CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

地域

和菓子を作って30年の職人が友人にいるので会ってきた

投稿日:2017年8月15日 更新日:

彼とは高校の同級生で同じクラスになったことはないが、北千住の肉屋のバイト仲間となったことをきっかけにして、卒業以来約30年の付き合いだ。そうそう、北千住の駅ビルは今じゃルミネだけれども昔はWiz(ウィズ)といって、高校生の我々にとって重要な場所だった。その地下1階に食料品の専門店街があって、おいらと彼は肉屋(日山)で、他に魚屋、総菜屋、クレープ屋なんかに分散してバイトしていたのだ。2年の中頃からの1年くらいだったかな。学校終わった夕方から閉店までで、当時自給700円で1日3000円くらいかせいでいた。NECパソコン全盛で、ネットといえば一部のマニアがアナログモデムでパソコン通信(ニフティ)している時代だった。

そのバイト仲間を中心とした高校の同級生仲間が卒業後も会うようになって30年経つ。彼は卒業するときから、家の和菓子屋を継ぐと言っていた。専門学校に行って和菓子の基本を学び、その後、外での修業期間を経て、両親が営む「梅林堂(ばいりんどう)」を引き継いだのだ。その時すでに、その後の長い時間を過ごす伴侶を得ていたのは彼にとってラッキーだっただろう。夫婦二人が一日中顔を突き合わせて、けんかすることもあるだろうが、お互いがお互いを頼るような関係性を築いたのだろう(おいらは今回の店訪問で、初めて奥さんと会ったが、人の好さそうなきさくな人だった)。ようやく、インターネットとケイタイ電話が出てきたくらいの時代だった。

近頃の駅前商店街の衰退は加速しながら進んでいるが、彼の店はその影響を最小限にとどめてひっそりと手堅く継続している。東武線の東向島駅近くという立地もよかったのだろう。浅草に近く下町風情あふれる街で、昔からそこに住む人々を常連として営業を続けてこれたのだ。地域的にそこは新たに住み始める人は少なく、固定化された住民(主に中高年)の日常に和菓子屋「梅林堂」が組み込まれたってことだ。もちろん、和菓子を作るウデの良さもあったのだろうが、そこはおいらが和菓子をよく知らんのでスルーしておく。2年ほど前に彼はガラケーからスマホに変えてLINEくらいはやっているが、そこは下町の中年和菓子職人らしく、それ以上ネットの悪に染まることなく堅実にコツコツと家業を営んでいるのだった。ようするに、ITリテラシーが低いだけかもしれないけど。。


東向島のとなりの曳舟駅ホームから見えるスカイツリー。くもっていたので上のほうは雲の中に埋もれてしまっている。スカイツリーができた5年前に彼は言っていた。それができれば、近辺にも多くの人が来て経済効果が期待できるのではないかと。確かに、スカイツリーのある押上駅とスカイツリータウンなんかは、日本あるいは世界中から人が押し寄せていて、すごいにぎわいだ。だからと言って、そこから2駅の東向島駅にも人が集まっているかというと否。まぁ、結果としてはよかったんじゃないかね。人が押し寄せて大手との競争にさらされるよりは、昔ながらの商店街で常連のために和菓子を作り続けるっていう生き方が彼には合っている。

将来性ということでは不安があるだろうが、別に創業100年の老舗ってわけでもなく後を継がせる人間がいるわけでもない(後で聞いたら創業94年だった)。今後、夫婦二人とお母さんが暮らしていくだけの地盤は築いたはずだ。思えばおいらも年をとった。友人に30年の経験を持つ和菓子職人がいるんだから。年に一度集まる仲間の会では、彼がつくる和菓子がおみやげとして提供される。それを我々は恒例のこととして「ありがとう」とお礼は言うものの、ちょいと軽く見すぎていた。長く続けてきた職人として自信とプライドを見出し、深い感謝と尊敬の気持ちを持って受け取ろうと思う。スマホで何でもできる時代になったが、旧友の店で軽妙な会話をしつつうまい和菓子を買って食うことは、実際に店に足を運ばないとできない。

-地域

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

カナヘビ

・カナヘビ おいらの実家は東京23区内にある。 しかし、みどり豊かな田舎の雰囲気がある。 カナヘビと聞くと大抵の人はヘビを連想するようだが、トカゲのことだ。 尻尾を押さえると、尻尾が切れて、しばらくウ …

no image

桜2

近所のかわっぺりで花見。 昨日は寒かったけど、今日はポカポカ陽気。 思ったほど天気は悪くなくて、たまに日が差す程度。 今年もいい桜を見ることができた。

有給取って母親と上野で高級フレンチ後、紅葉まっさかりの六義園を楽しんだ

母親が77歳の喜寿だということが判明。親の年齢ってイチイチ覚えていないのが当たり前だが、ふとしたときに心に刻みこまれる。最新情報によると女性の平均寿命が87.26歳とのこと。あと十年というなか、年に2 …

no image

隣人からのごあいさつ

引っ越しした翌日、隣人が菓子折りを持ってあいさつにきた。 いまどきめずらしい律儀な人がいたものだと思っていたところ、 こっちだって一日違いで来ただけなんだから、何か持って あいさつに行かなければと考え …

no image

Triton Square

大江戸線の勝どき駅から徒歩数分。 晴海トリトンスクエアがそこにある。 某日、用事があって行った。 時間的にだいぶ余裕があったので、周辺をうろついた。 川沿いにブラブラと歩いた。 ちょうど昼時だったせい …