CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

AutoCAD

AutoCADの値段

投稿日:

AutoCAD最後の永久ライセンスは2016で、その価格は631,800円(税抜585,000円)だった。
Autodesk 2016のニュースリリース
今では永久ライセンスという購入の仕方は出来ず、期間を決めてそのあいだだけ動作するものを買うしかない。先月出た2018の1年間利用ライセンスが169,560円(税抜き157,000円)、最長の3年なら457,920円(税抜424,000)だ。こういう買い方をサブスクリプションと呼んでいて、その期間は最新のAutoCADを利用可能となる。3年で購入すれば、その後に出る2019~2020を使えるってことになる。
常に最新バージョンを使えるというのはメリットではある。しかし、買った時のバージョンだけを使いたいんだというユーザーのニーズは満たせていない。そういうユーザーは、メーカーにとってあまり利益にならんから、切り捨ててもよいだろうと考えたのだ。なかなかドライな考え方であり、日本のCADメーカーにはなかなかできない。AutoCADという軸があって日本のCAD業界は成り立っているというのは間違いわけで、みんながこの戦略の行く末を見守っているだろう。

-AutoCAD
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

AutoCAD 2019が互換CADへ仕掛けた罠「STUDENTDRAWING」

【2018/12/22追記】 純粋にAutoCAD学生版について知りたいひとは、以下の記事を読んでね。 AutoCAD学生版について知りたければココを読め AutoCAD 2019の新しいシステム変数 …

no image

ビューポート優先プロパティ

AutoCAD2008から、ビューポート優先プロパティが利用可能になった。 通常、各種図形の色・線種・太さは、図形が持っている情報や画層が 持っている情報で表示されるわけだが、この機能を使うとビューポ …

no image

今年のAutoCADのサブスクリプションがヤバい

AutoCADにはRegular版があって、ちょいと高い業種系製品であるMechanicalやArchitectureなんてのがあったわけだが、3月末に出たAutoCAD 2019のサブスクリプション …

no image

属性分解

AutoCADの属性の話。 図形に属性定義を付けてブロック化すると、 ブロック配置時にブロックごとの属性情報入力画面が出てくるので、 入力すると情報が保持される。 そうすると、部品表なんかが後からポン …

no image

Autodesk Solution Day 2008

もう1ヶ月以上が経過しているネタだが、いつか書こうと 思い続けて今に至る。 行ったときに書いたメモをわざわざ会社から持ち帰ってきたので、 区切りをつけるためにも、書いておくことにした。 Autodes …