CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

本・映画・音楽

最近読んだマンガなど紹介(やっとamazonアソシエイトを始めたから)

投稿日:

最近valuを買うことで知った「あんちゃ」という女子がおすすめしていた不純な恋愛小説の中にあって、まだ読んだことなかったのがイニシエーション・ラブ。最後のどんでん返しがスゲェってことはわかっていて、しゅくしゅくと読み進めていて、最後のページの最後から3行目で「え!」ってなって、何が「え!」なのかよくわからないまま前に戻って登場人物の名前と粗くストーリーを追ってみたがよくわからなかった。ネタばれサイトを読んでみてその仕掛けがわかり、読んでいた中でおかしいなと思っていたことが解決した。まさにミステリーな一冊だった。妻にも勧めてみたら、読んだことあるって言うし、さらにはその本がうちの本棚の中にあることがわかった。読んでみる価値あり。

これまたvaluを買って知ることとなった「カメントツ」というマンガ家の作品。独独の絵でドキュメンタリーにマンガの世界をルポした作品。あだち充、西原理恵子など、マンガ界のレジェンドに体当たり取材しておもしろおかしくレポートする感じ。おいらの好みの作風なので面白おかしくサクっと読み切った。連載していた作品が初めて本として出版されたってことで、これからが期待されるマンガ家。こんな形で大いに活躍していって、valuのほうもじわじわとあがるといいな。

言わずと知れた大ヒットコミック進撃の巨人の最新刊。今回のストーリーは、メインの話じゃないからつまらんかった。やっぱ、エレン・ミカサ・アルミンを中心に話が進まないといかんよ。この刊では一度も登場しなかったんじゃないかな。まぁ、まだまだ話は続くんだろうし、年に3回ほど出るこの作品はしっかり買って読み続けていこうと思う。Kindleを買うようになって思うのは、こういう長く続くコピックを買っていても家の中がかさばらなくていいってこと。物理的な存在である実際の本は、所有欲を満たすのだろうが、そんなことにはこだわらずにガシガシと本を読んで電子的に本を蓄積していくことのほうが合理的なんでっせ。

-本・映画・音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

著作権

著者の死後50年保護されます。青空文庫というWebサイトで、期限の切れた著作物を閲覧することができます。 http://www.aozora.gr.jp/ 私の好きな作家である夏目漱石(1867-19 …

no image

はなだん

花より男子(だんご)。 本日、映画「花より男子ファイナル」が封切り。 昨晩10時に放送された特別編は、見させられた。 スミノフウォッカによる心地よい眠気を払いのけ、おっかけ再生された 1時間番組をなん …

no image

歴史小説

徳川家康〈1 出生乱離の巻〉 作者: 山岡 荘八 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1987/10 メディア: 文庫  一時期、この手の歴史小説にはまっていました。徳川家康は全26巻なので、大長編 …

no image

通勤の友

会社が移転して、通勤時間が若干延びました。1時間と少しの通勤時間をどう過ごすか、そんな話をしてみたいと思います。たいていは、AERAと週刊文春を読んでます。たまに日経新聞、極度の疲労時は何もしてません …

no image

日本一心

東京ドーム、アリーナ席のほぼ中央(C7ブロック)。 COMPLEX、21年ぶりの復活は、両サイドのステージに 上がっていく吉川、布袋の映像がオーロラビジョンに流れつつ、 会場の大歓声を浴びながら両者が …