CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

投資 仮想通貨

ビットコインの暴落とその後の乱高下

投稿日:2017年7月15日 更新日:

先週頭の7/10(月)に1BTC=29万円だったのが、昨日7/15(土)に21万円まで下がった。たった1週間弱で3割も下がったわけで、ビットコインホルダーにとっては激動の1週間だったはずだ。寝て起きたら2万も下がっているなんてヒドいもんだ。しかし、これは当然のこと。10万くらいだったのが、たったの3か月で30万までギュっと上がってきた経緯を考えれば、この程度の下げは想定の範囲に入れておかなければならない。

この下げの大きな要因はビットコイン分裂騒動だろう。8/1にその結論が出るので、悲観的にみている人間が多い結果資金を引き揚げているのだ。イーサリアムが分裂してETHとETCになったのはこの業界では有名で、ビットコインも同じ道をたどるのか否かだ。資金の急激な流入によって決済に要する時間が長くなっているのをシステム的に改善しようとする派と、そのシステム改修によるデメリットを拒む派で対立しているって。ネットの記事を読んでみた感じでは分裂必至。分裂することで、一時的に強烈な下げになるだろう。

もちろんおいらも損失を出している。小遣い程度の金額なので深刻なものではないが、損を出すというのは嫌なもので少し心を削られた感じ。8/1に向けて、いったん円に変えておくという考えもある。でも長いスパンで考えれば仮想通貨は上がっていくと思うので、ここで手放すのはチキンな考え方だ。そこそこのBTCを残しておいて、また投入できる円もそこそこ残しておくのが得策。暴落したときこそ買い時だから。おもしろいゲームを見つけちゃったなぁって感じ。このゲームに参加する場合に重要なことを一つ。投入資金が全部なくなっても困らない範囲内の金額、つまり余剰資金でやること。

-投資, 仮想通貨

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

One MIZUHO

みずほ銀行から、株主関係書類という御大層な 郵便物が届いた。 600株で、1株当たり3.5円だから2100円。 普通だったら20%の税金がかかるところ、 NISAだから税金Free。 約1年前に222 …

不労所得2018/12/16~12/22

今週の不労所得合計9,059円。日米同時株安が加速して1万円割れ。

no image

20年続けていた財形貯蓄を解約してわかったそのアホらしさ

財形貯蓄という名の定期預金をこの20年やっていた。会社補助の金利が1%あって通常利息が0.1%だから合計1.1%でひたすら金を積み立てていたのだ。それを解約してみたら、得られた金額は

no image

NEMを買い増し(ちょっと高かったけれども。。)

7月中旬にビットコインが分裂するって話を聞きつけてビットコインはやばいかと考えて、一部をNEMに切り替えた。そんときが1XEM=11.2円で今は32.7円。おいおい3倍にもなっているじゃねぇか。7月の …

ひふみ投信に興味がわいてきたので買い増してみるか

年初から始めたSBI証券での毎日投資信託を積み立てるプランの中にひふみ投信が入っている。千円を毎日購入した結果が14.6万円で今現在の評価額が約14.3万円なので、マイナス3千円の含み損状態。