CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

AutoCAD

画層のサムネイル

投稿日:

AutoCADの画層一覧(画層プロパティ管理)は、味気ない。

リスト形式しか存在せず、プレビュー画面もなければサムネイル表示もできない。

アドオン系のソフトでは、けっこうあるのではないかと調べたけれど1つしか見つからなかった。

超便利AutoCAD画層ビューワー

AutoCAD2000-2006(LT不可)で動作して、価格2000円なり。

LTで動かないというのは、近頃のAutdodeskの戦略があるから仕方ないとして、

価格2000円はお手ごろか。

(2007、2008で動作保障していないのは、ちと気になるが)

サムネイルを表示しながら、その表示を拡大縮小できる。

さらに画層イメージをEXCELに出力できる。

印刷機能を自分で持たずに、EXCELがで行わせるあたりがかしこい。

画層のサムネイルが表示できるというのは、それ自体に価値がある。

ただ、それだけでは商品としての価値が高くならない。

上記ソフトはAutoCADのアドオンなので、アクティブの画層を変更するという

意味あるアクションが可能である。

仮にAutoCADと切り離した機能として、画層のサムネイル表示機能を作ったとしよう。

画層ごとのイメージ一覧が出る。

イメージを見て、さて何をしようかと考えると、アクティブを切り替えたり、

表示状態を変更したくなるはずだ。

ということは、画層状態を変更できるAutoCADビューアが必要になるか。

ビューアに画層のサムネイル表示機能をつける。

DWG TrueViewを思い出した。

これが出たことにより、世の有料ビューアソフトが壊滅的被害を受けた。

まさか、Autodeskが無料のビューアを出すなんて...。

少し動かしてみた。

サムネイル表示機能はなかった。

少しホッとした。

プロトタイプを作ってみよう。

ゆるい決断だけど。

-AutoCAD
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

2008寸法

AutoCAD2008が出てから早1年が経とうとしている。 巷では、2009関連の情報が出回り始めている。 はやいとこ、2008DWGの変更点を調査するつもりでいたが、 無情にも月日だけが経過していく …

no image

AutoCAD 2019の開発コードは何だったか?

日本では数少ないAutoCADオタクのみなさん、こんにちは。AutoCAD 2019の開発コードが何だったのかを日本で初めて明らかにすることができたでしょう。去年がOmegaということでアルファベット …

no image

ライトウエイトポリライン

AutoCAD R14から採用された新オブジェクトです。 R14で新しく増えたオブジェクトとして、 ほかにはハッチングとラスターイメージがあります。 で、ライトウエイトポリラインですけど。 文字通り、 …

no image

AutoCAD2011

今年もこの季節がやってきた。 3/19、AutoCAD2011リリース。 ADN会員の特権を生かして、AutoCAD2011製品版をインストールしてみた。 いろいろと機能強化が行われているようだが、3 …

no image

AutoCAD2012

今年も出ましたAutoCAD。 まだ2011年の4月だというのに、2012なんて付けるのは馬鹿げている。 と、お決まりの文句を言っておくのがおいらの恒例行事。 3年ごとのデータのバージョンアップは来年 …