CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

AutoCAD

AutoCADは永久ライセンスをもうやめるってさ

投稿日:

CADの世界に長くいるけど、AutoCADの永久ライセンスがもうなくなるって
ことを聞いて、ちょっとおどろいている。
Autodesk 永久ライセンスの変更
サブスクリプション(レンタル)はずいぶん昔からあった。
並列的にずっと使えるライセンスを販売してきた。
2016年2月から、永久ライセンスの販売をやめて、
サブスクリプションでしか販売しなくなる。
それまでに購入した永久ライセンスはその後もずっと使える。
サブスクリプションで選択できる期間は、1ヵ月・3ヵ月・12ヵ月。
いずれ、2年や3年という期間も選択できるようにする。
バカ高いSuite 製品は永久ライセンスの販売を続ける。
Adobe社はCSシリーズをCCシリーズに移行した。
(Creative Suite→Creative Cloud)
2013年5月のことだったので、もうすぐ2年経つ。
永久ライセンスから期間ライセンスへの完全移行だった。
聞くところによると、Adobe社のこの試みは成功したようだ。
おいらはCS6までは買ったが、CCを買う予定はない。
毎月費用がかかり続けるっていう料金体系は、何だか気分が悪い。
毎日のように使うソフトであればともかく、週に1、2回程度使うもの
なのに対して、費用がひたすら累積していくってところがちょっとね。
初期費用がガッツリかかることにはあまり抵抗がなく、
じわじわと費用が積もり積もっていくのが嫌なのだ。
きっとAutodesk社の試みも成功するだろう。
何をもって成功かって、Autodesk社の売り上げ・利益が増えるってこと。
ただ、AutoCADの日本におけるシェアは下がると予想する。
DWG互換CADや日本製CADに移行するユーザーはけっこういるはず。
でもね、金にならないユーザーが離れていったところで、Autodeskさんに
とっては痛くもかゆくもないんだよ、きっと。
そんななか、国産CADメーカーはこれをチャンスととらえるだろう。

-AutoCAD
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

IntelliCAD

 AutoCADをそっくりの廉価版CADです。何がすごいって、安いんです。一番安い製品で、¥31,500也。AutoCAD LTが12万なんぼなので、激安です。  今はマイクロソフトに吸収されたVis …

no image

今年のAutoCADのサブスクリプションがヤバい

AutoCADにはRegular版があって、ちょいと高い業種系製品であるMechanicalやArchitectureなんてのがあったわけだが、3月末に出たAutoCAD 2019のサブスクリプション …

no image

AutoCAD2016リリース日予測

例年、3月くらいにAutoCADはリリースされる。 今年はいつ出るのだろうかと思い、過去5年間のリリース日を 調べてみた。 2011:2010/03/19(金)→第3金曜日 2012:2011/03/ …

no image

AutoCADのサブス

AutoCAD 2016の記事が妙にアクセス数増加中なので、この流れに乗って AutoCADの記事を書いてみる。 オートデスク社は、サブスクリプション販売に舵を切った。 元々、けっこう高いソフトの売り …

no image

ACM

 AutoCAD Mechanical のことをACMと呼んだりします。機械系の図面を書くのに優れているAutoCADです。他のAutoCADシリーズではADTなんてのがあります。Autodesk A …