AutoCAD 2018

あとひと月ほどでAutoCAD新バージョンがリリースする。3/20の週になることだろう。今回久しぶりにDWGフォーマットが変わるらしく、何だか面倒なことになりそうだ。情報ソースはAutoCADのwikipedia。DWG 2018 file formatって書いてある。
2013以来だから5年ぶりのdwgフォーマット変更なわけで、夏くらいに出るであろう2018dwgに対応したTeighaに乗せ換えなければならない。しかしどうだろうなぁ。AutoCADの永久ライセンス販売がなくなったから、新しいAutoCADを買おうって人間は減っているはず。2018形式のdwgが出回り始めるのはけっこう先のことになると予想できるので、あせってTeighaを入れ替える必要はないかもしれない。
2018のコードネームはなんだろうかとググってみたがわからなかった。去年がNautilusで今年はアルファベット順でOから始まることはわかっている。別にコードネームなんて何でもいいんだけれども、気になってしょうがない。今まさにBeta版が出回っていて知る人ぞ知る情報なんだろうな。Olive、Octopus、Oxygen、Oyster。。。

「AutoCAD 2018」への1件のフィードバック

  1. その後の調査でOmegaだということが判明。
    ギリシャ語アルファベット第24文字目がオメガ(Ω)で、最後・ 終わりって意味もあるらしい。英語だったらゼット(Z)。何の終わりなんだろうって考えてみると、まさかAutoCADが終わるわけないから、2013形式dwgの終わりってことで解釈した。過去の例だと3年ごとにdwg形式が変わってきたが、2013は6年続くってことか。実際のところはわからんけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です