CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

旅行(海外)

シェルフラットシート

投稿日:

約1週間のバリ島旅行があっという間に終わり、
すぐに始まった仕事Weekをようやく乗り切った。
天と地ほど違う生活だったと言える。
週末を迎えて、やっとゆっくりした時間を得ることができ、
バリ島旅行のことを振り返る時間ができた。
これから、今回の旅行に関して小出しに記事にしていきたいと思う。
JAL SHELL FLAT SEAT
ただのビジネスクラスではない。
「SHELLデザインが、包み込まれるような安心感をつくりだし、
心地よい眠りをお約束します。」 by JAL
1年半に渡ってコツコツと貯めた35,000マイルの恩恵だ。
普通だったらスカイラックスシートといって、多少広くて足置きがあるだけの席となる。
今回は幸運なことに、乗る便にイレギュラーな形で機種変更があり、
シェルフラットシートが割り当てられたのだった。
以下の写真を見比べれば、一目瞭然だ。
シェルフラットシート スカイラックスシート
身長180cmの人間がフルフラット状態にしたイメージ。(by JAL)
シェルフラットシート+人
後方の人に一切迷惑かけることない。
自分の足は、前方の席の下部にスッポリと入る。(自分で撮影)
足のスペース
いやはや快適だった。
夕方4時ちょい前発で、現地に10時くらいに着く便なので、
とくに眠いわけではなかったが、2時間ほど爆睡したのだった。
シャンパンが当たり前のように出てくるし、
ビールを頼めばエビスが出てくる。
食事は牛フィレステーキ。
ビジネスクラスの食事
一度これを体験してしまうと、エコノミーの窮屈さには耐えられない。
と言っていられない事情が我々にはあった。
帰りの便まで、ビジネスアップグレードできるほど、マイルを持っていなかったのだ。
また、その分の料金を支払う、心の余裕と経済力がなかったのだ。
現地を夜12時に出て、成田に朝8時くらいに着。
エコノミークラス症候群になりそうな狭い席で、まったく眠ることができなかった。
行きと帰りの時間帯を考えると一般的には、帰りこそビジネスクラスで
ゆっくり眠るべきと考えるかもしれない。
我々は、ただ眠るためだけにビジネスクラスを使ってしまっては
もったいないと考えた。
寝て起きたら機内の時間が短く感じられて、優雅さを味わうどころではない。
起きいてこそ贅沢を味わえて、眠くなったら眠ればいいわけだ。
我々のチョイスは絶対的に正解だった。
なぜなら、帰りの便のビジネスクラスはスカイラックスシートだったので、
もし帰りにビジネスを選んでいれば、シェルフラットを経験できなかったのだ。
よかったよかった。
来年もどこかしらのリゾートに行く。
我が家のマイル取得作戦は、すでに始まっている。
これまではノーマルなJALカードを利用していたが、
JAL CLUB-Aゴールドカードに切り替え済みだ。
他に数枚持っていたクレジットカードを整理して、
普段使うカードを一本化した。
公共料金を含めてクレジットカードで支払えるものは、
すべて手続きをおこなった。
さすが最高峰のカードだけあり、マイルの溜まり具合が違う。
今回の旅行のマイルを加ると、すでに45,000マイルを突破している。
往復ビジネスアップグレードが視野に入ってきた。
常時シェルフラットが運行している、バンコク線が狙い目だろうか。
厳しい経済環境のなか、会社の歯車としてセコセコ働いた先に、
こんな楽しみがあるなら、つらいことも乗り越えられると確信できる。
また1年間、がんばろーっと。

-旅行(海外)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

バリ島にて

イタリアンな昼飯と、空港で買ったラム酒をミニバーで冷えた炭酸で割って飲み、 デザートのストロベリーバニラのアイスクリームと、バリコピを飲み終えた。 もう4日目だ。 部屋の無線LANはどうにも調子悪く、 …

no image

アジアンビーチ

妻のブログにあるように、今年の旅の予定が決まった。 結婚以来、毎年行っていた海外旅行が去年途絶えた。 仕方ない事情があったものの、いやはや去年は味気ない1年だった。 年に一度の楽園へのいざない。 思い …

台湾で撮った写真をひたすらアップしておく

以下、台湾旅行で撮った写真41枚。ここの説明はめんどうなので省く。 ざっと書くと、羽田のラウンジ、ビジネスクラスでの食事、松山空港、ホテルがある善道寺駅、ヒゲのルーローハン屋、フーハン・ドゥジャン(豆 …

no image

ホテルGMとの会食 in バリ

カユマニスというホテルに滞在するようになって8年目にもなると、ホテルのGMから会食の誘いなんてのが来るようになる。今回で3回目。GMはバリ出身のインドネシア人で40歳くらい。我々よりも下の世代で立派な …

no image

準備OK

今日から休み。 明日から旅行。 人々が夏休みを満喫しているときに、 アセアセと働き、やりきって、昨日終わった。 旅に出るので、しばらくブログは書けないから、 最後に1本書いておく。 今日の夕方、車にト …