CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

ソフト開発

IS2008

投稿日:

「InstallShield おまえもか!」

まだ2007年だというのに、ソフト名に来年の年号を使う。

AutoCADがはじめたと思われる悪習。

(Windows Server 2008は、まだBeta版だからよしとしよう。)

さて、InstallShield2008を使ってみた。

32万円もするたいへん高価なソフトだ。

ミッションは、古いバージョンのInstallShieldでつくられた

インストールプロジェクトを最新版の2008に移植するというもの。

心配だったのは、大変古いバージョンだったということ。

InstallShieldは、バージョンアップが毎年のように行われている。

2008の前には、12, 11.5, 11, 10.5, Xというバージョンがある。

Xよりもずっと前の、英語メニューしかないバージョンを使っていた。

2000という名前がついていて、6だか6.5のバージョンだったと思う。

そんな前のプロジェクトが、果たして最新版との互換性が

とれるだろうか、という心配。

アクティベーションの失敗、文字化けやら、warningやらの

もろもろの困難を乗り越えて移行に成功した。

デフォルトの言語が英語になっていると、文字化けすることがわかった。

InstallScriptとMSIの違いがわかってきた。

パス変数、コンポーネント、リリースなどの単語に慣れた。

近頃のInstallShieldは、開発したアプリケーションのアップデート機能が

とても進化しているらしい。

WindowsUpdateのように、通知をしてダウンロードしてアップデートという一連の

流れをユーザーが行うことができる。

ユーザーに通知するためのサーバーは、インストールシールドが

ホスティングサービスとして提供する。

ホスティング・サービスの利用料金は5万ユーザーまで無料、とのこと。

ところが、InstallShieldをインストールしてInstallShield自体をアップデートする

という時点でつまずいてしまった。

社内のセキュリティーの問題なのか、なんなのか不明だが、

こんな状態の仕組みを、ユーザーに使わせるのは大変リスクが高いと思い、

今のところこれを実際に使うつもりはない。

どんな原因でアップデートできないのか、という点をはっきりさせるまでは。

電子署名を使ってみた。

ウイザードと途中で、署名ファイルを指定してパスワードを入力しておくと、

発行元が証明されたちゃんとしたSetup.exeをつくることができる。

もちろん電子署名は、あらかじめ取得しておかなければいけないけれど。

VS2005に移行した、IS2008化した。

ながく古い開発環境を使い続けてきたが、ここで心機一転だ。

新しい機能を使って、自分とこのアプリも大きく変えてみようと思う。

-ソフト開発
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

いたちごっこ1

ソフト開発者とクラッカー。その果てしない戦いの日々をここに記します。現在進行形のその戦いに終止符を打つべく、努力を重ねている今、臨場感をもって伝えられれば、と思います。 その前に、「いたちごっこ」とい …

no image

クラッカー

知人が被害を受けました。以下、知人の経験談です。 便利なソフトを作って一儲けしたい! シェアウェアとして公開して、誰でもダウンロードできるようにすることを考えました。まずは使ってもらわないと、その良さ …

no image

CADツール第2弾

 PMツールに続いてのCADツール第2弾を思いつきました。今まで、いくつかの企画があり、手をつけたものもあるのですが、いまいち乗り気にならなくてポシャってました。シリーズものとして継続したいところなの …

PDFアレコレにパスワード入力と情報表示を追加

オープン時のパスワードが設定されているPDFでパスワード入力できるようにしたのと、タイトルや作成者の情報を確認できるようにした版はこちら。

no image

PDFiumでPDFを描画したりなんだりできるんだとさ

まずはこちらのネットニュースをご覧あれ。2014年に書かれたものでおもしろいことが書いてある。

PREV
1万キロ
NEXT
TrueView