CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

AutoCAD

AutoCADの寸法とブロックに腹が立ってくる話

投稿日:

AutoCADの寸法とブロックについて語ってみよう。
寸法には長さ寸法や平行寸法などいろいろあるわけだけれども、Dimension
というくくりではひとつにまとまるので、これを持って寸法と呼ぶ。
ブロックもいろいろありますねぇ。
外部参照、匿名ブロック、マルチ配置ブロック、表もブロックの一種だし。
総じてBlockというくくりでみんな同じなので、これらをブロックと呼ぶ。
普通にある図面で以下の状況がある。
ブロック内に寸法があり、寸法の中には矢印のブロックがある。
ブロック→寸法→ブロック
より複雑な状況を考える。
外部参照の中にブロックがあり、ブロックの中に匿名ブロックがあり、
匿名ブロックの中に寸法があり、寸法の中に矢印ブロックがある。
ブロック→ブロック→ブロック→寸法→ブロック
ただでさえめんどうなブロックのネスト構造が、寸法のせいで
さらにネスト構造が複雑になってくるのだ。
寸法での複雑構造はこんなのがある。
寸法スタイル→ユーザー定義の矢印ブロック→寸法→寸法スタイル
最初と最後が同じ寸法スタイルだと、名前削除(Purge)で絶対消えない
寸法スタイルとなるのだ。
寸法もブロックも同じようなデータ構造なのだ。
定義部と配置部がある。
データ構造におけるもっとも基本となるつくりだと言える。
しかし、これがどんどんネストしていくと地獄のようになる。
最初からこうなっていることを理解してプログラムを作っているなら
まだしも、後からこんなものだということを知ったら大変なのだ。
後の祭りってヤツか。
腹を立てても意味はない。
目の前の課題をやっつけていこう!

-AutoCAD
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ダイナミックテキストで下線

マルチテキスト(MTEXT)で、文字に下線を付けることができるのは、 よく知られている。 下線だけでなく、上線/ボールド/斜体が可能。 文字列中に特殊な記号が挿入されて実現されている。 では、ダイナミ …

AutoCAD 2020リリース!

結局のところ、米国時間の2019/3/27(水)に、AutoCAD 2020がリリースされた。Autodesk社からの情報はまだ出そろっていないけど、ちょいちょいと見つかる情報を以下にリストアップして …

no image

AutoCAD 2016

今年は、3年ごとのデータ変更となるAutoCAD2016が出る。 2016形式DWGでどんなデータが現れるのか...。 前回の2013では、DRAWINGVIEWなんていうInventorに 既に存在 …

no image

まだAutoCADで消耗してるの?

日本は世界でもめずらしく、外資系巨大CADが市場を独占できない国だ。 日本の設計が、世界標準でないということでもあるんだけどね。 AutoCADは、おいらにとって原点でもあり敵でもある。 AutoCA …

no image

Teighaが何なのかを知りたければココを読め

Teighaとは?