどうかをチェックする方法」を掲載。

import win32gui

# フォントがプロポーショナルかどうか
def IsFontProportional(name):
    stat = False
    hdc = win32gui.GetDC(0)
    lf = win32gui.LOGFONT()
    lf.lfFaceName = name
    lf.lfHeight = lf.lfWidth = 256  # 高さと幅は何でもいい
    hf = win32gui.CreateFontIndirect(lf)
    if (hf == 0):
        return stat
    old = win32gui.SelectObject(hdc, hf)  # 作ったフォントを選択
    tm = win32gui.GetTextMetrics(hdc)
    if (tm["PitchAndFamily"] & 0x01):
        stat = True
    win32gui.SelectObject(hdc, old)  # 元のフォントを選択
    win32gui.ReleaseDC(0, hdc)
    win32gui.DeleteObject(hf)
    return stat

ret1 = IsFontProportional("MS ゴシック")  # 0
ret2 = IsFontProportional("MS Pゴシック")  # 1
ret3 = IsFontProportional("メイリオ")  # 1
ret4 = IsFontProportional("HGPゴシックE")  # 1

-ソフト開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

PDFiumでPDFを描画してみたけど、こんなに簡単にできちゃっていいのかよ!

PDFiumで画像化とテキスト抽出が容易にできることは前回まででわかっていたので、今回は描画に取り組んでみた。

秀丸マクロがおもしろくて練習のため2つのマクロを作ってみた

秀丸マクロは、以下のようにキーボード操作の結果を記録して再生することはやっていた。 Shift+F1:キー操作の記録開始/終了 Shift+F2:キー操作の再生 テキストファイル1行分のテキスト編集操 …

no image

WM_TIMER

MFCで時間を扱うための基本的なメッセージ。 プログラムの10年以上やってるけど、今まで必要なかった。 必要性を感じて調べたら、けっこうおもしれぇ。 データ変換に要している時間を、ダイアログボックス内 …

PDFへの捺印をpdfでするだけでなくpng画像でもできるようにしたPDFアレコレを公開

昨日に引き続き今日もPDFアレコレをバージョンアップ。変更点は以下の通り。 Ver2.03 2020/3/22 ・捺印データとしてpng画像に対応した。 ・捺印時にマウスカーソルにプレビューデータを表 …

PDFアレコレはこんなところが落としどころかね

この3連休はPDFiumを使ったサンプルアプリ作成に取り組んでいて、まぁそこそこの感じにできあがったのでここらでいったん完成としておく。