CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

AutoCAD

「AutoCAD買うならこちらからどうぞ」って感じでCAD日記らしくしてみるぞ

投稿日:

AutoCAD買うならば、こちらからどうぞ。
特におすすめなのは「AUTOCAD LT with CALS Tools」、今ならキャンペーン特別価格で1年間たったの6.2万ちょいだって。土木系で公共工事の図面をSXFで納品しなきゃいかんならこれでOK!CALSって何と言う人ならシンプルな「AutoCAD LT」で十分。これまたキャンペーン特別価格で1年間たったの3.6万ちょい。もう永久ライセンスの販売はなくなっているので、期間でいくらって感じで買うしかないのですよ、AutoCADユーザーのみなさん。買い切りで20万とか60万で買えたのがなつかしいですなぁ。

ということで、新生CAD日記ではAutoCAD製品をこれからバシバシアピールしていきたいなぁと。みなさん、ここを入り口にガッツリと買ってくださいな。AutoCAD買うならCAD日記を見てからにしよう!

つまらんネタを一つ。オートキャドといえばAutoCADと書くものだったのが、公式のショップサイトではAUTOCADと書かれている。さては、ソリッドワークスがSolidWorksからSOLIDWORKSに変えたのをマネしたのか。。この両巨大CADと連携やらデータ交換しているCADにとっては迷惑な話だ。マニュアルや機能名を変更しなきゃいかんじゃないかぁ!

-AutoCAD

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

AutoCAD2012

今年も出ましたAutoCAD。 まだ2011年の4月だというのに、2012なんて付けるのは馬鹿げている。 と、お決まりの文句を言っておくのがおいらの恒例行事。 3年ごとのデータのバージョンアップは来年 …

no image

画層のサムネイル

AutoCADの画層一覧(画層プロパティ管理)は、味気ない。 リスト形式しか存在せず、プレビュー画面もなければサムネイル表示もできない。 アドオン系のソフトでは、けっこうあるのではないかと調べたけれど …

no image

画層ビューア

AutoCADの画層をサムネイルで見たい。 そんな要求から生まれた機能。 画層ビューア。 だいたい形になってきたので、そのイメージを載せてみる。 この機能の親機能となるDWGビューアから呼び出されて、 …

no image

AutoCADの値段

AutoCAD最後の永久ライセンスは2016で、その価格は631,800円(税抜585,000円)だった。 Autodesk 2016のニュースリリース 今では永久ライセンスという購入の仕方は出来ず、 …

no image

寸法値の桁区切り

例えば、「1000」という寸法値を「1,000」と表現する。 3桁ごとにカンマを入れるってこと。 寸法スタイル→基本単位→単位形式を「Windowsデスクトップ」にすると、 そういう寸法値が書けるよう …