CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

ソフト開発

Hyper-Vのvhdxを圧縮するのはPowerShellでやるんだけど、その自動化手法がおもしろいじゃん(3)

投稿日:2020年3月8日 更新日:

vhdを手軽に圧縮できるPowerShellプログラムの決定版。
まずは、前回考えたことを振り返る。。
ps1内のvhdのファイルパスを自分で書き変えなきゃいけないのが難点だから、ps1と同じ場所にあるvhdまたはvhdxを探して、1つだけだったら無条件に圧縮実行。2つ以上あったら、そのリストを出してどれを圧縮するか指定させる。。なんて考えたことの決定的な解決策が出てきたので、第3弾として記事を書く。おそらくこれがこのシリーズの最終回になるだろう。

手順と経過は以下の通り。
1.compvhdに必要なファイルをダウンロードして解凍
2.解凍結果のcompvhd.batを管理者として実行 ※ダブルクリックして実行すると権限エラーになる
3.ファイル選択が出るので、ターゲットのvhdファイルを選択する
 指定したファイルが存在しなければ圧縮失敗で終了。自分で選択しているファイルなんだから、存在しないわけないけど。。
4.圧縮に成功すれば、圧縮前後のファイルサイズと比率を表示して終了

PowerShellはCUIだと思い込んでいたから、上で書いたようにメンドウな手順を考えた。しかし、前回ダイアログボックスを出せることがわかっていたので、ファイル選択出せばいいじゃんと思い至った。PowerShellはGUIを使えるってことが発見だ。
ググればこんな記事がすぐに見つかる。便利な世の中ですなぁ。
PowerShell でファイル選択ダイアログを利用する

ps1の中身を以下に転記しておく。

-ソフト開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

zlibの研究結果

zip圧縮・解凍のフリーソフトであるzlibについていろいろと調べた結果。最新版の1.2.11を使ってzlibwapi.dllを作ることはできたが、それを実際に使ってみるとまともに動かなかった。圧縮は …

no image

CADツール第2弾

 PMツールに続いてのCADツール第2弾を思いつきました。今まで、いくつかの企画があり、手をつけたものもあるのですが、いまいち乗り気にならなくてポシャってました。シリーズものとして継続したいところなの …

no image

iTextSharpによるPDFファイルのページ分割

iTextSharpはフリーのPDF関連コンポーネントであり、いろんなことができるのは知っていた。ドットNET、つまりC#かVB使いであれば、けっこう簡単にPDFを操ることができるのだが、あいにくおい …

PDFium第2弾はPDFを画像化するWindowsフォームアプリケーションなり

「PDFium ViewerによるPDFレンダリングがイケてる」では、最低限のWindowsフォームアプリケーションを作ったわけだが、その第2弾は普通の人(非プログラマー)でも使えるPDFの画像変換ア …

zipcopy Ver1.06リリース

zipcopyをリビジョンアップして、Ver1.06とした。 詳細は以下の通り。 Ver1.06 2020/2/24 ・ファイル削除時のタイムアウト(秒)を設定可能として、初期値を180秒(3分)とし …