CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

ソフト開発

PDFアレコレVer1.01リリース

投稿日:

趣味のプログラムってホント楽しくて、平日の夜中だってのに眠りを忘れて取り組んでしまった。
変更点は以下の通り。
Ver1.01 2018/10/2
・セーブ機能追加。何も編集できないから今のところ意味なし。
 プロパティの変更ができるかと思ってセーブを実装したがあてが外れた。
 ページの削除や回転ができるようになればセーブの意味も出てくるだろう。
・画像変換の解像度、画像形式などの設定を保持して、次回起動時に読み込むようにした。
・プレビューウインドウの位置とサイズを保持して、次回起動時に読み込むようにした。

PDFアレコレの固定ページにて公開中。

今回おもしろいなと思ったのは、ウインドウ位置とサイズの記憶と復元。
【ワレコのC#】Formアプリ 前回終了時 ウインドウ位置・サイズを記憶復元
DestroyWindowでWindowレクトを保存してInitInstanceでMoveWindowするなんてC++的な発想とは全く違うアプローチで驚いた。他の設定をレジストリに保持するようにしたところに、この情報だけがAppDataの中のconfigファイルに保持されるってあたりがややアンバランス。やっぱレジストリに保持したほうがいいような気がしてきた。

-ソフト開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

zipcopy Ver1.05リリース

zipcopyをリビジョンアップして、Ver1.05とした。 詳細は以下の通り。 Ver1.05 2019/9/30 ・7zip使用でない(DotNetZip)場合に、4GB以上のzipへの圧縮ができ …

no image

円周率

3.1415926535…。私が記憶しているのはここまでです。スーパーコンピュータを使って数億桁まで計算、なんてニュースをよく聞きますね。コンピュータの性能向上とアルゴリズムの工夫に対する …

no image

x64

Windowsの64ビット動作って、まだまだ先ですかね、という話をしてみます。  コンピュータが16ビットだった時代、私はこの業界に入りました。正確に言うと、CPUは32ビットになっていたが、その上で …

【C#プログラミング】pictureBoxとBitmapで画面ズームと画面移動機能を実装したい

PDFアレコレでPDFを描画するために利用しているのがpictureBox。とっても便利なクラスで、PDFiumのでRenderした結果であるImageを渡すだけで済んでいる。こんな感じで。。 [cr …

no image

いたちごっこ3

開発者の考えた対策は空しく敗れ、3度目の戦いが始まるところから話は始まります。 ●3度目のクラック 開発者の考えたトラップに、クラッカーは見事に”はまって”くれました。でも、依 …