CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

家のPC環境

NVMeのSSDを装着するにはM2ネジが必要だった

投稿日:

「NVMeのSSDを購入」の続き。
NVMeのSSDとヒートシンクがあれば問題ないだろうと思って装着しようとしたら、ネジがないことが判明。こんなとき用にネジストックがあるから、引っ張り出して合うものがないかとチェックするも全くなし。ヤケに細いネジであり、ないのも当然だった。

急きょヨドバシに出向いて買ってきたもの。

M.2(エムドットツー)はM2のネジが必要ということで名前がやけに似ているから、M.2の名前の由来になっているかと思いがちだがそうでもない。M.2はmSATAの後継として開発されたから、Mのバージョン2ということだろう。ネジのM2は、サイズを表すもので2ミリというわけでもなく、かなり小さいサイズのネジ。

PCにNVMeのSSDを装着した状態。左側でそのネジによって固定されていることがわかる。

CrystalDiskMarkによって計測した結果は以下の通り、なかなか速い。

以下は、Cドライブとして利用しているSATA接続のSSD。この数字は妙で、HDD並みの数字。

1年ほど前に256GのSSDを付けて速い速いと自己満足していたが、実態はこんなもんでダメダメなことが判明。おそらくSATAケーブルがボロいのだろう。SATA3用のケーブルを最近複数本購入しているので、付け替えてみる。NVMeのSSDに換装した結果としてSATAのSSDは外すんだけど、遅かったという原因は調べておきたいからね。

ヒートシンクは1050円のモノを付けて、速度測定時に47度まであがった。高さ4mmの省スペースヒートシンクとしてみたが、PC内のスペースはかなり空いていた。HPの省スペース用デスクトップPC。今後の利用において温度上昇が激しければ、もっと派手派手しいヒートシンクに付け替えてもよいだろう。

-家のPC環境

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

VMwareでP2Vをやった記録

P2VとはPhysical to Virtualを意味していて、ようするに物理を仮想にするって意味。これまで新たに仮想マシンを作ったことは何もあるが、物理マシンを仮想マシンに移行させるってことはやった …

no image

Mac

マクドナルドのことではありません。マック鈴木のことでもありません。MACアドレス、少し近い。マッキントッシュ(Macintosh)です。 妻は、家でMacを、会社でWindowsを使ってます。両方操れ …

no image

24インチ

24.1型ワイド液晶モニター LCD-AD241XB IOデータ 59,800 円(13%ポイント還元で実質52,026円) ヨドバシカメラで購入。 妻用に購入。 今までは19インチブラウン管モニター …

自宅作業環境でトリプルディスプレイが完成した

ノートPCに外部ディスプレイをつなぐとデュアルディスプレイになるけど、それに飽き足らずに3台目のディスプレイをつないでトリプルディスプレイにしたという記録。在宅ワークが当たり前になってきて、残り少ない …

no image

CDライティングの謎

何気なくCDにデータを保存しようとしたら、 書き込みに失敗しました! なんてエラーが出たのが事の始まりだった。 使ってるライティングソフトは、 InterVideo のDiskMaster Versi …