CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

投資

米ドルMMF積み立て状況2019/1

投稿日:

米ドルMMF積み立てをはじめてみてから、はや2か月経過。SBI証券でゴールドマン・サックス(米ドル)を20万円分購入して、円換算損益がマイナス3,096円。今現在が110円弱に対して、12月分が113.85円という円安状態で買ったため大きくマイナスとなって、1月が108.62円だからマイナス分を少し減らした。

当初の目的から言えば、こんな直近の為替変動はどうでもいいはずだったが、どうしても気になってしまう。参議院議員であり伝説のトレーダーと言われている藤巻氏の言い分が正しければ、近い将来日本はハイパーインフレとなって円の価値が暴落する。1ドル200円なんて状態を経て500円や1000円になって、円建ての資産は吹っ飛んじまうという過激でありながらも、なんだかありそうな説だ。日本人なら資産を円でしか持っていないのは普通のこと。海外旅行用にドル紙幣を持っていたところで、数万円程度がいいところ。もし円が暴落したなら、その対比となる米ドルが暴騰するわけだから、キズが浅くなるという発想。さすがに資産の半分を米ドルにするようなチャレンジはできないので、細く長米ドルMMF積み立てを続けて米ドル資産が1割くらいになるのが理想。

藤巻氏は仮想通貨も退避資産になると言っている。この1年下がり続けている仮想通貨ではあるが、法定通貨が危機を迎えたときにブロックチェーンという革新的な技術を持った仮想通貨への信頼度が高まり、資産保護の役に立つという考え。おいらの場合は、すでにそこそこの仮想通貨を持っている(含み損あり)から、これ以上新たに持つ必要はない。

米ドルMMFとは、ようするにリスクが低い投資信託だ。普通なら日本円で買うところを米ドル建てで買うから、日本のゴミみたいな金利ではなくて、アメリカのそこそこ高い金利が適用される。ゴールドマンサックスのものは1.942%の利率が想定されている。欠点は為替差損が発生すること。円から米ドル、米ドルから円にしたら二重に発生するから、いかに高いアメリカの金利でも余裕で消えてなくなる。おいらの想定では、円から米ドルにするのは当然のことながら、平常時は米ドルは米ドルのままにしておく。円が極端に下げてしまったの状況において、ドルを円に変えて当面をしのぐという考え。

ともあれ、5年や10年のような長い目で見て、この米ドルMMFがどうなっていくかを見据えていきましょ。

-投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

不労所得2019/3/3~3/9

今週の不労所得合計1,966円。史上最低金額更新。為替も株価もやばい!

不労所得2019/4/14~4/20

今週の不労所得合計7,970円。全体的にいい感じで上昇していて、先週に続き含み損減少中!

不労所得2019/3/10~3/16

今週の不労所得合計9,027円。ナスダックの回復ぶりがすさまじい!

no image

ビットコインがあれよあれよと上がって45万円になったので、急きょちょっとだけ参戦してみた

40万のときにちょいと買ってみようと思ったんだけれど、いやいや買ったら下がるの法則があると思って買わなかった。今現在、おいらが持っているビットコインはたったの0.05BTCで、現在の45万で換算すると …

不労所得2019/2/10~2/16

今週の不労所得合計9,385円。トライオートETFのマニュアル取引で失敗したけど、失敗と決め付けることもできないなと。