CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

雑感

算数の問題

投稿日:

4つの整数があり、うち2つの値の和の最大が187で最小が137。
差の最大が40で最小が10である。4つの整数は何か?
関係性を表にするとこんな感じ。
   最大 最小
 和 187 137
 差 40  10
大きい値から順にA、B、C、Dとすると、以下が容易にわかる。
A+B=187
C+D=137
A-D=40
差の最小である10はどうか。
最小なんだから隣り合う値の引き算である以下3つが該当する。
A-B=10 ⇒A+Bが187と奇数なのに、差が偶数になることはない。
B-C=10
C-D=10 ⇒C+Dが137と奇数なのに、差が偶数になることはない。
よって、
B-C=10で決定。
A+B=187、C+D=137から、
A+B+C+D=324
平均値は、(A+B+C+D)/4=81
A-D=40なので、
A=81+20=101
D=81-20=61
A+B=187なので、
B=187-A=187-101=86
C+D=137なので、
C=137-D=137-61=76
B-C=10の条件に合うか?
86-76=10で合った。
まとめると、以下の通り。
A=101
B=86
C=76
D=61
しっくりと来ないのは、平均値から最大差の40を2で割った20を
足したものをAとし、引いたものをDとしたところ。
絶対的な計算ではなくて、一つの例を示しただけ。
40の差とするために10足して30引いてもいいのだから。
A~Dの値の正解は間違いないのだが、偶然導き出した正解だ。
算数は考え方が重要なので、部分点しかもらえない。
はて、どうやって正解を導き出せばよいのか。。。

-雑感

執筆者:


  1. job より:

    たまたま通りかかったので。
    見えている条件でDの等式を作り
    見えていない条件でDの範囲を絞るのが良いと思います。
    A+B=187
    C+D=137
    A-D=40
    から
    A = D + 40          ①
    B = C + 10 = 147 – D  ②
    C = 137 – D          ③
    最少の差が10なので、BとC以外は11以上の差があります
    (ここがポイントか?)
    よって
    B + 11 ≦ A
    D + 11 ≦ C
    つまり
    147 – D + 11 ≦ D + 40
    ⇒ 118 ≦ 2D
    ⇒ 59 ≦ D
    D + 11 ≦ 137 – D
    ⇒ 2D ≦ 126
    ⇒ D ≦ 63
    なので 59 ≦ D ≦ 63
    この範囲のDは全て条件を満たします。
    (①,②,③式からA,B,Cを実際に計算してみると全て条件を満たしていることを確認できます。)

  2. CAD日記 より:

    コメントありがとうございます。
    Dの範囲を絞るという考え方、よく理解できました。
    この問題は中学生の数学だったと記憶しています。
    昔数学が得意だった私ですが、最近は記憶力も思考力も低下してきてとても残念ですが、こうやって訓練して昔の栄光を思い出してみるのもいいですね。年をとるのはいやなもんです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

caddiary

CAD日記の別サイトを構築。 https://caddiary.com/ 作っただけで満足してしまう可能性もあり。。。

no image

アルバイト経験

昨晩寝る前につらつらと思い出したこと。 過去に経験したアルバイトについて。 ・マクドナルド  はじめてのアルバイトで、高校1年のときだった。  親の知人の紹介で16歳でもできるということでやってみたも …

no image

靴はおしゃれの基本だ。 おしゃれは足元から、何て言われているくらい。 いい靴を履いて、生活に張りを与えてみようということ。 ドクターマーチン ORIGINALE EMILIO SLIP ON SHOE …

軽トラハウスで日本一周したい若者を応援している

『何度でも生き方は選べる!』を伝えるために、軽トラハウスで日本一周したい!っていう若者がいるから応援した。

no image

2018/5/13にあったことを書き記すだけ

朝6時40分に目覚ましをかけて起床。昨晩の酒が若干残っていたのもあるが、年に一度の会社のアホくさい試験があるから気分が暗い。9時から始まって昼休憩をはさんで15時に解放される。