CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

仮想通貨

取引所で行うBTC積立1カ月の結果

投稿日:

販売所で行うBTC積立に憤りを感じて、取引所で行うBTC積立に切り替えてから約1カ月の結果を公表。
軽く振り返っておく。誰もが容易にBTDC積立するならbitFlyerやcoincheckで申し込みをするだけで、それが販売所から買わされるのに対して、APIとGAS(Google Apps Script)を使って取引所から定期的に買うという術がある。取引所で買える最低単位の壁があって、bitFlyerなら0.001(≒6千円)であり都合が悪く、bitbankなら0.0001(≒6百円)なので都合がよい。

日に3~4回の買付をこの1カ月行った結果の合計が0.0097 BTC(67,306円)。タスクが起動した時点のBTC価格の99%で買い注文を出す。1%引きの値段で買い注文を出すわけだから約定までに時間がかかる。1分後に約定することもあるが、8日後なんてこともあった。平均の約定経過時間は31時間。1日ちょいで買えたってこと。振り返ると、月初に700万円だったのが中頃に780万円の最高値をたたき出して、月末にかけてズルズルと下がりはじめて11/26にはオミクロンショックで610万円まで下げて、今現在は620万円程度。ようするに、下げ相場ということ。

この1カ月は1BTCを694万円で買ったことになり、現在価格を考えると赤字状態。投資した金額6.7万円が6.1万円となっているからマイナス7千円。イケてないがこれが現実。マイナス1%で買うという価格設定について、5%でもよかったという結果。もちろんそうなると、上げ相場でほとんど買えなくなってしまう。

価格設定は難しいところで、最もシンプルに考えるなら0%(つまりある時点の価格そのもの)になる。でもそれじゃーおもしろくないからマイナス1%にした。マイナス1~4%をランダム引き当てるという方法もありだと思い始めている。買付はプログラムでやってるんだから可能な話。GAS(Google Apps Script)でそんなコーディングをしてみよう。上げたり下げたりするのがBTCなんで、もっと割安な価格で買いつけたい気持ちが高まってきた。

-仮想通貨

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

coincheckから、XRPをcoinbaseにETHをZaifに送金

取引所間で仮想通貨を移動したということであり、過去にやったことがなかったので記録を残しておく。 coincheckは送金時の手数料が高い。リップル(XRP)は0.25(22.5円)だからいいけど、イー …

no image

NEMで初ハーベスト

NEMで初ハーベストできたのは0.8XEM。1XEM=約28円なので22.4円ゲットということだ。15000XEM持っていて0.8だから0.00533%を得たことになる。こないだ記事を書いた時点で1X …

仮想通貨の送金手数料が高い件

bitFlyerからバイナンスにビットコインを送金する必要があって、0.008 BTCを送ってかかった手数料は0.0004 BTCだった。今現在ビットコインが600万円だから、4万8千円を送るために2 …

おいらのXRP売買履歴

リップル爆上げ記念に、おいらのXRP売買履歴を明らかにしてみる。 2017/7/16、16.7円で2,521XRPを買った代金が42,101円だった。 当時ビットコインが21.4万円で、その少し前に3 …

no image

確定申告がけっこうタイヘンでおつかれちゃん

仮想通貨回りの収入はすでに計算を終えていたので、あとはPC+ICカードリーダー+マイナンバーカードでチャッっと手続き終えられるはずと思っていたのは間違いだった。去年は郵送でやったからeTaxによる完全 …