CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

仕事

独身30歳帰国子女の男子と飲んで世の無常を感じた

投稿日:2017年8月2日 更新日:

47歳ともなると世の無常と喜びの両方がわかったような気になる今日この頃、ふとしたきっかけで英語ペラペラな帰国子女30歳の男とサシで飲む機会があり世の無常を感じたことをここで語りたい。なにができるって、イタリアンをノーマルな食事と感じて、ワイングラスを当たり前に扱える若い世代に出会ったことだ。アメリカの片田舎で欧米文化を堪能したたまものだろう。おいらは妻からの影響を受けて、ワイングラスのもち方や注がれ方を学び、すすらー・クチャラーを憎むまでに至ったいい大人の47歳であり、こういう文化を今の若者が継承していることに大いなる喜びを感じている。

近頃の中年男はダメだ。女子受けを全く考慮せず、考慮できないほどの余裕のなさがダメだと思う。デブ・臭いは最低で、ハゲはかなり許せる感じで、いつか自分もハゲるかもしれないためそれだは許してやっておいて、でもデブと臭いのは自分の努力で何とかなるので、それを憎みつつ、自分への戒めとしておく。口臭がキツいのは最も嫌うべきことで、そんなクソオヤジが身近にいるため、なぜか自分がそれを恥じるくらいにその事実を許せずにいる今日この頃だ。歯医者に行って、自分のダメさ加減を痛感してほしい!迷惑を振りまいていることを痛感してほしい。

自ら進んで苦境に立つ人間はを好きだ。若かりし頃の自分のことだし、自分にそんな意識がないにしても、はたからみていてそう感じる人間をおいらは好ましく思う。苦しみを知っているから喜びもわかる。メリハリがあるから人生おもしろい。楽して一生楽しいならば、それは異次元の人間で、おいらから遠く離れたところで幸せになってほしい。近くにそんな人間がいても、それを祝福する気持ちになれないほど、自分は苦しみと喜びの両方を知っている。苦しんでいてなおかつ、そんな状況の中に前向きさを保っている人間を応援したい。

彼の喜びが何だったのかは結果的にわからなかったが、日々の苦しみはわかってあげられたと思う。時代は繰り返すわけだから、一つの組織の中で25年のトキを超えて同じ種類の人間が生まれたのかもしれない。彼が苦しみ、喜びを得るとしたならば、自分の生き方が肯定された気持ちになる。彼が成功するための役に立てたならば、おいらがそこに25年居続けた意味を証明できたことになる。ともあれ、今日はインテリジェンスでシャレオツな楽しいひと時を過ごせたことに間違いはない。

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

人のマシンでトリプルディスプレイにトライしてみるの巻

マシンは去年買ったというHPのノートPCで、HP EliteBook 830 G6。 自前のディスプレイは13.3インチのフルHD(1920×1080)で、これ単品じゃー仕事にならんと、HDMIポート …

あまりにもクソな環境なもんだから、こっちも極端な行動で応戦せざろうえなくなってきて、これまで味方だった大物を敵にまわすのもありだなと思ったぞよ

大勢に取り込まれた人間は敵であり、少数派の星であることが正義であるおいらなので、これまで味方だと思ってきた人間だって敵に回してみたらどうなるかを試してみようと思い至った。

no image

Web本棚で情報共有

以下、社内のアイデア公募に提出したもの。 箸にも棒にもかからなくて、ホッとしたような残念なような。 個人的には、実現したら画期的だと考えていて、いつか やってみようとゆるく心に誓っているので、ここに残 …

Gくんはその後どうなったかなんて同僚から聞かれたからありのままにレポートしてみる

その同僚は社畜で、なんだかわかったフーなことを言うのが得意だ。後輩だけど、いつの間にやら、役職は一つ上になっていて、日々苦しそうで悲しそうで、不健康自慢をしてくるタイプの人間。おいらは健康な部類な人間 …

在宅勤務率が上がったので定期券買うのやめた

2020年5月22日にて、6か月の通勤用定期券が切れていた。今後の出勤比率は多くても50%となると予想して、新たに定期を買うのをやめてみることにする。 出勤先までの往復のキップ代は336円(IC優先) …