CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

DWG

ワイプアウト

投稿日:

ワイプアウトなんて言葉は、日本語ではなじみがない。
拭き取る、一掃するという意味で、サーフィンにおいては波に煽られて
ひっくり返ることらしい。
AutoCADのワイプアウト(WIPEOUT)の話題。
領域を隠す図形である。
昔はAutoCAD標準の機能ではなく、Expressツールを別に入れないと
使えないものだったが、今では標準で使うことができる。
閉じた連続線によって構成されていて、その領域の下にある図形を隠す。
輪郭図形は線だけで、円弧や曲線では表現できない。
下にあるっていうのがミソで、上にある場合は図形を隠さない。
上か下かは表示順序によって制御される。
データ構造的な話。
DXFリファレンスでは、10,20,30が挿入点で、11,21,31と12,22,32ベクトル点と
書かれているが、これらは無視してよい。
重要なのは、91のクリップ境界の頂点数と14,24の頂点座標である。
この頂点座標だけでワイプアウトは表現できる。
どうして意味のない座標があるかというと、ワイプアウトが
画像イメージの派生エンティティだからだ。
領域の中に画像を描くか、何も描かないかの違いだから、
いっしょくたにしたようだ。
画像とワイプアウトが似たもの同士というわけだが、違和感を感じる。
前述の挿入点とベクトル点だけでなく、画像固有と考えられる明るさ・
コントラスト・フェードなんて情報がワイプアウトで使えたところで
何の意味もない。
ワイプアウトは、シンプルに座標列があるだけでいいんだから、
独立した図形としたほうがよかったのではないだろうか。

-DWG
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

DWGdirect 2.0.3

このバージョンをもって、ようやく正式版となった。 2007形式のDXF、DWGで苦しんでいる人には朗報だろう。 ていうか、苦しんでいるユーザーを持つCADメーカーにとっての朗報か。 今のところ、200 …

no image

超ニッチだけどTeighaが使えるってことが広まってきたか

おいらのCAD人生においてTeighaは重要な位置づけであり、 今後しばらくはミニバブルが来たような状態になるのではないかと、 期待も含めて予想している。 まず、Teigha=ティーガだということを知 …

no image

DWGdirect 2.5.2

2008/3/19、DWGdirect 2.5.2がリリース。 リリースノート(英語) 新しいクラスや関数には目新しいものはない。 一方、90項目のバグフィックスが行われている。 これだけのバグが内在 …

no image

DWG TrueView

 フリーのDWGビューアです。もちろんDXFも見れます。印刷もできます。いつの間にかAutodeskからリリースされてました。  ここ最近はDWGのビューアを有料にしてたのですけど、ここへきて方針変更 …

Teigha改めODAでDWGをDXFに変換するプログラムをつくってみよう!【Part.1】

Teigha改めODA(Open Design Alliance)は有料のライブラリー。商用利用するならば、最低でも年間1500ドル(初年度2000ドル)を要する。この場合、配布本数が100本に限られ …