CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

仕事

会社以外で会社の人間と会うと親近感がわく

投稿日:

1年くらい前、わが地元浜松町駅周辺にて同僚と遭遇した。昼メシ食いに駅前までチャリで行って、いつもは通らない道を通ってレストラン街に向かった。へぇーこんなところにこんな施設があるんだねと探検気分で妻と話していたら、前方に見知った顔があった。テーブルに向い合せで座るカップルで、おいらが歩く向きとちょうど対面する形で座る同僚。目が合ったし、お互いになぜあなたがそこにいるのかって表情だった。休日を夫婦で過ごす情景が思わぬ形でバッティングした。一方が一方を見かけたというのならスルーするところ、目が合ってお互いに相手に気付いたという状況なので、ちょいと話をすることになる。

その同僚は30代の女性。産休期間を経て時短で働いている。ごくまれに仕事上の接点があり、おいらが彼女に質問の回答を出したり、彼女がおいらに不具合指摘をするという関係性。明るく楽しい女性で職場の空気を明るくする。ただ、男社会で権力のある人間の抑圧を受けやすい立ち位置でもあるのでステージは低め。ステージなんて言葉を使ってしまったが、やっぱ会社の中の人間関係なんて、そんなめんどうなしがらみがあるのがベースなので、一応触れておいた次第。

劇団四季のミュージカルを見に来たそうだ。大学が品川あたりにあったこともあって、浜松町という街に親近感もあると。子育てに追われた生活のなか、子供を誰かに預けて夫婦の時間を楽しみにココにきたって。おいらは、そこに住むものとして休日のランチに来ただけで、家は浜松町が田町方面に行ったちょうど中間くらいにあるよって伝えた。我が妻は、突然ダンナの同僚に家の近所で遭遇して、服装は普段着で化粧もしていない姿を見られたといって、やや機嫌悪いモードになった。なんで、いつもは通らない道なんて通ったのよと責められ、それ以来のその道は通っていないなんて話は、まぁどうでもいい。

そんなことがあって以来、会社内で彼女とは折々話をするようになった。共通の話題ができたってことで、仕事だけではなくプライベートの話をして場が和むようになった。殺伐とした会社内人間関係のなかの一服の清涼剤。こんなことをきっかに、仕事上のギブアンドテイクの関係性を作れるといいなと思っている。

そんなような関係性がより濃くなってきたのがアラフィフ独身男子。今日も昼に築地で待ち合わせているのでメシを食う。前回の月島もんじゃまつりの後、彼からリクエストを受けた「築地市場で新鮮な魚介を食おうぜまつり」を年内には実現しましょーかって言っていたわけだが、こんなに早く実現するとは思わなかった。20連勤が確定して今日の土曜も妻が出社するってことから、おいらのヒマな時間を埋めることにした次第。こうやって、会社以外で会社の人間と会うのも楽しいなと思い始めた。ゴルフなんぞはじめて、上司やめんどうな同僚と仲いいふりするのとはわけが違う。さらには、会社非公認麻雀部のメンバーと休日に卓を囲むってプランを近々実現したくなってきた。

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

有給休暇

「脱社畜の働き方」を読み始めて、いろいろと考えさせら れることがあり、早速行動に移してみたのは 有給休暇の取得だ。 年間有給休暇は20日。 すでに消化したのが6日で、その内訳は以下の通り。 ・人間ドッ …

no image

リンクトイン

SNS at bussines. らしい。 人と人のつながりは、ビジネスでこそ必要だ。 Facebookのビジネス版が開発中であるというニュースから 現在のデファクトであるLinked Inを知った。 …

no image

テレるを連発したあげくにギブアップと言い放つも最後にホワイトボードに数分書いたことが結論になる男の話

会社のコアな話を書いてみる。うちのMGRがどうしても打ち合わせをやれって根気よく言うもんだから、最後に折れておいらがその打ち合わせを切り出してやって、金曜夜19時10分から開始して21時半までの2時間 …

no image

社内で異動するための手段

同じ部署で20年も仕事をしているわけだけれども、自分がどんどんダメに なってしまうのではないだろうかと、ジワジワと思い始めている。 それで、会社を辞める前にやるべきことなんて記事を書いたのだが、 会社 …

no image

タクって得たもの

3880円で、13分の時間を買った。 職場から自宅に向かうのにタクシーに乗ってみたということ。 今日中に帰るためだったし、くたくただったからだし、そこに新しい体験があると思ったから。 あとねようっと。 …