CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

本・映画・音楽

宮本武蔵

投稿日:

旅先の空の下、吉川英治による宮本武蔵、全8巻を読了した。
マンガ・バガボンドによる不完全燃焼がきっかけだった。
いやはやおもしろかった。
剣の道に生きる武蔵。
小次郎、吉岡家をはじめとした強敵だけでなく、
お通、朱美、城太郎、伊織といった女、子供を
中心に据えているあたり、大衆受けするポイントとなっている。
また、徳川将軍家、豊臣家、柳生家、細川家など、戦国後期の
混乱を描いているあたりも興味深い。
お杉婆の執念は、すさまじかった。
武蔵とお通にたいする飽くなき憎しみ。
よかれと思って行動することが、ことごどく裏目に出て、
憎しみを倍増させる。
最後の最後に、お通の気持ちが届き、誤解が解ける。
そして、お杉の息子、又八。
だらしなくて、女たらしで、見栄っ張り。
武蔵に強烈なライバル心を持つも、何もできない男。
人をだまし、だまされ、生きていく。
最後の最後に改心して、朱美といっしょにけなげに生きていく。
お通の恋はどうなるのだろうか。
はかない美しさを持つお通には、誰しも感情移入する。
武蔵もお通への愛情を持っているが、剣の道に生きることを
優先した結果、お通との接点は非常に少ない。
少ないだけに密度の高い関係性を築く。
小次郎との決戦に向かう前、武蔵とお通のやりとりがある。
「最後に私を妻と呼んでください。」
「我が女房よ。」と武蔵はお通に声掛ける。
恋は実ったと言えるだろう。
武蔵は小次郎に打ち勝つも、物語ではその後の武蔵とお通のことに
関して触れられることはない。
剣の道に生きながらも、二人が幸せに暮らしたと信じる。
さて、今日は金曜日。
旅も終盤を迎え、明日の夜には帰国する。
今日が終日を過ごせる最後の1日となる。
帰った後の仕事のことなど一切考えずに、時を過ごそうと思う。

-本・映画・音楽
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ディープブルー・ライジングがB級映画の極みなもんだから一言いいたくなった

ディープブルーというサメのA級映画があったが、その続きだと思わせるところがスタート。

no image

エリア88(エリパチ)について語ってみよう

Facebookで岐阜かがみはら航空宇宙博物館に行って戦闘機を見てきたって記事を見かけて、そのコメントにエリア88が好きだったと書かれていて昔を思い出した。

no image

あなたの隣に誰かいる

あなたの隣に誰かいる ディレクターズカット DVD-BOX 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント 発売日: 2004/05/21 メディア: DVD 2003年、フジテレビで放映された連 …

昔のマンガが懐かしくてメルカリで真田剣流を買ってみた

真田剣流。白土 三平の忍者モノ。小学生の頃に、親戚の兄ちゃんから譲り受けたマンガ本の中にあって、繰り返し読んだものだ。他に、サスケ、カムイ外伝、忍者武芸帖、シュマリ、エリア88なんてのがあって、おいら …

no image

ガガ

レディー・ガガを知らない人は、これを見てほしい。 ビヨンセとの共演で話題を呼んだtelephoneのPV。 マイケル・ジャクソン漬けの日々に、ふと現れた音がガガで、 聞けば聞くほど聞きたくなり、いつも …