CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

AutoCAD

AutoCADのサブス

投稿日:

AutoCAD 2016の記事が妙にアクセス数増加中なので、この流れに乗って
AutoCADの記事を書いてみる。
オートデスク社は、サブスクリプション販売に舵を切った。
元々、けっこう高いソフトの売り切りをメインに商売していたところ、
リーズナブルな価格で期間限定動作させる形をメインにしようと
していると思われる。
以下、アマゾンの売り切り商品で、約15万円なり。

AutoCAD LT 2015 Commercial New SLM

AutoCAD LT 2015 Commercial New SLM

  • 出版社/メーカー: オートデスク
  • メディア: DVD

で、サブスの場合はどうかというと年間約6.1万円なり。
3年使うと18.3万円になり、売り切りの15万円を超える。
2年以内で使うならお得ってことなのか。。。
月ごとのプランもあって、7560円なり。
20ヵ月使うと15.1万円となり、売り切りの15万円を超える。
1年以内で使うならお得ってことなのか。。。
サブスの特典としては、契約期間中のバージョンアップが可能。
年に一度出る新バージョンを別料金なしで使えるってことで、
これは大きいような小さいような。
LTの強化ってことは2次元CADのこまごまとしたものであって、
CADを使いたいという要求の中では些細のものだ。
ユーザーは、多少高くとも売り切りタイプのものを選ぶだろう。
一方メーカーとしては、売り切りによるその場限りの収益を上げるより
毎月、毎年の定期収入が欲しいわけだ。
サブスの魅力はバージョンアップがメインなんだけれども、
それ以外の魅力を与えられれば、この挑戦に勝てるだろう。
よーくウォッチしていこう。

-AutoCAD
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

レイアウトのモデル化

レイアウトをモデルに変換するプログラムってどんだものだったかと、 忘れかけた記憶を呼び戻して書いてみる。 1.全レイアウト名取得  ブロックセクションからブロックレコードを全部読む。  レイアウトフラ …

no image

AutoCAD 2019の開発コードは何だったか?

日本では数少ないAutoCADオタクのみなさん、こんにちは。AutoCAD 2019の開発コードが何だったのかを日本で初めて明らかにすることができたでしょう。去年がOmegaということでアルファベット …

no image

AutoCAD 2016

今年は、3年ごとのデータ変更となるAutoCAD2016が出る。 2016形式DWGでどんなデータが現れるのか...。 前回の2013では、DRAWINGVIEWなんていうInventorに 既に存在 …

no image

ライトウエイトポリライン

AutoCAD R14から採用された新オブジェクトです。 R14で新しく増えたオブジェクトとして、 ほかにはハッチングとラスターイメージがあります。 で、ライトウエイトポリラインですけど。 文字通り、 …

no image

「AutoCAD買うならこちらからどうぞ」って感じでCAD日記らしくしてみるぞ

AutoCAD買うならば、こちらからどうぞ。 特におすすめなのは「AUTOCAD LT with CALS Tools」、今ならキャンペーン特別価格で1年間たったの6.2万ちょいだって。土木系で公共工 …