CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

ソフト開発

zipcopy Ver1.07リリース

投稿日:

zipcopyをリビジョンアップして、Ver1.07とした。

詳細は以下の通り。
Ver1.07 2020/3/1
・zip圧縮と解凍、ファイルコピーと削除処理についてスレッド化して、これら処理中にダイアログが応答なしにならないようにした。
・成功時にダイアログを閉じることを可能とする設定を追加した。
・7zipによる圧縮/解凍時の失敗(UIでキャンセル含む)を検知するようにした。

いろいろ直していて気付いたんだけど、そもそものところでこのソフトの設計思想があやまっていた。
ネットワーク上のサーバーにあるファイルを圧縮することをクライアントから操作していたら、サーバーのファイルを一度クライアント側に全部持ってこなくてはならないし、圧縮結果をサーバーに送り込まなければならない。この時点で大きなロスが発生していて、その後サーバーにあるzipファイルをクライアントにコピーしてくるなんて、とっても意味不明だ。

サーバー側にzip圧縮させた結果をクライアントにコピーしてくるのが要件であり、そのためにはサーバー側にzip圧縮のエンジンを持たせて、クライアントからはそれを呼び出すだけって仕組みにする必要がある。つまりサーバーアプリ化とそれを呼び出す仕組みってこと。サーバーに7zipをインストールするくらいは何てことないけど、それをクライアントからの指示で動作させるとなるとやっかい。

そもそもzip化なんて必要なくて、FastCopyのようなツールを使うだけで済むって話か。ともあれ、C#のいい勉強になったからよしとしよう。

-ソフト開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Hyper-Vのvhdxを圧縮するのはPowerShellでやるんだけど、その自動化手法がおもしろいじゃん(2)

Hyper-Vのvhdxを圧縮するのはPowerShellでやるんだけど、その自動化手法がおもしろいじゃんの続き。以下2点の改修をしたスクリプトを作ってみた。 ・vhdファイルが存在しなければ、エラー …

PDFアレコレのソースコードをnoteで有料公開してみた

ブロガーのマネタイズとして一般的になってきたnote。 ただブログで記事を書いたところで、おいらのようなアラフィフサラリーマンじゃー課金してくれるわけがない。 なので、おいらの大きな武器であるプログラ …

PDFアレコレにパスワード入力と情報表示を追加

オープン時のパスワードが設定されているPDFでパスワード入力できるようにしたのと、タイトルや作成者の情報を確認できるようにした版はこちら。

no image

ソフト不正使用対策

ソフトウェア会社にとって、ソフトの不正使用は深刻な問題です。身近な問題として、現状と今後を考えてみたいと思います。  CADの業界では古くからこの問題に取り組んでいます。CADは比較的高価な価格で販売 …

no image

イテレータ(Iterator)

あるコンポーネントで初めて出会いました。コンポーネントがバージョンアップされたときに、オブジェクト指向的な作りに一新されて、いろいろ変わったのですが中でもイテレータという訳の分からないものに遭遇して、 …