CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

本・映画・音楽

夕刊

投稿日:

長いこと朝日新聞を購読している。
夕刊をやめてみた。
平日と土曜日の夕方に配達される夕刊に目を通すなんてほとんどなくて、
一度も開かずに積み上げられていくのが耐え難くなってきたのだ。
事前情報として、以下の料金は把握していた。
朝・夕刊セット版エリア:¥3,925/月
夕刊の不発行(朝刊のみ)エリア:¥3,007/月
実際は、200円引きの3,725円だった。
そう、上記の3,007円というのは、そのエリアだけの料金設定で、
朝刊と夕刊を配達しているエリアで、夕刊だけやめてみても
適用されないものだったのだ。
そういう場合の料金設定は、販売店の裁量で決められるとのこと。
たった200円、されど200円か。
夕刊をやめたことの弊害はひとつ。
会社から帰ってきてポストを開けると、何も入っていない。
何かさみしく感じるなぁって。

-本・映画・音楽
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

宮本武蔵

旅先の空の下、吉川英治による宮本武蔵、全8巻を読了した。 マンガ・バガボンドによる不完全燃焼がきっかけだった。 いやはやおもしろかった。 剣の道に生きる武蔵。 小次郎、吉岡家をはじめとした強敵だけでな …

no image

猿の惑星ジェネシス

よくできた話だった。 なぜ猿が文明を持つに至ったかを、現代的な話でよく説明してくれた。 感動物でもあるし、地味にみえてスゴイ特撮だったと思う。 SUPER8で痛い目にあい、しばらく映画はみなくてよいと …

no image

私が彼を殺した

私が彼を殺した 作者: 東野 圭吾 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2002/03 メディア: 文庫 最近読んだ本です。 ミステリー本なんですが、最後まで読んでも犯人を教えてくれません。 犯人が …

no image

ホラー映画

ホラー映画好きな我々にマッチした本を読んだ。 妻が見つけてきた本だ。 荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書) 作者: 荒木 飛呂彦 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2011/06/17 …

no image

蛙男

蛙男 (幻冬舎文庫) 作者: 清水 義範 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2002/04 メディア: 文庫 言いようのない怖い作品だ。 救いのないエンディング。 信じられないことが自分の身に起こ …

PREV
破損Part2
NEXT
Galleria