CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

ソフト開発

USBメモリを小容量に見せかける方法

投稿日:

USBメモリの大容量化が年々加速している。
おいらが最初に買ったのが10年くらい前で、128MBで1万円くらいだったか。
今では、4GBが500円で買える時代になっている。
個人で使うには容量が多いに越したことはないが、企業ユースとなると
話しは変わってくる。
大容量USBメモリで、手軽に企業内秘密情報を社外に流出できちゃうと困るのだ。
フロッピーはその点ですぐれていた。
限られた容量でデータの持ち運びができていた。
ただ、ここ5年くらいでFDドライブ装備のPCがなくなってきたことと、
FDメディアが買いにくくなってきたことで、もう絶滅間近だろう。
1.44MBという超小容量というのも難点だった。
ではCDやDVDがいいかというと、こいつらは専用のドライブと
ライディングというやっかいな手間がかかるので、手軽さにかける。
前置きはこれくらいにして、本題に入ろう。
USBメモリを小容量に見せかける方法だ。
4GBのUSBメモリを500円で買ってきて、ある処理を施すことで、
使える容量を100MBに制限してしまう方法があるのだ。
USBメモリ内に2つのパーティションを作ると、Windowsからは1つ目の
パーティションしか認識できないという特徴を利用する。
1つ目のパーティション容量を100MBとする(FAT16)
2つ目のパーティション容量をディスクの残容量全てとする(FAT32)
2つ目のパーティションを作らなくてもよさそうなものだが、Windows標準機能の
ディスクの管理で2つ目のパーティションのサイズ変更が可能なので、それを
防ぐために必要となる。
理屈としては上記のようになるが、実際にはどうすればよいか。
C++でプログラムを作る必要がある。
具体的にはWin32APIのDeviceIoControlなどを駆使することになる。
一応組んだプログラムが手元にあるのだが、これを公開するのはちょいと気が
引けるのでやめておく。
では、この処理を行ったUSBメモリを元容量に戻すにはどうしたらよいか。
企業内の使用者が簡単に容量を戻せてしまったら意味がない。
エクスプローラやディスクの管理ではできない。
ここであまり詳細にそれを書くのは気が引けるので、キーワードだけ。
DISKPARTというコマンドを使う。
以上、USBメモリを小容量に見せかける方法を表面的に語ってみた。
より詳しい情報をどうしても知りたい人は、コメントなどで連絡くれれば、
ご案内することもあるかもしれない。

-ソフト開発
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

PDFiumでPDFを描画してみたけど、こんなに簡単にできちゃっていいのかよ!

PDFiumで画像化とテキスト抽出が容易にできることは前回まででわかっていたので、今回は描画に取り組んでみた。

no image

BMPをJPEGに

ビットマップ(BMP)ファイルをJPEGファイルに変換できないものか。 そんなテーマが頭の中で渦巻いていた。 既存のアプリ(フリーソフトなど)を使えば簡単だが、 プログラム的にやるとなると、なかなか。 …

no image

アプリでzip圧縮と解凍をやりたくてzlibを組み込んでみたんだけど。。

でかいファイルは、圧縮してコンパクトに扱いたくなる。 テキスト形式で定義されているファイルをアプリで読み書きする。 テキストは圧縮すれば1/5くらいになるので、その結果小さくなった ファイルをアプリの …

no image

IS2008

「InstallShield おまえもか!」 まだ2007年だというのに、ソフト名に来年の年号を使う。 AutoCADがはじめたと思われる悪習。 (Windows Server 2008は、まだBet …

PDFアレコレVer1.01リリース

趣味のプログラムってホント楽しくて、平日の夜中だってのに眠りを忘れて取り組んでしまった。