CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

地域

初詣は増上寺として、徳川家霊廟(ようするに墓)を見てきた

投稿日:

家の近所には山ほど寺がある。どれも小さな規模の寺だから初詣で行くような気にならないし、いつもだったらおいらの実家に近い西新井大師で済ませるところ、今年はおいらが熱を出して実家帰りを翌週に延期したから、家の近所のちょーデカい寺である増上寺に行ってみることにした。チャリで5分程度。

好天で穏やかな正月明けの土曜日。風はなく少し寒い程度。増上寺のちょい奥に東京タワーが鎮座している。東京タワーって美しいなとつくづく思う。赤と白のコントラストがいいし、土台がどっしりとしていてデンと構えているのがよい。スカイツリーが近代的でスマートなタワーだとすれば、東京タワーは昭和の偉大なシンボル。昭和生まれのおいらとしては圧倒的に東京タワー派だ。

徳川家霊廟は本堂に向かって右側をちょいと奥まで行くとある。徳川の歴代6人の将軍(二代秀忠、六代家宣、七代家継、九代家重、十二代家慶、十四代家茂)とその他将軍の子女を含む計38人が祀られている。入場料500円を取るわりには見学するエリアがせまく「こんだけ!」という感は否めないが、いやいや徳川家将軍の墓がこんなふうに一か所に集まっているのを見れるならば大いに価値がある。パンフレットともに絵はがき10枚くらいをもらったけど、いまどきハガキなんて出さないから無用の長物だった。

二代将軍秀忠とお江の墓。長兄の信康が切腹、次兄の秀康は豊臣秀吉に養子として出されて、三男である秀忠が継いだ。お江はと言えば、で織田信長の姪っ子(浅井三姉妹の1人)。ここまでで信長、秀吉家康の名前が出てきていることから言って戦国時代の集大成と言える将軍だ。家康亡き後に、江戸時代のいしづえを築いたわけだし。

徳川将軍家墓所 鋳抜門。みんなありがたがって拝んでいた。おいらは、バックの東京タワとの相性がいいなと思った程度。

増上寺の地下には宝物殿なる展示場がある。病み上がりであんま元気がなかったので入らなかった。次回行ったときにぜひ見てみようと思う。来年2020年の初詣がその機会になるかな。

-地域

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

皇居を1周グルっと実際に周ってきた編

当初の計画では皇居の周りをグルっとまわる考えだったが、おしっこしたくなって大手門から中に入ったら、けっこう奥のほうまで入れることがわかっておもしろかった。皇居って言えば、一般参賀とかの特別なときにしか …

no image

桜である。 お待ちかねのこの季節がやってきた。 自宅から徒歩10分の川沿いは、地元では有名な桜スポット。 ビールと弁当を持って、花見に出かけるのが我が家のしきたりなり。 じつは、先週も出かけており残念 …

no image

京王線沿線

3連休にどこへも行かないで、ゲームばかりしているのも何なので、 近場で出かけることにした。 下北沢にて撮影。 映画DMCにて、根岸が路上ライブでギターを弾いていた場所。 映画の中で、「餃子の王将」がチ …

no image

高速料金

高速料金値引きは、実に分かりづらい。 先週行ったヤビツ峠を事例として、ひとつ振り返ってみよう。 首都高速、大都市近郊、地方の3つで扱いが異なる。 地方だけに乗れば、1000円を超えることはないが、 た …

no image

あじさい

あじさいといえば鎌倉。 あじさい祭りである。 武田双雲も以下のように言っているくらいだ。 行ってみてわかったのは、鎌倉ってけっこう近いってこと。 移動時間は、1時間程度で済んだ。 この時期の鎌倉に車で …