CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

ソフト開発

WinMergeのフィルタ

投稿日:2017年4月8日 更新日:

【2018/11/24追記】
この書きっぷりではあまりにもわかりずらいので、整理して追加情報を加えて新たな記事とした。
WinMegeのフィルタについて今すぐ知りたいならココを読め

プログラマにとってファイル比較は必須な作業だ。昔DFっていうとてもシンプルなファイル比較を使っていて重宝したもんだが、64bitOSで使えなくて更新もされないものだから世界的に使われているWinMergeを使いだした。ところがこいつがいろいろとよくわからないことがあって、そのうち調べようと思いつつなかなか使いこなせないでいた。直感的にわかるところだけでは幅が広がらないので、少し時間を使って調べてみたのだ。
特定の拡張子を除いて比較するにはどうしたらよいか?
初期状態ではWinMergeのフィルタの入力欄は「*.*」となっていて、あらゆるファイルを比較することになっている。「*.cpp;*.h」と入力すれば、限定した拡張子での比較ができることはわかった。逆に除くにはどうしたらよいかってこと。ファイルフィルタを使うしかなさそう。「選択…」ボタンを押して、既存のフィルタまたは自分で作ったフィルタを選ぶ。そうすると、フィルタ欄に[F]で始まるものがセットされる 。
特定の拡張子というのがVisual Source Safeの管理ファイルならば、既存フィルタの「Exlude Source Control」を選べばよい。そのフィルタ内には以下の記述がある。
f: \.(vs[sp])?scc$ ## Visual SourceSafe files
sccまたはvsssccまたはvspsccで終わるファイルという意味で、正規表現のなかなか難解な表現だ。
また、プログラム言語固有の余計なファイルも除外したい場合がある。C++だったら、Visual C++ looseを選べばよい。VSSのファイルも除きたければフィルタの編集で、Visual C++ looseに対して上記の1行を追加すればよい。フィルタファイルの詳細は以下のサイトが参考になった。
WinMerge のファイルフィルタ

-ソフト開発
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ファイル選択でアプリ即死

まずはキーワードを並べる。 ・ファイル選択ダイアログ ・デスクトップ ・ツールチップ ・マウスカーソル ・2回目 ・落ちる(スッといなくなる) ・Adobe Reader 7 ・pdfshell.dl …

no image

x64

Windowsの64ビット動作って、まだまだ先ですかね、という話をしてみます。  コンピュータが16ビットだった時代、私はこの業界に入りました。正確に言うと、CPUは32ビットになっていたが、その上で …

no image

iTextSharpによるPDFファイルのページ分割

iTextSharpはフリーのPDF関連コンポーネントであり、いろんなことができるのは 知っていた。 ドットNET、つまりC#かVB使いであれば、けっこう簡単にPDFを操ることができるの だが、あいに …

PDFアレコレVer1系は1.02で打ち止めとするにあたって最後の強化をした

iTextSharp7を組み込んでVer2にしようというプランに移行するにあたって、心残りだったところをVer1.02として強化しておいた。

no image

環境変数TEMPトラブルについて振り返る

プログラムから環境変数TEMPで指定されたフォルダにファイルが作れないことがわかった時点で、この問題は解決したも同じだった。TEMPの値を「%USERPROFILE%\AppData\Local\Te …