CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

仕事

スピーチ

投稿日:

80人からの人間の前で話さなければいけなかった。
少し前にふざけて書いた「CADの歴史」では話にならんので、
かなりまじめに書いたつもりだ。
某CADと書いたところは、実際の製品名としてしゃべったわけだが、
ここに書くのは支障があるので伏せておくことにする。
他に固有名詞として支障があるところもあるので伏せておいた。
--------------------------
某CADについてお話しします。
平成?年バージョン1がリリースしてから?年が経つ歴史の長いソフトです。
日本で始めてWindowsに対応したCADとしても有名です。
今日は、3つのテーマで某CADの歴史を紹介します。
一つ目は98です。
NEC製のコンピュータのことで、私が入社した平成?年あたりに一世を風靡していて、
パソコンと言えばPC98を指していたくらいです。
ただ、CADの場合高い性能を持ったPCが必要だった関係で、H98つまりHyper98
というやや高価なPCといっしょに売っていました。
98の時代は長く続き、DOS/Vが出てきて消えて行きました。
他にNEC製ではEWS4800やEXPRESS5800もあり、某CADUNIX版もありましたが、
やはり消えて行きました。
二つ目は中国語版です。
台湾に?という現地法人ができて、私もはじめての海外出張を経験しました。
CADの販売と保守を主業務とした業態で、オリジナルCADである某CADの
中国語版作成が行われたのです。
今でこそUnicodeという便利な文字コードがあって、多言語対応が容易に
なってますが、当時の技術ではなかなか苦労したということです。
結果1本売れましたがそれっきりという残念な結果でしたが、その後の
?の上海進出の何らかの役に立ったのではないかと思っています。
三つ目は3次元CADです。
フランスに?という?で有名なCADメーカーがあり、そこの?という製品との
連携機能を仕立てあげてセット販売しました。
結果思うような成果はあがらないまま?は廃版になりましたが、その後
ミッドレンジ最強と言われれる3次元CADのSolidworksとの連携につなげ、
某CADの販売向上に寄与できたのです。
また、AutoCADとのデータ変換率向上や建設CALS対応など外部データ交換
へのアクションにもつながったと思います。
現在、某CADの保守ユーザー数は、?社?ライセンスあります。
この数字を維持して、?年後のリリース30周年を迎えたいと願っています。
某CAD、どうぞお見知りおきください。
--------------------------
結果、6~7割程度しかしゃべれなかった。
朝礼でしゃべる関係上、まずは「おはようございます」と言うわけだが、
いきなりドモってしまった。
笑いというかざわめきが返ってきたのに気付いたのは、自分の名前を
しゃべっている途中で、これが最初のつまずきだったと思う。
最初に話すことは頭に叩き込んでいたから、すんなりと話しはじめたが、
聴衆の反応は無反応で、なんだかつまらないしゃべりをしているという
思いになり早口になり、しゃべればしゃべるほど体が震えてきて、
あっという間に話しを終えたように感じた。
間をとるとか、聴衆の反応をよくみるとかなんて余裕は全くなく、
体の震えを隠すことでせいいっぱいだった。
その後しばらくは、胸の高鳴りが止まらずに息苦しかったくらいだ。
人前でしゃべるってのは大変なことだと痛感した。
いい経験ができたと考えて、次に生かしていきたいぞ。

-仕事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

脱会社で人生を豊かに

会社で組織変更があって部署間で人が異動した。そんな中おいらは入社25年で全く部署移動せずにCAD開発というところに居続けている。去年は久しぶりに自己申告して、近いうちに異動したいという要求を出したが完 …

金曜夜22時から始まる飲み会に参加したハナシ

前提としておいらの会社は社畜が多く、アホみたいに働いて成果を出すのが常態化している。でもそうやって成果を出せる人間は限られていて、多数の人間はダメ扱いを受けて消えていく。

no image

花束

送別会にて花束を贈った。 送別会の会場となった飲み屋の近くにある花屋を探して、 当日の昼休みに実際に足を運んだ。 花屋に行くという行動は非日常的なので、少し緊張していた。 「3000円で花束を作ってく …

no image

原稿依頼

生まれて初めて原稿依頼を受けた。 母校の高校の後援会だよりに、学園生活の思い出を書いてくれないかって、 同窓会に何度かお呼びしている元担任の先生から話をもらったのだ。 300~400字と大して長くない …

no image

休日出社

今日で3日目、誰もいない環境にも慣れてきました。誰もいなくても、8時40分に鐘が鳴ります。今鳴りました。 身の回りの整理整頓をしました。課共有スペースの整理もしました。休み中にやろうと思っていたことも …