CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

ソフト開発

PDFアレコレで捺印時の印影サイズを変更できるようにした

投稿日:

PDFアレコレをバージョンアップ。約4か月ぶり。
Ver3.04 2021/2/14
・捺印時の印影サイズを指定できるようにした。指定できるサイズは6mm, 9mm, 10.5mm, 12mm, 13.5mmの5種類。ただし、png指定時のみで、pdf指定時はpdfのサイズに準拠する。
詳細はコチラ。

以前は12mm固定としていたんだけど、それじゃーちょっと大きいよねって話が身近な人間からあったもんだから、じゃー変更できるようにするのもオツだよねってことで対応。在宅勤務時にも容易にPDFに捺印できるようにと、周囲にPDFアレコレで広めてみたなかで唯一反応があったのが「印影大きすぎじゃね」ってもの。

20人くらいの組織の中で反応がそれだけってのはさびしいやね。ひっそりとツールを差し替えておいて、少しだけアナウンスしてみようかな。まぁ、しょせんはデスクトップアプリであって、Webアプリ全盛の今にあってはなかなか使ってくれないのかしら。

-ソフト開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

TEMPフォルダ書き込みエラーが頻発したのはなぜだろう

「環境変数TEMPトラブルについて振り返る」という記事に書いた出来事は1か月ほど前に起きたことでありWindows Serverでもあったから、レアな事象としてとらえていたが、一昨日の金曜日に起きたこ …

若いもんにC++を教えてやって、これまでやってきたことが少しでも伝わってくれればと願う夜

ファイルをセレクトするというC++で作ったActiveXのDLLのデバッグができないかと彼がおいらのところに来た時点で、そいつはなかなかチカラがあるなと感じた。

マルチスレッドプログラミング(C#編)

マルチスレッドプログラミング(C++編) マルチスレッドプログラミング(VB.net編) に続く第三弾はC#編。

PDFアレコレはこんなところが落としどころかね

この3連休はPDFiumを使ったサンプルアプリ作成に取り組んでいて、まぁそこそこの感じにできあがったのでここらでいったん完成としておく。

扱えるテキストファイルの最大行数は1億行

扱えるテキストファイルの行数の限界が1億行なのが秀丸エディター。その他⇒動作環境⇒環境にて、編集可能な最大行数が10万行~1億行で設定できる(32bitの場合は1000万行まで)。1億行のテキストファ …