CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

ソフト開発

PDFアレコレをVer3としてリニューアルしたのは、GUI操作をちゃんできるようにしたかったからだ

投稿日:

PDFアレコレをVer3としてリニューアル。
Ver3.00 2020/5/24
・起動画面をプレビュー画面(PDFの描画画面)に変更して、起動画面からすべての操作(画像変換・ページ編集・テキスト抽出など)を呼び出せるようにした。
・PDFアレコレのショートカットにpdfをドラッグ&ドロップすることで、ロード可能とした。
・操作ログ(操作・所要時間・結果・結果詳細)を廃止(今後テキストファイルに保存することを検討)。
・コマンドライン起動の/E(PDFロード時プレビュー&編集)を廃止。
詳細はコチラ。

起動画面を以下のように変更するのがタイヘンだった。

Ver2まではこの画面の前にもう一つ画面があって、そこからプレビューってすることでこの画面に遷移していた。
なんで、そんなまどろっこしいことをしていたかというと、最初の目的がPDFをラスタライズ(画像変換)することだったから。対象のPDFを指定して、どんな画像にするかを指定させて変換ってやりたかったのだ。その後、プレビュー機能を作ったら全部プレビュー機能からできりゃいいじゃんとなって、この改修につながった。

C#のフォームクラスにガシガシと関数を追加していたから、この改修は苦労した。いい機会だからとファイル処理、画像変換処理をクラス分けしてずいぶんとわかりやすいコードになった。この状態だったら人に見せても恥ずかしくないかなと思えるようになった。C#でPDFiumとiTextSharpを使ってアプリを作る人にとって、参考になるはず。ここで誰もが見れる形で公開するのではつまらなないので、noteで解説付けて公開しようと思っている。

noteは有料記事が公開できるってのが大きくて、金額は500円で考えている。ワンコイン程度だったら興味本位で払ってもいいかなと思えるはずだし、そこから得られる知識は1万円、10万円の価値だと思えるから。もちろん、それを必要としている人はごくわずかなんで、そういう人がここまでたどり着けるかってところもポイント。ともあれ、そんな準備もこれからしていこうと思う。

-ソフト開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

クリップボード履歴を一括でまとめて取得したいだろ?

Windows 10 1809の新機能「クリップボード履歴」はそこそこ使えるんだけど、惜しいんだよね。最大25個までのコピーした履歴を取れるところまではよいが、その履歴を一括でまとめて取得できないのだ …

PDFiumはPDFからテキスト抽出するのもちょー簡単

PDFiumを語るのに日本語はいらない。プログラマーはプログラム言語で語る。PDFiumの処理は、tryとfinallyのところだけを見てくれればよい。たったこれだけでPDFからテキストを抽出できるの …

PDFアレコレで捺印まわりのバグ修正

PDFアレコレをバージョンアップ。約3か月ぶり。 Ver3.02 2020/10/24 ・捺印などのPDF編集操作後にファイルを閉じて開いて、再編集すると以前編集していたPDFが復活していた。閉じると …

no image

IS2008

「InstallShield おまえもか!」 まだ2007年だというのに、ソフト名に来年の年号を使う。 AutoCADがはじめたと思われる悪習。 (Windows Server 2008は、まだBet …

VisualStudioのアイコンエディタはクソで、Paint.NETが素晴らしいじゃん

アプリケーションエンジニアならicoファイルを自由自在に作れるかっていうとそうでもなくて、今までだましだまし適当に作っていた。Photoshopなんかで画像を作るとこまではいいんだけど、それをVisu …