CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

CAD全般

AutoDePDF

投稿日:

 CADとPDFの画期的融合です。AutoCADデータ(DXF、DWG)をPDFに変換するのですけど、ただ変換するわけではなさそうです。高速に、高圧縮で、高付加価値でPDFが作成できます。私はマイクロアーツの回し者ではありませんが、客観的にみて、すごいと思ってます。

 PDFは国際規格(ISO)になって、ポータブル文書のデファクトスタンダードの地位を確固たるものとしています。AutoCADは、CADの世界でNo1と言っていいでしょう。その融合ですから、これは画期的と言っていいでしょう。

 CAD図面をPDF化するということが日常的に行われ始めています。紙に出力する代わりであり、メールなどの電子的手段でのやりとりが可能になり、長期保存にも適してるというわけです。AutoCAD+Acrobatで行うのが模範的かつ一般的だったわけですが、もうそんな高価なソフトはいらなくなったのです。Acrobatの代わりに安価あるいは無料のPDFドライバーはいくつか出ていましたが、AutoCADだけはどうしても必要でした。その両者が必要ないうえに、高速変換、高圧縮を実現してるわけですから、恐るべしです。

 PDFとDWGのオープン化は大きいです。PDFはもともとAdobeのもので、DWGはAutodeskのものでした。経緯は異なりますが、それぞれのファイルフォーマットは公開されています。結果的にはそのオープン性が、市場に広く行き渡った要因ではないかと思います。

 私の場合、DWGの内部構造はほぼわかってるのですが、PDFがわかっていません。それなりに研究はしていたのですが、Postscriptなどの奥の深い迷宮に迷い込み、抜け出せていません。これが完全にものに出来れば、たいしたもんだと常々思ってたところに、AutoDePDFの出現ですから、正直少し悔しいところです。おまけにJWtoPDFというJW_CADのデータを対象にした製品まで出しています。嫉妬を超えて、尊敬してしまいます。負けていられないと思いつつ、少し弱気になってしまうのでした。

-CAD全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

起承転結

「CADに関わりはじめてから10数年」なんて、ここの紹介文を書いていたわけだが、 あらためてその期間を調べてみたら、20年を超えていることが判明した。 入社が1993年4月で、営業職の1年を含めた研修 …

no image

Teighaが何なのかを知りたければココを読め

Teighaとは?

no image

PostScript

PostScriptは、Adobe社が開発したページ記述言語。 データの後 (post) に命令 (script) が来ることが名前の由来。 PostScript対応プリンターといえば、たいへん高価な …

no image

CADの意味

CADという言葉の意味を調べてみた。 なじみのないものから順にピックアップした。 けっこうあるのね。 1.冠動脈疾患  (Coronary Artery Disease) 2.卑劣な男、信用できない男 …

no image

SolidWorks2008

ミッドレンジ3次元CADとして最も好調と言われているのが、SolidWorks。 毎年着実にバージョンアップが行われ、今年も当然のように2008という バージョンをリリースした。 9月14日のことだっ …