CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

AutoCAD 雑感

今年のAutoCADのサブスクリプションがヤバい

投稿日:

AutoCADにはRegular版があって、ちょいと高い業種系製品であるMechanicalやArchitectureなんてのがあったわけだが、3月末に出たAutoCAD 2019のサブスクリプションからはそんなAutoCADの常識が変わった模様。1年間利用の約20万円(正確には199,800円)払えば、ほぼすべてのAutoCAD業種系製品が使えるんだと。対象製品は以下の通り。Architecture(建築設計)、Mechanical(機械設計)、Electrical(電気制御設計)、Map 3D(地図情報)、Raster Design (ラスター画像処理)、Plant 3D (3Dプラント設計)、
MEP(設備設計・英語版)

おまけにMac(英語版)でも使えるとのこと。AutoCAD including specialized toolsetsという名前のもので、AutoCADと名が付く製品で除外されているのはLTとCivil 3Dくらい。AutoCAD単品だけを使うという選択肢がないことに恐れ入る。これまでのAutoCAD単品のサブスに入っている人が更新する場合は、約20万(199,800円)の従来のサブスに入るか、同じ値段の新しいサブスに入るかを選ぶ。値段が同じだったら多くの製品が使える新しいほうに入るに決まっている。しかも4/20までやっている「春のイコウキャンペーン」で1年間だけ約15万円(正確には149,850円)になる。これは大変な金額設定だ。

AutoCADのサブスはここ数年で何度か値上げをしたらしい。永久使用版がなくなってから久しいなかで徐々に値上げしてユーザー離れが広がっているという話を聞いていたが、ここへ来て業種系製品の無料開放に踏み切ったわけか。無料と言ってもRegular版を使うための最低限の費用は必要だけど、そのベースたる年間約20万円を得られる層を増やそうという考えか。やることがえげつないな。これがワールドワイドで戦っている会社のチカラかと感心しちまう。

-AutoCAD, 雑感

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

polcaでガシガシ支援している今日この頃

Twitterでpolcaの案件を多く見かけるようになってきた。 心に響いた以下4件について支援実行。小銭の使い道として、ちょーイケてる! アフリカの元子ども兵など、 紛争に巻き込まれた人々の平和な暮 …

no image

2日連続で無断欠勤をするのは相当な覚悟があってのことだろう

おとといの朝、となりの課がさわがしいなと思ったら、若手が会社に来てなくてしかも連絡が来ていないという事態が発生していた。

no image

しれっとして

しれっとして、できましたと言ってきて、いったい全体どういうことでしょうか? まったくもって信じられず、あなたの品性を疑いたくなりますゎ。 そして、信頼されるべき言動を期待します、ときたもんだ。 (一部 …

サクっとpolcaで3人を支援

polcaっておもしろいなぁ。サクっと気になった人を支援できるよい仕組み。

no image

怒りと正常心

ちょっとしたことで、今日は心を乱された。 ソフトウェア開発者は自分の非を認めず、誰かに責任を転嫁することが 正義なんだ文化にあやうく流されそうになった。 バグが出たときに、その責任追及することは当然だ …